音曲亭ぱつら

ジャズプレイヤー金子雄生の音曲話と与太郎的日常生活におけるその傾向と対策に関する一考察

12/17の出来事

2018年12月19日 | ライブ/イベント報告


11/17(月曜日) 万福House 自由が丘hyphen での演奏。

今までにない体験をした。

ライブがスタートしてまもなく

音が

光と共に

カラダにまとわりついてくる感覚。

そして その音と光に包まれながら

歓喜と幸福感が湧き上がってきた。

疲れていたはずのカラダが少し浮いたように軽くなっていく。

それは一瞬の出来事だったのか?

わからない。

己の中の永遠を見たような気がする、と言っても

それが大袈裟ではない確かな体験。

気がつくと ステージで笑ってた。


1セットと2セットの間もお客さんと普通に会話していたけど

夢の中にいるようだった。


この日は、立ち見が出るほどの盛況で

演奏終了後

「凄かった」

という言葉を何人もの人からいただいた。



ありがとうございます。


ありがとうございます。


こういう時ほど

吹き続けなきゃね。


「夢んなるといけねえ」ってか。。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 旅の終わりに | トップ | 謹賀新年 2019 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿