製図 パンツ

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。

パタピッ ソフトを30秒の映像で説明しました。 三角マークをクリックすると、コマーシャルサイトにジャンプします。


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。






パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


パンツ

ハーフパンツ


七分、八分パンツ操作を数例紹介しましたが、今回はハーフパンツです。

操作を分かり易く解説する為に、基本のシルエットを作る入力操作を下に説明します。
そのままでも形の良いパンツができ上がります。

更に、流行のパンツとして商品価値を高める操作は、先に解説した「流行のパンツを作る 基本操作 1~3」をご覧ください。

素人にも簡単な 「基本操作 1」 ・・・
流行のローライズ操作 「基本操作 2」 ・・・
ヨークベルト操作 「基本操作 3」 ・・・

この3方法を加え、用途に合わせて、着用者の年齢に合わせて自由に楽しんでください。



パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)







 
下表を参考に数値を打ち込むと基本のパンツができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

下表は腰で着用するローライズパンツの入力例です。
ウエストで着用するパンツ製図は、「ウエスト」入力と「股上」入力を標準の数値を打ち込んで操作してください。

ハーフパンツの操作は、ロング丈を入力して、膝下をカットします。
その為「裾幅」は任意としました。何か数値を入れなければソフトは動きませんので、何らかの数値を入れて操作してください。

膝丈、またはそれ以上短い丈の場合は七分、八分パンツで使用した「UP」は使いません。数値が膝上になると製図が乱れますので、ハーフパンツの場合は膝下をカットしましょう。

CADを持つユーザーは、CAD画面で膝下をカットしますが、CADを持たない場合は、「自動分割プリント」操作の際に、印刷部位を指示することができますので、膝上のみを印刷しましょう。


今回のシリーズでは、ウエスト、ヒップ、股上などの操作は基本の数値で統一しました。
数値を変えることでフィット具合やシルエットは様々に変化します。
基本を覚えた後は、数値を変えて自由に表現する力を付けてください。


数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。
「裾幅」「膝回り」と同寸にしました。

膝下をカットして仕上げます。(右図)
その際、丈が短すぎれば膝の点を下に下げて調整してください。

以下、好みに合わせて流行のパンツを仕上げましょう。

素人にも簡単な 「基本操作 1」 ・・・
   腿回りは採寸寸法+5~6cmになるように調整しましょう。

流行のローライズ操作 「基本操作 2」 ・・・

ヨークベルト操作 「基本操作 3」 ・・・





以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )