音曲亭ぱつら

ジャズプレイヤー金子雄生の音曲話と与太郎的日常生活におけるその傾向と対策に関する一考察

お知らせ

2013年4月よりライブ・スケジュールは 金子雄生~Patsura’s Web~にてお知らせいたします。 http://yuseikaneko.jimdo.com/schedule/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2021年03月24日 | 徒然






毎年楽しみにしている桜が

今年も綺麗に咲いていて

しばらくの間

穏やかな気持ちのまま

静かに

見上げていた。








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一枚の写真

2021年03月24日 | 徒然



一枚の写真が見つかった


2018年 第12回岸田理生アバンギャルドフェスティバル 通称「リオフェス2018」

2003年に死去した劇作家・岸田理生の戯曲を連続上演する企画で

ぱつらが参加したプロジェクト・ムーら6団体が参加し、東京都内5会場で岸田理生の関連作品を披露した。

真夏の炎天下に仕込みをして

まだ日が落ちる前からスタートした野外劇場公演。

その打ち上げの時の写真。

右から:(敬称略)
荒川昌代(女優)
福田光一(脚本家)
大橋宏(演出家)
ぱつら
仙葉由季(女優・振付師・マルチタレント)
小二田茂幸(作曲家・演奏家)
小山亜紀(歌手)


2日間の公演の前、数ヶ月をかけて作り上げていった作品。

その間全ての稽古に参加できたわけではない。

稽古の要所要所で演出家の大橋さんと連絡を取り合い 稽古場に向かう感じだった。

なので、出演者の皆さんと親しくなるような時間も持てなかったし

仕事現場として、それはそういうものだと思っていたんだけど

この写真を見て

ああ、ちゃんとこうやって私も受け入れてもらっていたんじゃないか!と改めて感じた。

いい写真だ、と思う。

本当はね、仙葉さんが記念に二人で撮ろうって言ってくれてたんだけど

大橋さんが上からイェ〜って被さるように入ってきて

そしたらみんな入ってきちゃったんだwww


7月5日朝

今日は大橋宏さんの誕生日です、とfacebookが教えてくれたんだけど

大橋さんはもうこの世にはいない。

今年の5月25日に闘病の末、他界されたのだ。

また、すぐに会えると思っていたのに。

舞踏公演に出演していた私の音をキャッチされ

ご自身の劇団DA・Mの公演に引っ張り上げてもらったのが最初のご縁。

そして独特な演出で奇才ぶりを発揮される大橋さんに驚愕

そこでたくさんの方々と縁を繋いで頂いた

その縁というもの、命というものを改めて考え、感謝し祈る。



大橋さんと一緒に写っている写真はこれ一枚きり。


いい写真だ、と思う。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネイティブの懐

2021年03月08日 | 楽器 etc.
どういう時間を経てここにあるんだろう。

なぜ今 この楽器を私が手にしてるんだろう。

おそらく、いやいやきっと

アフリカの大地で生まれて

アフリカの人たちが伝統の音楽を

日常的に或いは儀式などで演奏されていたんだろうなあ

と、簡単に想像できる。

そんな楽器を手にしていることに

不思議な縁を感じる。

この楽器の佇まいからなんともいえないオーラを感じている。

いろんなラメラホーンを見て、触って、自ら作って演奏してきたけど

これは何処の楽器だろう。

板を合わせて作った共鳴胴ではなく

木をくり抜いて作ってある。

ルワンダあたりの楽器でそういうふうなのを見たことあるけど、どうだろう。

ほんの少し、触るように爪弾くと

なんとも深〜いトーンが胸に響いて

いきなりこの楽器の故郷に連れて行かれるよう。

ネイティブの懐に包まれるようです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トランペット用マスク?

2021年02月26日 | 楽器 etc.
コロナ禍に於いて飛沫の問題は深刻だ。

なのでそれぞれの分野でそれぞれの工夫がされて久しいけど

とうとうトランペット用のマスクが発売されたようですな。

フィルタ専門メーカーのYAMASHIN Filter「ブラスガード」

サンプルを頂いたので早速使ってみましょう。

まずポリエチレンの非常に軽い素材でできたホルダーを十字に組み立てて

そこにシート(ポリプロピレン)を固定してベルに装着。それだけ。

吹いた感じは、実際に演奏する時に使用するミュートよりもオープンに近い。楽。

音色は、ベルの前になんかあるよねって感じる程度です。(自宅の普段練習している部屋でのこと)

これで飛沫をどこまで防げるかわかりませんけどね、対策としてはこういうものかも。対策としては。

トランペットの管の長さは134cm

唇の振動から息の圧でベルからの飛沫がどれくらいあるのかわからないけど、どうなの?

マウスピースの脇の唇からの飛沫の方が多いと思うけどね。

お客さんの耳元で演奏するような狭いジャズバーでの演奏には有効か。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1/22 万福Houseの公演中止のお知らせ

2021年01月14日 | ライブ情報
[公演中止のお知らせ]



新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言発令を含め、諸事情により



1/22(金)「万福House」のjazz spot adlib公演を中止致します。

今後のライブ予定も、情報は随時更新してまいります。
オフィシャルサイト、Twitter等もご確認ください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする