製図 スカート

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


プリーツスカート




車ひだ12本プリーツを解説します。


 

パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)









下表を参考に数値を打ち込むと基本製図ができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。



数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。

タイトスカートと同様「ウエスト」入力は採寸寸法ではなくウエストベルトの実寸を入力します。
ウエストのでき上がりは、きつく閉めて着用することを好む人とゆるめで着用したい人と個々で異なります。
現在着用しているスカートで、丁度履き心地の良いものがあれば、ウエスト部分を測って入力すると良いでしょう。

既製服にウエスト表示がありますが、実寸ではありませんので注意してください。
例えば「W60」と表示された既製のスカートのベルト部分を測ると「63cm~65cm」と数センチ多いものです。注意しましょう。



自動で現れる後スリットは消します。
ヒップ数値が大きいと脇の線が内側に傾斜しますので、その場合は真下に降ろすように修正しましょう。

一周12本の車ひだプリーツです。均等に配分したいと思います。
製図は半身の前後スカートですから、各パターンを3等分すると12本プリーツになります。

3等分した切り開き線にダーツの端点を合わせる様にダーツを移動します。
(ダーツはウエストとヒップの差で、2本の場合と1本の場合とありますので、2本ダーツの場合は下の様に作業しますが、1本の場合は、その一本のダーツ幅を二つに分散する様に2本ダーツに書き改めてから下の作業をしましょう。2本に分散する場合は、前後中心側が幾分広く、脇側を狭くすると良いでしょう。)

陰ひだの奥行きを6cmとし、3パーツを12cmずつ切り開くと右図の様になります。

 


陰ひだの線を加えて仕上げると下図の様になります。
このスカートはぐるっと回る車ひだですから、脇や前後中心にも6cmずつ陰ひだの作図をしましょう。

縫い止まりはヒップラインの上3cm辺りとしましょう。



後スカートも同様に作成しましょう。

製図は前後スカートに分かれて仕上がりますが、車ひだスカートの裁断は、布の幅を目一杯使いますから、縫いはぎ位置はどれかの陰ひだの中とします。(縫いはぎは脇とは限りません。)

左脇にファスナーを付けます。


以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )