製図 ドレス

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


ウエディングドレス


身頃をギャザーで縮めてみましょう。
前項の解説と異なる方法で説明します。






パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!




印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)












「スリム」を使用



このデザインでは身頃のみ使用しますので、ウエストから下は自動製図後に消します。

身頃に縦方向にギャザーを寄せます。
今回は、採寸背丈を入力し、後で引き伸ばす方法で引きましょう。

実行ボタンを押すと下の製図が画面に現れます。

ウエスト下をカットし、バストラインを描きましょう。(右図)



余分な線を消して仕上げると、下の製図になります。

この製図は裏側で使用しましょう。
表側はギャザーを寄せていますが、形を整える為に、裏側にこの製図を使い、二枚合わせ(袋状)に作ると形が決まります。

前項のデザインでは、この解説を省きましたが、それは襟でラインが隠れるからです。
今回の様にバストラインの山形のカーブがありません。襟が水平に付き、バストラインが襟に隠れます。襟でごまかしが効く分、裏を省略できます。納まりが悪い場合は、今回と同じ方法で裏側も製図しましょう。



表側の製図を作ります。
身頃の丈を2~3倍にしましょう。固い素材はギャザーを少なめに、柔らかい素材はギャザーを多めにすると良いと思います。

CAD「点移動」機能でウエストの各点を下に降ろすと簡単に引き伸ばすことができます。
「点移動」は、追加Ver.Ⅰでサポートしています。)


左下の青色で引いた線が、表側の製図です。
余分な線を消すと、右製図になります。



各ダーツをたたんで消したいと思います。その為にはダーツの頂点を延長して下左図の様に図形を回転するための接点を作ります。

ダーツをたたむ様に回転移動します。(下右図)



余分な線を消すと下の製図ができ上がります。
バストダーツも消して構いません。
ギャザーを寄せる場合は、前後の縫合寸法は同一である必要がないからです。



身頃は以上ででき上がりです。





スカートの製図方法については前項をご覧ください。


以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )