製図 パンツ

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。

●洋裁が初めて、製図が初めての人は・・・パタピッ 入門ソフトから始めましょう
                          詳細は
●経験者は・・・スーパーパタピッ ソフトをお勧めします。
                          詳細は
●製図のプロを目指す方は・・・スーパーパタピッ CADの両操作で工業用パターンを作成。
                          商品と価格紹介は  


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。






パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


流行のパンツを作る  基本操作 1


格好の良いパンツ製図は、経験を重ねたプロでもなかなか難しいものです。
ヒップをきれいに表現し、さらに脚を長く美しく見せるパンツを誰もが望みます。

既製服で素敵なパンツを見つけた。同じパンツを作りたい。・・・これができたら創作の面白さは倍増しますね。その方法をパタピッ ソフトを使って解説します。

  
  



パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)








 
下表を参考に数値を打ち込むと基本のパンツができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

ローライズパンツです。腰がベルト位置になります。股上が深いものを好まれる方は、標準の股上数値を入力してください。
(股上の測り方は、マニュアルをご覧ください。また、採寸が難しい箇所は、サイズ表を参考に入力しましょう。サイズ表はしてご覧ください。)

下表は左の写真の入力例です。
腰周りがピタッとフィットしています。この様なパンツは、ストレッチ素材を使用してください。

伸びない布帛生地で作る場合は、ヒップは採寸寸法のまま入力しましょう。(右デザイン)
他の入力数値は下表の様で構いません。


数値を打ち込んで数秒待つと、左下の製図が画面に現れます。

このまま作成してもバランスの整った格好の良いパンツに仕上がります。上の写真に非常に近い仕上がり状態になりますので、特にこだわらない場合はこのまま印刷して使用しましょう。

裾がダブルです。
裁ち出す必要があります。
下右図の様に裾にラインを追加しますが、今回の様に膝から下が広がるブーツカットでは、単純に線を延長して裁ち出さず、傾斜を考えて製作しなければいけません。(紙面で行う場合は、ダブル状態に折りたたんでカットすると簡単に型紙ができ上がります。)(下右図)

  


パンツが流行して久しくなりますが、まだまだこの流れは続きそうです。
そこで、せっかく作るのなら、流行の既製服(それも一流ブランド)のパンツに限りなく近づけてみましょう。

いくつか手を加えますが、この操作を覚えると、パンツスタイルは最高に美しくなりますよ。


まず、簡単な操作を2つ説明します。
この2つは、素人でもできますから是非試みてください。

(1) 膝の位置を上げる
3cmほど上げましょう。この簡単な操作で脚を長く見せる効果があります。
今回の様なブーツカットパンツによく行われる操作です。

下図は前パンツの膝の点を上に3cm上げた製図です。
CAD機能では「点移動」機能を使用します。
CADを持たないユーザーは、印刷後の紙面で膝位置をそのまま3cm上に移動するように修正してください。
※ CAD「点移動」を使用するとそれにつながるカーブが歪むことがあります。不自然な線は修正してください。)
後パンツも同じ様に膝の点を上に3cm上げてください。



(2) 腿回りを細くする
腿回りの寸法は個人差がありますので、誰でも行う操作ではありませんが、このパンツシルエットですと左デザインでは腿回りに関しては3~4cmのゆとり、右デザインで5~6cmのゆとりが適寸でしょう。

着用者の腿回り(脚の付け根の辺り)を採寸して、画面の製図を比較してみましょう。
画面は10cm方眼ですから、およその目安が付きますので、画面で計ってください。
正確に測る場合は、このデータを一旦保存してCAD画面に呼び出して「距離測定」機能で計りましょう。

計測した数値と「採寸腿回り+ゆとり」の数値を比較して、「ちょっと太いかな」という場合は股下の点を上図の様に少し内側に入れます。
 この内側に移動する寸法は、各1.5cm以内にとどめてください。それ以上細くすると、股の厚みが不足して股にくい込むつっぱりじわを作る原因になります。(右写真)

逆に「ゆとりが足りない」という場合は外に出す様に修正してください。

この二つの修正は特に難しくありませんのでお勧めします。
ここまでの工程でもかなり格好の良いパンツになりました。




最近の若い女性がパンツを履く場合、ベルトが一つのアクセサリーになっています。つまり、「ベルトを見せる履き方」がパンツスタイルの一つの表現となっています。

さて、その「ベルトを見せる履き方」のためにする操作があります。
ちょっと難しくなりますが、若い女性向けのパンツを作るのであれば、この操作も試みてください。

これについては次の解説で説明します。
以前にも同じ内容で解説したページがあります。そちらも参考にご覧ください。


この操作については、ご年配層では必要ないかもしれません。
つまり「ベルトを見せる履き方」はお腹を出す(見せる)履き方でもありますから、上着やブラウス、Tシャツなどでお腹やおしりを隠す様に着用する場合は不要かと思います。上の(1)(2)までの操作で終了しましょう。


以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )