パソコンサポート日記

当社で対応したPCサポートのお話です。個人情報保護のため一部脚色・変更してあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Aspire one AOA150 改造記

2009年04月19日 | Weblog
ブログ更新が遅くなりました・・・。
今回話題のネットブックAcerの「Aspire one」を手に入れたのでいろいろ手を加えてみました。



まずノーマルで使った感想は・・・
・画面がやはり小さい
・Atomパワーでも起動、終了はそれほど遅いとは気にならない
・持ち歩くにはバッテリーの時間が短い
・キーボードは小さいながらも使い勝手は良い
・差し込んでも出っ張らないSDメモリスロットが使い道ありそう
と、ほぼ合格点だと思います。

そこでさらに理想に近付けるために改造を施しました。
・WinXPでもメモリ1GBでは心もとないので増設する
・バッテリーのもち、耐衝撃性、そして動作の高速化のためHDDを「SSD」化
・6セルバッテリ装着
です。

Aspire one「AOA150」はHDDやメモリはボディを分解しないとアクセスできないため自己責任で分解してください。

キーボードを外し、細かいねじを外していくと意外と簡単に分解できます。
メインボードを裏返すとメモリとHDDが外せる状態になります。

メインメモリは「オンボード」512MB+増設512MBの合計1GBです。
メーカーでは増設不可と発表していますが、先駆者のサイト、ブログでは
増設スロットに1GBを刺して合計1.5GBまで行けるようです。

HDDは分解前に「True Image 」を使用してUSB接続したSSDにデータコピーをしておきます。
後はHDDを外してSSDを取りつけ元通り組み立てるだけです。
今回使用したSSDはSUPER TALENT「FTM32GL25H」です。

さて、電源を入れてみると・・・
恐ろしく起動が速いです!!
確かに余分なプログラムは削除し不要なサービスも止めたりしましたが、
相当速いです。
ウィルス対策ソフトはSymantec Endpoint Protectionをインストールしても
ホンの30秒ほどで起動します。それもほとんど無音で。
SSD初体験ですが、これにはちょっとカルチャーショックですね。

画像は「HD Tune」でのベンチマークです。
HDDでは30MB/s程だったと思いますので、100MB/sは驚速!です。


スタンバイも休止状態もスムーズに速いので持ち歩きながら起動し、
パネルを閉じたらすぐカバンに入れられる真のモバイルPCと思いました。

後日6セルバッテリも購入しました。
通常で4時間ぐらいはいけそうかな?と思います。

ちょっと気を良くしたので、その後もう1台AOD150を入手しました。
こちらは2GBメモリとSSDでVistaのインストールを予定しています。
ドライバがなかなか見つからないようですが、また報告いたします。

「Aspire one」をお持ちで、手を加えたい方はお気軽に「PCネット」にご相談ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« Windows7 | トップ | Aspire one 改造記 AOD150 編 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてください (zigzag)
2009-06-03 03:04:50
私もAOA150をSSD(32GB)に交換を考えていますが、教えて欲しいのです。MLCタイプでも問題はありませんか?接続のタイプはIDEですか、それともSerialATAでしょうか?ご面倒でしょうがよろしくお願いいたします。
SSDは (PCネット)
2009-06-14 23:25:55
ご質問ありがとうございます。お返事が遅くなりました。
SSDは「MLC」で充分でしょう。値段が違いすぎますから・・・
接続は、「S-ATA」です。一般的に一番種類も多いので、よく吟味して選んでください。
お問い合わせ (にゃんた)
2011-10-18 23:24:44
上記ブログ記事と同様の改造(SSD化&メモリ増設)を考えております。
当方川崎在住で、郵送での依頼となりますが、総費用はいくらになりますでしょうか。
宜しくお願いします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事