goo

お知らせ

2050年06月07日 | News(喧嘩師情報)
「乱気流 VS 如月」戦争勃発ッ!
詳細は乱気流、如月、GARNETにて(同URLにて参加申請も受けてつけております) 
>>乱気流 専用スレッド
>>如月 専用スレッド
>>GARNET

更新は土日に集中します!
エフニュース見るなら土日!

*当サイトは現在この喧嘩スレを追っています!

ARISTO [神童 vs やうぇ]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9918/1242549362/

ARISTO [幸 vs 無限レタス]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9918/1241250969/

ARISTO [不明]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9918/1243522418/
一部決着ッ!詳細は記事にて

ARISTO [偵察部隊 vs う~ん。。]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9918/1243019062/

乱気流 [ファックユー千尋 vs 京そば]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1552/1241446152/
決着ッ!詳細は記事にて

乱気流 [夢子 vs sue]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1552/1243787285/

乱気流 [華骸 vs 神童]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1552/1242905225/

喧嘩城 [absolute vs 鏖弑]
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/40726/1243079293/
決着ッ!詳細は記事にて

現行喧嘩スレの情報提供も随時受け付けております
goo | コメント ( 6 ) | トラックバック ( 0 )

「お久しぶりです。」

2009年08月19日 | News(その他の事件)
長いこと放置していました。すみません。
ぼちぼち更新を再開しようかと検討しています。

とりあえず生存報告だけでも、そんな所存で御座います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「[喧嘩城 vs 論争掲示板] 戦争勃発!?」

2009年06月29日 | News(その他の事件)
どうやらそのような計画が練られているらしい…
詳細は不明である
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「[乱気流 vs 如月] 戦争勃発ッ!」

2009年06月29日 | News(その他の事件)
このサイトでも取り上げた2つの喧嘩サイト
乱気流 と 如月の戦争が発覚

7/5(日)にその決戦の火蓋が切って落とされるッ!
→7/15に延期?
→7/1に変更?

戦争と言えば現代の喧嘩界では完全に風化し人々からも忘れられた大イベント。
過去の「戦争」を取り上げて見ると、有名隠しサイトの戦争(これは一般に遠征とされている)、サイレントヘル所属の派閥の戦争、修羅界+喧嘩塾講師陣と刺客軍団の戦争など喧嘩界に与えた影響は計り知れないものばかりである。

そんな大イベントに一度参加してみては如何だろうか。



戦争の詳細はエフニュース内の「お知らせ」記事にて。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「如月」

2009年06月29日 | News(新興サイト)
最近誕生したばかりと思われるフレッシュなサイト、
如月http://jbbs.livedoor.jp/study/10394/

作られたばかり(?)とは思えないコンテンツの充実度は管理人のやる気が感じられる。
デザインも練られていて見ていてカッコイイ。また目のチカチカする色遣い(決して悪口ではない)は古きよき喧嘩サイトを彷彿させるようなものがあり面白い。

また既に喧嘩師が住み着いていたり、乱気流と戦争を計画していたりと、勢いのあるサイトである。

とにかく上質な運営というよりは運営を継続させることを念頭において続けて欲しいものだ。(これは喧嘩サイト運営における永遠のテーマでもある。)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「乱気流戦 [absolute vs 鏖弑] 決着ッ!」

2009年06月25日 | News(喧嘩師情報)
これは当サイトが追った喧嘩スレ(http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/40726/1243079293/)についての記事です。

勝者、absolute

※以下は管理人が独断と偏見に基づき分析します。


*鏖弑に関しての印象
今のスタイルはまかと同じにしてる(本人談)
まかスタイルという割には膨大な文章量といっただけで、強力な粘着力をもつまかスタイルとは少しズレが感じられる。つまり、膨大な文章量とは粘着スタイルには直結せず、要点のみをピックアップできる相手には粘着になり得ないというのがポイントなのである。
今回の勢いと文章量、常用外語句の乱用スタイルのみでは論理的な喧嘩をするabsoluteには相性が悪かった。
また彼も顕著な古参意識の発言が多く飛び出す辺り、某喧嘩師のように鉄の心を持つ者なのかもしれない。(ひょっとしたらただの虎の威を借る狐かもしれない。)

*absoluteに関しての印象
持論を崩さず、一定的な喧嘩ができていたのが勝利の要因。鏖弑とは違い、普通に楽しい喧嘩が出来そうなのが魅力的である。そんな喧嘩師。
実力においても、実力者ではあるがまだ完成品には遠い。かなり優しい文面なので相手に威圧感を与えるような激しさも腕前のうちであることを知ってもらいたい。
もっとも、優しい文面でも論理力で相手を捻じ伏せることができれば、それはそれで武器になる。今後の成長方針を慎重に選んでもらいたいものだ。
因みに彼の名前の読みは、「アブソリュート」ではなく、「アブソルチャー」です。お間違えなく!

*総評
膨大なレスの量に反論する膨大な回数の応酬…
お互いのスタミナの多さが一般化された見事なマラソンスレ
あと、どうやら結構前に決着付いてたみたいです。記事にするのが遅れてすいません。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「今の喧嘩界について part2」

2009年06月22日 | 雑説
前回に引き続き、今の喧嘩界について管理人の思うこと。
前回で最期に触れた総合サイトの存在について今回は綴ろうと思う。

喧嘩界の全盛期(この記事では俗に言う第二世代が生まれた時代の指す)には喧嘩界を代表する有名サイトなるものが多く存在した。
それらを1つにまとめるかの如く存在した総合サイトなるものが「ユグドラシル」だ。

もはや自他共に認める圧倒的なアクセス数、コンテンツの充実、企画の盛り上がり、…誰もが総合サイトの地位を認め、喧嘩界の中枢として利用したはずだ。

しかし、ある時期を境にユグドラシル付属の掲示板は半永久的に凍結。管理活動も完全にストップした。
事実上の、ユグドラシルの閉鎖である。

閉鎖が確認されて間もない頃、住民達は驚きを隠せなかったと思う。
が、少なくとも魅力的な喧嘩師リストとリンク集にはしばらくの間お世話になっただろう。

しかし時は流れ、古参の引退、それに伴う運営サイトの閉鎖…。
ユグドラシルのコンテンツはもはや古文書と化していた。存在しない喧嘩師の情報、存在しない喧嘩サイトのリンク、誰もがユグドラシルの無価値さを実感したに違いない。

それ以降喧嘩界の横の繋がりは目に見えて希薄なものとなった。


そんな過去を振り返ってみると、
やはり物事の中枢(総合サイト)というものはいつの時代でも、どんな世界でも必要なのだと思う。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「今の喧嘩界について part1」

2009年06月20日 | 雑説
恐らくこれは今後シリーズ化していくであろう話題。
そして多くの喧嘩界の住民の興味関心の矛先でもあろう話題。

管理人が喧嘩界に舞い戻ってきてまず感じたことは、喧嘩界が広くなったこと。
住民が減っていることは事実ではあるが、そういうことではなく喧嘩界が広く感じられる。

なぜ、喧嘩界は広く感じられるようになったのか、それはコミュニティ同士のつながりが希薄になったからではないのか。
管理人が精力的に喧嘩活動をしていた数年前はコミュニティ同士の繋がりは非常に濃いものだった。
サイトの遠征、総合サイトの存在、などと色々と要因はある。だが、その要因は現在全て消え去ったと言っても過言ではない。

実は管理人は(これは制度自体が一時的ではあったが)サイレントヘルというサイトの派閥制度に参加していた。それは各派閥が勢力をぶつけ合うまさに喧嘩界の戦国時代だった。
そこではいつ敵の派閥が遠征に来るか分からないという緊張感で満ちていた。

やはり喧嘩と名の付くサブカルチャーである以上、前述のように一触即発のピリピリした空気が大切なのではないかと思う。
しかし今は喧嘩以外では馴れ合いの空気に満ちており、微塵の緊張感すら存在しない。これこそが喧嘩をつまらないと感じる原因なのではないか。


総合サイトの存在については次回で綴ろうと思う。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「乱気流戦 [ファックユー千尋 vs 京そば] 決着ッ!」

2009年06月20日 | News(喧嘩師情報)
これは当サイトが追った喧嘩スレ(http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/1552/1241446152/)についての記事です。

勝者、ファックユー千尋

※以下は管理人が独断と偏見に基づき分析します。

*京そばに関しての印象
小学4年生って本当なのかどうか、とにかく真相が知りたい。
(小4の頃の筆者なんて未だに先生を間違えてお母さんなんて呼んでました。)
喧嘩師として評価するなら、まず勝ちに急ぎすぎである。こちらから負けを認めさせるのではなく、相手から負けを認めるくらいの安定した論が欲しい。
しかし、喧嘩に対する勢いは非常に優れている。まだまだ駆け出しの喧嘩師なので今回の勢いを忘れずに向上に努めて欲しい。

*ファックユー千尋に関しての印象
京ショタの項目でこれを書くと、また長くなりそうだと思い省略したことがある。それは二人に共通するが、とにかくレスが読みにくい。
これをどう受け取るかは読み手次第だけれども、少なくとも俺が受け取ったのは乱気流掲示板の薄い配色にさらに追い討ちをかけるかの如く荒れた文章構成はまさに乱気流。視覚の暴力である。
内容は今回の勝利は相手がよかったのか、上にも出ず下にも出ずといった感じ。ただ強者も弱者にも共通して大切な「意見を論理的に説明しよう」というスタンスが見られる点では、喧嘩のセオリーは理解している、という意味で評価できる。
あと彼は、「腸が煮え栗まんじゅう栗ようかんだよ^^」と、煽りの大暴投をしても一歩も引かないことから、鉄の心を持つ喧嘩師と推測される。

*総評
会話から発展する(明確なネタが示されない)喧嘩では話が脱線しがち。今回も例外ではない。
よって、京そばのスタミナ負けと見ざるをえない。
そういう喧嘩ではいかに粘着するかというのも大切になってくるため、自分から理解させる論ではなく相手から理解させる論を展開し、いかにミスを誘発させるかがキーとなるのでは。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

「ARISTO戦 [幸 vs う~ん。。] 決着ッ!」

2009年06月15日 | News(喧嘩師情報)
これは当サイトが追った喧嘩スレ(http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9918/1243522418/)についての記事です。

勝者、う~ん。。

※以下は管理人が独断と偏見に基づき分析します。

*幸に関しての印象。
喧嘩の主導権を握ろうとする付加疑問文的構成は評価できるが、それに伴った内容がないのがオシイ。
つまり説明不足というべきなのか、ある意味で自分の中で出してしまった答えにベッタリな論が目立つ。
相手に理解させようとする意思が論に見られないので同意を誘う文章構成には不釣合いか。
それによって煽りも若干空回り気味。


*う~ん。。に関しての印象。
読んでいると、面白いというのが第一印象。相手を引き込む力がある。前衛的っちゃあ前衛的。
なぜあの漢字を変換しないんだろうと読むたびに思うけど、それも彼なりに思うところがあると思うので特に何も言いません。


*総評
全ては>>4で終わっていたと言えばそれまでになる。しかし事実、それまでである。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ