やっさんの楽園

自身の中途半端をブツブツ言いたいのでしょう?(同じ歳の妻。嫁に行った娘、孫有り)

リハーサルに向かう

2019年12月13日 | バンド活動
明日の本番に向け、今晩はリハーサルに参加。

本番用の譜面立て、点検中



13日の金曜日。
夕6時半から、男達が道具抱えて、暗いステージに集合する?
早く来た人が明かるくして待っててくれる。事件は起きない?

8曲、用意してるので、演奏する体力付けないと、いけない。集中力も持続させる。
さすがに、口数少なくなる。

サービス曲は
 ○クリスマスソング。
1970〜80年代ポピュラー曲
 ○ 飛んでイスタンブール
 ○時の流れに身をまかせ
 ○かもめが飛んだ日 ナド
Jazz曲 2曲のみ

「息を合わせて」がピッタリな言葉。
息をコントロールする楽器は、この言葉がドンピシャ合ってる。

女房の指示に従わなくても、
バンドの指示は受け入れる。

ハーモニーが合い、リズムが合い。メロディーを支える。楽しくなる

アマノジャクのジイさんでも
気まぐれジイさんでも、
論理的なジイさんでもバンドで楽しむなら息合わせなくちゃいけない?

いったり、かったり、息吸うようでは、お話になりません。息吸う事ぐらい自由にさせる訳にはいきません。息吸うのも一苦労。

曲に合わせた息吸いです。

昔何の仕事やっていようが、金持ってようが、健康外していようが、同じ時間の流れの中で息吸いましょう。そして演奏です。

バンドに入って、息もオチオチ吸えない不自由さだが、3分半はそうする

演奏以外は勝手に息吸い放題。吸ってる事も忘れてる?

コメント

ゴミはどこからくるのかな?

2019年12月12日 | 日記
我が家のゴミはどこからくるのでしょう。
吸っても!履いても!コロコロしてもゴミはやってくる。

♫ゴミはどこからくるのかしら
天井張って、床落ちて
寝床の布団からくるかしら
いえいえ そうではありません♫

鴈がカギの形で飛行する姿(レ点?)



ー童謡「朝はどこから」の節に合わせてー

朝の陽が部屋に入ると、そこも、ここもゴミが見えます。その度に掃除機でキレイにするようだと、ゴミもその気になり、大きな態度とるようになります?

突き放す態度で臨みます。
ゴミで死んだ奴などいやせん!
ゴミで病気になる柔ではないオラー!

ゴミに聞こえる様に言ってやります。
綺麗付きなら兎も角、ゴミと一緒しても良いぐらいのルーズなオレだ。

忙しくてゴミ相手なんかしてる暇は無い!
ってゴミを油断させておいて、サッパリまとめてやっつけます。

今日がその日だった。
作戦は単純だ。

掃除機で吸う。台のホコリは雑巾で拭く。
電子機器ディスプレイは専用紙で拭く。
大体ゴミは目のつく所からは消えます。

探し当てるような野暮なことしません。
攻める(責める)時は、逃げ場を用意しなさい。と教えられてる?

ゴミは一体何処からくるのでしょう。
遥か宇宙の彼方から、やってくるのでしょうか?

心にも無いこと、思いつきで喋ってみる。
心の中の、チリ、ホコリも一緒に出す作業だ。こんな適当なことやってるうちにチリもホコリも消える。

心のチリはどこからやってくるのだろう?
2番は各自、リピート記号で繰り返す?

サア、今日も元気よくいきましょう?


コメント

豆を煮る

2019年12月11日 | 食・レシピ
ツヤがある。煮豆したくなった?

金時豆はいいツヤしていた?

前回は小豆「アズキ」だった。豆も古かったし、もう一つの出来だった。
2日掛かりで大変だったのに、、?

鍋から離れられない。ずっとアズキのことだけ考える。
食べて見ると、こんなものか?と思う。

なにせ、柔らかくするのに時間掛かる

こりもせず、金時豆に挑む。
60度のお湯に3時間。
水を取り替え、強火で水足しながら、やわらかくなるまで煮る。
水足したので、楽器練習する。
引っ掛かった。繰り返した。
時間の経過が止まった。

妻が焦げ臭いがすると、台所に走る。
大声で呼んでる。楽器置いてかけつける。水足しセーフ。煮る継続。

冷やす。放置やることなる。

TVを見ることにする。時間が分かる。
夜の11時砂糖を入れて終わった。

次の朝、2ケの皿に煮豆入れ、
妻にも味見してもらう。

砂糖の増量と塩分不足とアドバイス。
意見一致。

再度、煮込んで、鍋毎玄関の外にだし、冷やす。
冬に寒さで、急速熱下げ。
塩で甘さのエッジ?が効いた。

完成した金時豆うメード。


豆の柔らかさと甘さがあれば合格。
作る楽しみだから

毎日、3時に渋茶と金時豆、1人いただく。

もう1人はジムに行って体操に行く

そちらは、筋肉強化。こちらは心の浄化です。(イモと豆を食えば満足)

コメント (2)

ブログ出演依頼?だって

2019年12月10日 | うんちく・小ネタ
12月に入り長女が誕生日を迎えた。
離れているから、Lineのグループ化している。
誕生日は、祝い毎だから軽く触れておかなくちゃいけません。

久々の登場 小鳥で遊ぶやっさん


父がメーセージを書けば、娘が反応し、母が枝葉を付ける。
そうなると色んな所イジりたくなる。娘の2人の子も入ってくる。
映像も使えるから、変顔も入れてくる。

画面が文字で一杯になる。

後半私もブログに登場させてよ!と誕生の主役、娘から要望があった。

ブログ出演依頼なんて聞いたことがない。

徹子の部屋のような登場でインタビュー方式は無い。普通の親子の対談を誰が観る

ところで、幾つになったっけ?
と父が質問。
娘は答える。「41才です」

ブログ主宰者父が言う
あら、残念なことに?
娘の話題は30代中辺りで終わりにさせてもらっている。
40過ぎたら、オバさんの扱いになる。
娘がいたことも話題から消してる

オバさん話題は、度を越すから面白い。
普通に生きてるオバさんは、ジイ主宰ブログ話題にはなり難い。

子育ては、除外だし、生活の面白い話も
あなたの母さん(バアさん)が全てやり尽くしている。
娘可愛やも、40才を持って終了です。
(35才で卒業させていた)

40過ぎた娘は、世間のオバちゃんの分類の中で処理される。その中で、飛び抜けて面白いことがあったら、今後?採用します。

笑いのセンスを磨き、なお40からの人生、生き抜いてほしい。

元ムスメも、帰省の度に、父への助言、教え「飲み過ぎに注意せよ」「身体を大事のせよ」バアちゃんと変わりないカブリ発言となっている
順調なオバちゃんへの成長、喜ぶと共に、笑いのセンス磨け?

誕生日を祝し、オバチャンの登場になりました。
これも、成長なのでせう。


私なら、歳聞かれても、容易に応えないでしょう。
ロクなことになりませんから?


コメント

台の上に乗る効果

2019年12月09日 | バンド活動
今週末、ステージに立つ。
14日 20時頃、本番(8曲演奏)
13日 リハーサル

いつもは、ステージの下にパイプ椅子を置いて、練習している。背後に高さにして1メートルの台がステージだ。そこに上がる
(1m上に移動するだけ?)

移動距離測ればそうなるが、台の上(ステージ)立つことが、意味がある?

ミカン箱とか、昔から名を成した歌手は、台、箱に乗って歌っていた。と言う話を聞かされた。ジイちゃんであってもステージの台に登れば、なにかが始まるのだ

はやる気持ちを抑えて、コーヒータイム



台に上がるのは誰でも出来る、上手い演奏できるかだ。?そこの引っ掛かってるフレーズなんとかしろ!と練習で繰り返す。

赤ちゃんだって歩き出す。
ジイちゃんだって、何かが起きる。

台(ステージ)に上がれば、気力も、向上心も湧いてくる。伝説どおり、まずは台に登ることだ。

「なにしてるの、高い台に登るものでない!年寄りは?」と婆ちゃんの静止も振り切り、今週末ボクは台に上がる?

「出来ないのは、親譲り。」
「出来るのは我が才能?」とか調子の良いこと言って登る。

8曲演奏準備している。

台の上はもう逃げられないと思うから、集中する。本番は出来がいいハズだ。
(火事場のばか力も発揮せよ)

お母さん達(女性のみ)が120〜130人が、観客だ。地域の盛り立て役の、忘年会。懇親会らしい?

お世話焼き、和やか、人集めの天才。女性の役割が大きい。企画開催した人は、エライ。
観客の大半は同年代なんだろう。
(五百円の参加料でキップ完売と聞いた)

手を抜く器用さもないからベストで演奏する。それで普通演奏になる。それでいいのだ!

ラストはサンタがプレゼント持って登場する。生演奏で、クリスマスソング演奏予定?
(いつもお世話になってる公民館ですから?)とヨイショもできます?


コメント