Patissiere@aoiの日常

パティスリーMAUVE(モヴ)のオーナー兼パティシエールの日記です。

2月最後のケーキ 

2020年02月21日 | お店のこと
とっても暖かく、春の陽気の栃木市です。
今年の東京の桜開花予報は3月21日らしいですね。
すんごく早いなー。
冬が無かったような今シーズン。
畑も気づくと緑色になってて、今年は虫が多そうです。いやだー。
MAUVEの店内も来週は春シーズンの商品に色々と変わっていきます。
その前に今日のケーキです。

「フレジェ」
苺のシーズンに1度は作らないと!!
西欧では苺のケーキというと「フレジェ」です。
日本のショートケーキと同じようにポピュラーです。
日本生まれのスポンジとクリームだけというシンプンルなショートケーキとは違い
生地はアーモンドパウダーを加えたジョコンド生地
クリームはムースリーヌと言われる、カスタードクリームにイタリアンメレンゲとバターを加えた
生地に負けないコクのあるクリームを使います。
苺をクリームと生地で挟むところは一緒でしょうか。
どちらの苺のケーキがお好きですか??
ぜひ食べてみてください。

「オランジュ」
オレンジ果汁で炊いたアングレーズベースのオレンジのムースです。
中にチョコレートが入っています。
生地もショコラのビスキュイジョコンドです。
チョコレートとオレンジってなんでこんな意相性が良いんですかね??
間違いない組み合わせです。

「タルトレットフリュイ」
今日のフルーツは、オレンジ、グレープフルーツルビー、葡萄、パイナップル、ブルーベリー、苺です。
発酵バターで作ったサクサクのタルト生地と香り豊かなダマンド生地をしっかり焼いて
口どけの良いカスタードクリームにフルーツをのせています。

「シュークリーム」
日曜日に焼いているシュークリームですが
今日はご注文をいただいたので、ショーケース分も作りました。
カスタードクリームと生クリームを合わせたクリームが入っています。
少しだけ加えたキルシュが上品な味わいにしてくれています。

「トランスショコラ」
ヴァローナ社の美味しいチョコレートを堪能するために作ったチョコレートケーキです。
ショコラの生地にはブラックベリーの果汁をアンビベしてあります。
ベリーの香りと酸味との相性が良いチョコレートを選んでガナッシュクリームにしてあります。
お酒は使用していません。

「フロマージュソルト」
このレアチーズはできる限りお砂糖を加えずに仕上げています。
でもちゃんと甘さを感じるのは少しだけ入れたお塩のおかげです。
クリームチーズをたっぷりと味わえるカップ仕立てです。
シフォンケーキは

「くるみ」です。
個人的に一番好きなテイストかも、、、、。

来週から春シーズンの商品が並び始めるので
終了する冬シーズンの焼菓子を紹介します。

「スノーボール」
サクホロの美味しいクッキーです。

「ブラウニー」
アーモンドと胡桃が入っているチョコレートのお菓子です。
そして、「プレオール」も来シーズンまでお休みとなります。
今シーズンは既に完売となりました。
入れ替わりで
「小花のフィナンシェ」「桜のマドレーヌ」「サブレ4種」が並ぶ予定です。
今日から冬シーズン最後の3日間。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
MAUVEのインスタグラム
フェイスブックページ
ホームページ
《店舗住所》栃木市平柳町2-16-56
営業日:金・土・日 13時OPEN
↓応援クリックお願いいたします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今日のケーキ | トップ | 菱餅カラーのひな壇ケーキ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お店のこと」カテゴリの最新記事