製図 タンクトップ

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。



パタピッ ソフトを30秒の映像で説明しました。 三角マークをクリックすると、コマーシャルサイトにジャンプします。

 


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。






パタピッ 入門ソフトで おしゃれを楽しもう!
 
ネックにギャザーのタンクトップ








ニット(伸縮素材)の製図を解説します。

パタピッ 入門ソフト は、身頃の3ソフトがセットになった 初心者向けのシンプルなソフトです。
3ソフトの組み合わせと数値操作で、様々なサイズ(子供から大人までの個人のサイズ)に対応し、様々なデザインを生み出すことができます。

右のデザインは身頃ソフトの基本操作の後 バストダーツをたたんだ反動で開いた分量がギャザーとなります。
シルエットがきれいな身頃がパタピッ の簡単な操作で得られますから、そこから展開するデザインもまたきれいです。

襟は長方形に製図して仕上げますが、ソフトをお持ちのユーザーは、ソフトで作成しましょう。正確で簡単にでき上がります。

入門ソフトの入力表とプロパタピッ の入力表の2つを解説します。
体型補正がある場合は、プロパタピッ が数値操作で正確に仕上がりますので手間が省けます。入門ソフトユーザーで体型補正が必要な場合は、仮縫いをする等で補ってください。入門ソフトも製図は正確ですから、仮に補正が生じる場合も僅かな修正で済むでしょう。




パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」又は、「プロパタピッ セット」に含まれるソフトです。)


入門ソフトを使用する場合は、ソフトCDの中の身頃を使用し同様に操作してください。










下表はプロ プロ パタピッ の入力表です。
スーパーパタピッ を使用する場合は、「超スリム」を使用し、「バスト」「バスト採寸寸法-4」と操作します。
無い入力項目は飛ばして使用してください。



<入門パタピッ 入力表>



実行ボタンを押すと下の製図が画面に現れます。
肩幅を2~3cmにしたいと思います。「背肩幅」の数値操作の増減で調整してください。
後身頃はそのまま使用します。前身頃のギャザー展開をしましょう。



バストダーツの頂点とネックラインを直線で結んだ線が切り開き線です。
バストダーツをたたんだ反動でネックラインが開きます。

 →  


開いた分量がギャザー分量ですが、足りない場合は更に前中心線を倒して補充します。(下左図)
5~6cmのギャザー分量が適当でしょう。不足分を前中心を倒して補充してください。

余分な線を消して、ネックラインを引き直して仕上げます。

 →  






前後身頃のネックラインを計測し、襟ソフトに入力すると襟が自動ででき上がります。
「前ネック寸法」は、ギャザー展開する前の寸法を入力してください。
「後ろ襟幅」は、13cmと入力しましょう。

ソフトを持たないユーザーは、高さ13cm、横は「後ネック寸法+前ネック寸法」の長さの長方形を引きます。



さて、ここで更に手を加えます。このデザインの襟の上部は、ネックにフィットしています。反面、身頃付け位置は上部より広い為、前後身頃のネック寸法のまま作成すると、フィットした襟にはなりません。
そこで、襟の横寸法を上部の寸法(着用者のネックを採寸し、数センチのゆとりを加えた寸法)まで縮めます。その製図を使用して襟を裁断しますが、身頃と縫い付ける側は、アイロンで伸ばして身頃と縫合します。それにより、写真の様にネックにフィットした襟ができあがります。
さらに、柔らかい素材では、横じわが寄った写真の様な襟に仕上がります。




この襟は、生地によりうまく仕上がる場合とそうでない場合があります。伸びる素材であることは勿論ですが、その伸びがこの襟を作るに不充分な伸び率ではこの様な襟には仕上がりません。また、上図の伸ばす工程では、戻りが良すぎるニットの場合は、アイロンで伸ばしても癖が付かず元の寸法に戻ってしまいます。

上手に布を選んで作成してください。


以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )