その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

とりもつうどん

2015年10月06日 | 外食


 大館の秋北食堂で「とりもつうどん450円」をいただきました。今はなき「ありうら食堂」の後継ですが、量は少なくなってます。それにしてもこのビジュアルはインパクト大ですなぁ。玉ひもとか玉道といわれる卵管に砂肝。今はやってないですけど、私この時期になると毎日のように比内地鶏を捌いてました。手羽の関節に包丁を入れるのとか、砂肝の薄皮を剥くのが好きでした。卵管は大量に出ると生の状態ではさすがに気持ち悪いので、ほとんど捨ててましたね。それとハツ(心臓)は hearts が由来なのを知ってました? また「愛をとりもつ」なんて掛詞を売りにしてるところもあります。

 他の部位では、レバー(肝臓)、キンカン(卵の黄身)、さえずり(気管)、せせり(首肉)、ぼんじり・ぼんぼち(尻部)と捨てるところがないぐらいです。肝心のうどんは、普通に旨いです。スープが若干甘めなのが個人的にはひっかかりますけど。うどんにしてはやや細めで柔らかめなのでお年寄りに配慮してるかにみえますが、大量のモツをみるとそんなことはなさそうです。近くに「鶏めし」の花善がありますが、そこで余ったのを使ってると結びつけるのは邪推ってもんです。



 券売機のメニューでは、カツカレーの700円が一番高いぐらいで、懐に優しい値段です。定食他メニューも豊富です。

【秋北食堂】
秋田県大館市御成町1-11-25 1階
070-5324-1567
駐車場はバスターミナルも兼ねてますので、出入りに注意のこと。
コメント (2)