製図 ドレス

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


ウエディングドレス


スカート




身頃につなげるスカート部分のボリュームは様々です。
生地の硬さ、柔らかさ、重さ、軽さにより、広がり具合も異なります。
また、一枚なのか、二重か三重かによっても変わってきます。

中に着用するパニエのボリュームも様々です。

パニエは市販のものがありますので、表現したいボリュームに合わせて購入するか、購入したパニエは何層かギャザーを寄せて作られていますので、膨らみすぎるものは、その層をカットする(外す)などで調整することもできます。

手作りの場合は、ブライダルコーナーでパニエに合った生地を購入し、段々にギャザーフリルを縫い付けたり、二重、三重にしたり、ワイヤーを入れたりなど、表現したいボリュームを作成していきます。
ブライダルコーナーに展示されているサンプルのパニエが参考になります。
パニエは上のドレスで隠れますので、程よい広がりが形作られれば、少々難があってもOKでしょう。

パニエについては、特に決まった製図はありません。
大きなギャザースカートを作るという感覚で良いでしょう。
下で解説する表地のスカート製図のギャザー分量を減らした型紙でベースのパニエを作っても構いません。

ウエストの膨らみを抑えたい場合は、 で円錐状のスカートを製図するのも良いでしょう。
どちらかの方法でベースを製図し、その上に二重、三重と重ねたり、段々のギャザーフリルを乗せて形作って仕上げます。




パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!














<左デザインの例>



<中央デザインの例>



※ ウエストにゴムを通すラインが出ますが、ここでは削除して使用します。下図の様なウエディングドレスのスカートの製図ができ上がります。



前後一定の裾ラインであれば、上図のまま使用してください。

後にトレンを引く場合は、下図の様に 後スカートを引き伸ばしましょう。
トレンの長さは自由です。後中心線を傾斜させて20~30cm引き伸ばすように引いてみました。





不要な線を消して仕上げると下の製図ができ上がります。



※ 左デザインと中央デザインは、二重にするのであれば、同じ製図を使用して二枚重ねにして良いでしょう。或いは、上の段のボリュームを少し増やしても構いません。


<右デザインの例>



上の製図でオーガンジーを二重、三重にしますが、オーガンジーは透けますので、一番内側には柔らかいサテン地を使いましょう。
パニエの形がきれいな円錐状であれば、表が柔らかくても形は整います。

パニエの表面が滑らかでない場合は、表のベースに使うサテン地を固めのものにすれば、きれいに広がります。硬いサテン地を使用する場合は、上表の分量は多すぎます。
前項の円錐状の製図方法を参考にしてください。
してご覧ください。




※ スカート丈は靴のヒールの高さや着用するパニエのボリュームにより変わりますから、裁断の際は裾の縫い代は余裕を持って付け、裾ラインの最終決定は、靴とパニエを着用した状態で床すれすれに仕上げましょう。



以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )