製図 ドレス

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


ウエディングドレス

セパレーツ






パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!

身頃は

又は、

スカートは


印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)














又は、 「スリム」を使用



パタピッ ワンピースソフトを使って、ノースリーブのウエディングドレスの製図を引く場合は、「スリム」を使用して、バスト入力は「-5~7」が適寸です。

アームホールは自動製図後に消します。「いせ」「微調節肩」「AH移動」など印の項目は「0」入力で操作しましょう。「背肩幅」も同様に後で消しますが、「0」では製図が不正に動きますので採寸寸法を入れましょう。

セパレーツのトップスを製図する時、ワンピースソフトではなく身頃ソフトを使うのではないかと思われるかも知れませんが、ウエディングドレスでは敢えてワンピースソフトを使用します。
理由は、ワンピースソフトは ウエストの数値指示ができるからです。
身頃ソフトでは、このウエストのフィット具合を正確に調整することができません。

このデザインではワンピース製図の身頃部分を使用します。ヒップから下は自動製図後に消します。その為 「着丈」「裾開き寸法」は初期設定のままで構いません。

実行ボタンを押すと下の製図が画面に現れます。



身頃に下図の様な追加ラインを入れましょう。


 


余分な線を消した身頃部分は下左図です。分割して仕上げると右図の様になります。


 








通常のスカート入力操作と異なるのはヒップです。
パニエを中に着用してボリュームを出しますので、実際のヒップ採寸数値ではなく、正確にはパニエを着用してパニエの上からヒップを測った数値です。

ウエストダーツは不要です。ダーツの隙間がくっ付く状態が良いでしょう。(右図)
様々な数値を入れながら、程よい製図ができあがったところで確定します。

下ができあがった基本製図です。



不要なウエストダーツを消し、後スカートの中心で下図の様にトレンを引きます。




余分な線を消して仕上げます。




※ スカート丈は靴のヒールの高さや着用するパニエのボリュームにより変わりますから、裁断の際は裾の縫い代は余裕を持って付け、裾ラインの最終決定は、靴とパニエを着用した状態で床すれすれに仕上げましょう。


以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )