その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

幾千の夜、昨日の月

2012年03月20日 | 本・雑誌
 本屋に行きますと、東野圭吾ほどではありませんが、角田光代の書籍も随分目に付きます。エッセイ集なんですが「幾千の夜、昨日の月」を読んでみました。24の短編に分かれててそれぞれに完結してますので、どっからでも読めます。

 テーマは夜と旅ですが、裏テーマは孤独かもしれません。同じ時間なのに、夜は時間の流れが違うように感じます。しかも年をとるごとに意味合いが変わってきたりもします。ウチの子らは、夜になるとトイレ行くのが怖いらしく、バタバタと人が寝てようが関係なく走ってます。日本人形の置いてある座敷を怖がるところなどは、私の子どもの頃と同じです。最近は山で見る夜明け前の空が好きです。強いて言えば枕草子のような世界ですかね。徹マンばかりやってた頃には考えられないことです。

 筆者はバックパッカーとして海外を1ヶ月半とかの1人旅をしており、訪問国数もハンパないです。麻雀と宴会をこよなく愛する辺りも、とても女性とは思えないですね。そんな経験が小説を書く際に、色んな引き出しとなるのでしょう。取材旅行ってのも美味しい仕事じゃないですか。羨ましっす。

 また引越しを重ねた背景には、街との相性が悪いという理由があるということで、つい自分の追憶と重ねてしまいました。私も結構引越しましたが、中でも高円寺は雰囲気を持ってる街でしたね。パルの2Fの喫茶店で森本レオをよく見かけたもんです。


 秋田フォーラスのジュンク堂書店で本を仕入れてきましたので、追々感想を書きますね。
コメント