製図 ワンピース

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は








パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


ワンピース

ダンス衣装


ダンス衣装 を引いてみましょう。

かなりフィットしたデザインです。
少し伸縮する素材であれば動きやすく着心地も良いでしょう。



パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)











 「スリム」を使用

パタピッ ワンピースソフトは、「スリム」 「ノーマル」 「ワイド」の3ソフトがセットになっています。ここでは「スリム」を使用します。 

下表の数値はかなりスリムなシルエットを想定して作成しました。
素材によっては窮屈になりますから、その場合は製作工程で補正してください。
その為にも縫い代は多目に付けて慎重に作成しましょう。

下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。



パタピッ ソフトは、基本的には袖付き用の身頃として動きますので、ノースリーブの製図ではバストのゆとりが多すぎます。そこで、この様なデザインの製図を引く場合は、バストのゆとりを減らす操作をします。その為、「バスト」入力では「-5」としました。

ドレス製図では、ウエスト位置を少し高めにすると足を長く見せることができます。「背丈」の操作で少しウエスト位置を上げましょう。

このデザインでは、バストから上の製図は自動製図後に消します。「いせ」「微調節肩」「AH移動」など印の項目は規定値がありませんので「0」入力で操作しました。「背肩幅」も同様に後で消しますが、「0」では製図が不正に動きますので採寸寸法を入れましょう。

「着丈」は前中心の最終フリルの付け位置です。
後に向かって丈が長くなりますが、その傾斜ラインは自動製図後に書き入れます。

実行ボタンを押すと下左の製図が画面に現れます。

バストの仕上がり線を下右図の様に入れましょう。(青色線で区別しました。)

腿回りもぴたっとフィットさせますので、裾を脇で2cm程内側に入れます。

前中心の一段目のフリル付け位置は、ヒップラインの辺りです。製図にはヒップの点がありますので、その点をトップヒップとします。
一段目のフリル付け位置は、身長などのバランスもありますので、基準より上下移動することがあります。製作工程で確認をしながら進めてください。

後中心で前より10cmほど下げる様に傾斜線を引きます。
二段目のフリル付け位置は、裾と一段目の中間としましょう。
二段目のフリル付け位置、三段目の付け位置は、一段目を基準に平行に引きます。

     


後中心で三角布を挟んで、足の運動量を確保します。
三角布の底辺は約20cmです。
余分な線を消して仕上げると下図の様になります。

     


各段にフリルを縫い付けます。
一段目のフリルの幅(高さ)は、上図の「A寸法+5cm」、二段目のフリルは更に「+3cm」、三段目のフリルは更に「+5cm」の製図をしましょう。

ギャザーフリルです。付け位置の寸法を測り、2倍の長さのフリルを用意しギャザーを寄せて縫い付けましょう。

     



以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )