製図 フラメンコ

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


フラメンコ衣装






パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!


又は 


印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)











 「スリム」を使用

身頃の操作は、前項<基本入力表>をご覧ください。

前回までのフラメンコ衣装と同様、裾をフレアに開き、ネックラインを書き改めると下図の様な基本形ができ上がります。



一段目のフリル付け位置は、ウエストから裾までのスカート丈を5.5対4.5で分けた位置です。
10cm幅の円形フリルを縫い付けます。



二段目の縫い位置は、一段目の下7cmとしましょう。
三段目はその下10cmです。
一段目のフリル幅が10cmであれば、二段目は、3cmの重なり分量を加えると13cmとなります。
三段目のフリルの長さは、「上で切り離した下段のスカートの長さ-17cm」です。
例えば、スカート丈を100cmと仮定すると、上段のスカート丈は55cm、下段のスカート丈は45cmですから最終フリルの幅は28cmとなります。



下左製図は、幅の狭い方のフリル、下右製図は、三段目のフリル製図です。直径を30cmで描きました。
(下図は半円ですが、実際は「わ」に裁ち全円となります。)
全円で裁断した場合は、一箇所を切り離して使用しましょう。
円を何枚裁断するかは、フリルを付ける位置を計って計算してください。
切り離した円弧を縫いつないで長いフリルを作り、フリル付け位置に乗せて仕上げます。

 





前後身頃のアームホールを計測し袖ソフトを呼び出して入力します。
アームホールの計測は、アームホールの線上を右クリックすると画面に計測数値が表示されますので、その数値を下表の「前AH」「後AH」に入力すると、身頃にぴったりの袖ができ上がります。



「袖口寸法」は、袖幅とほぼ同寸になる様にしましょう。
適度な数値を打ち込んで実行ボタンを押し、画面に現れた製図の袖幅を計測してから、改めて「袖口寸法」の数値を入れ直して再実行をかけると、右の様になります。袖幅袖口幅が同寸ですね。

袖口をカーブラインに書き改めます。後を下げ前を上げるようなカーブラインを引きましょう。(長袖ソフトの裾ラインを参考にしましょう。CAD複写機能を使いカーブを写しても構いません。)

さらに中心で切り開いてパフ分量を出します。(下左図)
切り開き分量は20~30cm。

ボリュームを出す場合は、切り開き分量を多めに、ボリュームを控えたい場合は切り開き分量は少なめにしてください。
これで完成ですが、さらに袖口を回転させるように開くと、よりフレアのボリュームが出ます。(下右図。裾が少し広がっていますね。)

袖が2段フリルになっています。同じ製図を使い、袖丈を変えて重ねて身頃と縫合します。




以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )