フランスに揺られながら DANS LE HAMAC DE FRANCE

フランス的なものから呼び覚まされることを観察するブログ

J'OBSERVE DONC JE SUIS

信じたくないこと LE CHANGEMENT SENILE

2007-05-22 22:20:23 | Weblog

今まではゆっくり自らの体を見る気にもならなかったが、最近それが少し変わってきている。例えば、皮膚が茶色く盛り上がっているのが気になったり、足の骨が変形しているように見えたりしている。病院に行ってそれを初めて聞いた時に、軽いショックを受ける。まだ早いでしょうという感じである。それとは、「これは老人性変化ですね。老人によく見られるものですね」、「これは老人性疣贅 (ゆうぜい) ですね」 などの 「老人性」 というやつである。この言葉、何とかならないだろうか。単純に病変を記載すれば済むことではないか、という思いである。ただ、若い時には 「老人」、「老人性」 などという言葉は平気で使っていたはずである。そのような時が訪れようなどとは想像だにせずに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 顔が変わる時 QUAND LE VISA... | トップ | 心を開いて EN OUVRANT L\'E... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言葉 (ミコ)
2007-05-24 11:09:34
連日お邪魔excusez-moi

でも「廃用性」と言われるよりはマシですよ。「老人性」は、微小なりとも可逆性を含んでいます。

本当に老人になってない時は「おばあさん」とからかわれると嬉しがってたのに、真ばあさんになったら、意外とこたえます。チエホフの「桜の園」の面々は、あのあとどうなっていったのでしょう。
強烈なお言葉 (paul-ailleurs)
2007-05-24 21:36:15
をありがとうございます。
Je suis tout à fait d'accord avec vous !
確かにその言葉が出てくると、ほぼ最後・・という感じでしょうか。




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事