製図 ジャケット

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。

●洋裁が初めて、製図が初めての人は・・・パタピッ 入門ソフトから始めましょう
                          詳細は
●経験者は・・・スーパーパタピッ ソフトをお勧めします。
                          詳細は
●製図のプロを目指す方は・・・スーパーパタピッ CADの両操作で工業用パターンを作成。
                          商品と価格紹介は  


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


ショートジャケット & ニットワンピース



ショートジャケットが流行っています。
チュニック丈のワンピース風ニットセーターも、ニット生地を使って縫って作りましょう。
同じ製図を機械編みや手編みの製図として利用することができます。 




パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!   

ジャケットは

又は
 

ワンピースは


印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)

セットユーザーは、を使ってウエストダーツに修正する方法をマニュアルで解説しています。
又は、パネル切替のまま作成しても構いません。好みで選択してください。










ジャケットの身頃と、ワンピース身頃の入力操作を解説します。

下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。

<ジャケット身頃の入力例>  「ノーマル」使用




<ワンピース身頃の入力例>  「スリム」使用




<ジャケットの場合>

数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。

ショート丈のジャケットです。このデザインの場合、「ヒップ」操作では「バスト」の入力数値を利用してデザインラインを作ります。


の製図は下左図です。
を使用すると、各パーツは自動で分割され、下右図の様にでき上がります。どちらも数値操作だけで画面に数秒後にでき上がります。

 スーパーパタピッ パネルラインソフトは、2006年春のバージョンから、下図の様に、自動で四分割する製図に改善されました。
また、スーツジャケットのソフトでは、ポケットも自動で現れます。

大変便利になりました。バージョンアップを済ませていないユーザーは、是非更新しましょう。


前合わせのないデザインですから「前合わせ寸法」「0」で操作しますと、ソフトは前中心は「わ」裁ちと判断しますので、下左図の様に見返し線も同時に消えます。後で見返し線を作図しなければいけません。
この場合、下右図の様に、仮の前合わせを付けて数値操作すると見返し線が自動で現れますので、その後前合わせを消すと操作が楽でしょう。

特に修正する部分はありませんので、そのまま印刷して使用しましょう。
イラストは切り替えのない下左の製図ですが、下右図の様に切り替えてもでき上がりのシルエットは同じ様に仕上がります。好みの製図を使用してください。

 


<ワンピースの場合>
こちらも数値操作をして数秒待つと下左の製図が画面に現れます。
ウエストダーツは不要です。消しましょう。
後中心線も直線に直して「わ」で裁ちましょう。(青色線で区別しました)

裾にリブを付けます。
7cm幅の製図を引きますが、横幅は裾ラインの寸法の約90%としましょう。
下右図の裾リブの製図では前後分けて製図していますが、実際は前後の型紙は貼り合わせて、一箇所で縫いつないで輪にします。


  


襟を製図します。
長方形の襟です。
前後のネックラインを計測して下図の様な長方形の襟を描きましょう。
高さは10cmとしましょう。上部は「わ」に裁断します。
(レイアウト画面でネックラインを右クリックすると簡単に計測できます。)


 




 ジャケット ・・・ 「ギャザー少」を使用
身頃の前後アームホールを計測し袖ソフトを呼び出して入力します。
アームホールの計測は、アームホールの線上を右クリックすると画面に計測数値が表示されますので、その数値を下表の「前AH」「後AH」に入力すると、身頃にぴったりの袖ができ上がります。



数値を打ち込んで数秒待つと、下左の製図が画面に現れます。
袖山に少しギャザーを入れたパフスリーブです。下右図の様に中心で4cm切り開きましょう。


  


ラインをつなげて仕上げます。



 ワンピース ・・・ 「ギャザー中」を使用




数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。
ボタン開きは不要ですから、カフス(ここではリブの型紙として利用しますが)のボタンは消し、布目も縦地に直しましょう。

  



以上で製図はでき上がりです!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )