音曲亭ぱつら

ジャズプレイヤー金子雄生の音曲話と与太郎的日常生活におけるその傾向と対策に関する一考察

岩名雅記監督/シャルロット すさび

2018年10月18日 | 徒然



やっと。

やっと観に行けた。

岩名雅記監督の最新映画 「シャルロット すさび」

今では珍しい171分という長尺。

観る方も気合が入ります。


舞台はパリ 東京 福島


いくつもの時間軸が存在していて

瞬間にそれがグニャリと歪む。

舞踏家である岩名さんならではの時間の捉え方 独特だと思う。


そしてそれは今回の役者さんのセリフや動き

そういうこまかいところにも表れている。


ストーリーの解釈や感想は 既にたくさんの方々書かれてるし

観に行った人の特権だから 書かないけど(っつうか あんなにちゃんと書けない)


どうですか?

一度 岩名雅記マジックにかかってみては?

残念ながら東京は明日10:00からの上映が最後らしい。今のところ。

次回は大阪、広島とあるそうですが

関東の方々 明日新宿Ksシネマに急げ!



そうそう。

ひとつのシーンでトランペットの演奏を使っていただいたので エンドロールにちゃっかりワタシの名前載ってます。ちょっと嬉しい。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« YAMAHA YCR2330Ⅱ 再生奮闘記 | トップ | 旅の終わりに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿