音曲亭ぱつら

ジャズプレイヤー金子雄生の音曲話と与太郎的日常生活におけるその傾向と対策に関する一考察

2018 7/6(金) 加茂直明 金子雄生 Duo 「空蝉」

2018年07月07日 | ライブ/イベント報告
空蝉-

古語「現人 うつしおみ」が訛ったもの。転じて、生きている人間の世界、現世。うつそみ。
蝉の抜け殻。

熱い季節を経て静かに終焉に向かっていく儚さや◯◯◯

加茂直明(舞踏) 金子雄生(演奏) 阿佐ヶ谷ヴィオロンにて

気温がグッと下がって 雨もポツポツと降り出した公演でしたが

満員のため 丸椅子出動し

ドリンクオーダー追いつかず15分押しでスタート。

いろいろな方が観に来てくださいましたね

出来れば三日間公演くらいやりたかったなあ。

ありがとうございました。








写真: 篠田ミハヤ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« moeck ソプラノリコーダー | トップ | リオフェス2018「SORA」私た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿