peaの植物図鑑

秋の味覚...クリ(栗)拾いシーズン到来 兵庫・丹波 2021年9月15日(水)


© 産経新聞 クリ拾いを楽しむ家族連れら=12日午後、兵庫県丹波市氷上町の「福田観光栗園」(恵守乾撮影)

2021年9月15日(水)発行の「産経新聞」”秋の味覚...クリ(栗)拾いシーズン到来 兵庫・丹波”という見出しの記事が掲載されています。

兵庫県丹波市氷上(ひかみ)町の「福田観光栗園」クリ拾いシーズンが始まり、マスク姿の家族連れらが秋の味覚を楽しみに、イガの間から丸々とした実をのぞかせるクリを拾い集めていた。
約1・9ヘクタールの園内には「国見」や「銀寄(ぎんよせ)」など5種類のクリの木計約650本が植えられている。
同園は今年から入園券の券売機を導入するなど、新型コロナウイルスの感染対策に注意を払って開園。「敷地は広いので密にならない。空気もきれいなので安心して来てもらえれば」と呼びかけている。
同県加西市から家族で訪れた小学6年の出口彩姫(あやめ)さん(12)は「集めたクリでお母さんにケーキを作ってもらいます」と話していた。
営業は10月中旬頃までの予定で、時間は午前9時~午後3時。入園料は小学生以上1人500円、持ち帰りは1キロ1700円。”















今年の3月で79歳の「後期高齢者」。花や木の実、特に山野草が好きで何時もデジカメを持ち歩いています。

コメント一覧

pea2005
コメントありがとう!
我が家の近くにある栗の木も、イガを開いて果実を落としていました。小さな実なので「シバグリ」と呼ばれているものだと思います。子供の頃、福島県郡山市の純農村に住んでいたので、シーズンになると、朝早く起きて栗拾いに行ったものです。祖父母の家の大きな栗の木の下には、大風が吹いた後などは、果実が沢山落ちていて拾い甲斐があったものです。
ムーミンママ
子供の頃、野山の栗の木の下に落ちている栗のイガを足で抑えて実を取り出して収穫した事があります。
そんなに沢山ではなかったのでその場で生をかじったような記憶があります。その場にいた友達も。
脳内に兔追いしかの山~小鮒釣りしかの川~♪のBGMが流れて来ます。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「気候、天気、季節の風物詩」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事