フランスに揺られながら DANS LE HAMAC DE FRANCE

フランス的なものから呼び覚まされることを観察するブログ

J'OBSERVE DONC JE SUIS

感情の持続 LA DUREE D'UNE EMOTION

2007-06-26 00:15:20 | Weblog

最近気付いていること。それは、ある昂ぶった感情が長い間続かないことである。もちろん、そこにはよいこともあるのだろう。しかし、とろとろとでもよいから少しの間、底の方で燃えていてくれないものだろうか、という思いも強い。すぐに何もなかったような心の状態に戻ってしまう。これまでずーっとこの状態でいたような気分になるのだ。実は大きな変化を経ているのに。だから、感情の起伏を記録しておかないと、何と味気ない人生か、ということになる。フランスでの経験などを書いたものを読み返してみるとそれがよくわかる。もう私の中にはその間に起こっていた感情の揺れはほとんど残っていない。特に場所が外国の場合はその傾向が著しい。記録がなければそういう反応をしていた自分がいたなどということさえ忘れてしまうだろう。

このお話、カンデルさんの声を聞いた影響だろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリク・カンデル (II) KAND... | トップ | 「脳と性と能力」  \"CERVEA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事