製図 ブラウス

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


シャツ


  



パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!





印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)


パネルラインの切り替えデザインですが、セットユーザーは、をパネル切り替えに変更して使用しましょう。変更方法はマニュアルで詳しく解説しています。










または 「スリム」使用

パタピッ ブラウスソフトは、「超スリム」「スリム」「ノーマル」「ワイド」の4ソフトがセットになっています。ここでは「スリム」を使用します。

下表を参考に数値を打ち込むと身頃ができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。




数値を打ち込んで数秒待つと、下左の製図が画面に現れます。

後身頃にはギャザーは入れません。このままの製図を使用します。後中心は破線の「わ」裁ちラインを使用します。

前身頃にギャザーを入れますので、製図を展開します。
まず、3cm幅の前立て線を入れましょう。

ウエストラインに切り開き線を引き、その上とその下を各等分します。(下右図参照 青色線が新たに引いた線)



各切り開き線で3cmずつ切り開きます。(下左図)
なだらかな線に修正して仕上げます。(下右図)
ボタンを並べましょう。ボタンが表に出ないひよく仕立てです。ボタンの位置と個数は自由に決めて構いません。一例として、ネックライン下8cmを第一ボタンとし、裾から5cm上を最終ボタンとし、6等分して並べてみました。



切り替え線にギャザーを入れるためには、袖の様に紐を通しても良いですが、身頃についてはゴムを通すのも簡単でしょう。縫い合わせを折り伏せ縫いにするとゴム通し用のトンネルができ上がります。



「ギャザー(少)」を使用

身頃の前後アームホールを計測し袖ソフトを呼び出して入力します。
アームホールの計測は、アームホールの線上を右クリックすると画面に計測数値が表示されますので、その数値を「前AH」と「後AH」に入力すると、身頃にぴったりの袖ができ上がります。


数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。
カフスの付き合わせ位置は、自動で現れた開き位置ではなく袖の中心線です。その中心線に紐を通してギャザーを寄せるデザインです。
カフスのボタンマークは不要です。消しましょう。

中心線で縫い剥ぎ、身頃と同様に折り伏せ縫いでトンネルを作り、紐を通すかゴムを通してギャザーを寄せましょう



「袖山」は「後アームホールの高さ×約0.65」と表示しましたが、この数値の増減で袖幅は微妙に変化します。細くしたい場合は袖山を高く、幅を広げたい場合は袖山を低く入力しましょう。

このデザインの袖幅は、Sサイズで約32cm、Mサイズで約35cm、Lサイズで約39cmが目安です。

(袖幅の解説はしてご覧ください。)





前後身頃のネックラインを計測し、襟ソフトに入力すると襟が自動ででき上がります。
「後ろ襟幅」は、「3cm」と入力しましょう。

中央の襟を使用しましょう。



以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )