カシュクール レディース 基本









カシュクール  基本

ブラウスソフトを使って、流行のカシュクール製図を引きましょう。

今回はレディース製図、次回はキッズ製図を解説します。


 





印は「スーパーパタピッセット」に含まれるソフトです。)






布帛(伸びない生地)で作るなら、シルエットとしては「スリム」を使用するのが適当でしょう。少しゆったり着たい人は「ノーマル」が良いかも知れません。このデザインでは「ワイド」は不向きです。


ニット素材で作るなら、「超スリム」を使用しましょう。


下表を参考にパタピッに数値を打ち込むと身頃製図ができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。


体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。


操作はとても簡単。パタピッご購入時に分かり易い操作マニュアルが付きます。
「入力項目」の名称の意味や採寸箇所等はマニュアルが詳しく解説しています。



布帛は上表を参考に操作してください。ニット素材では、次の入力項目を変更してください。
「背肩幅」・・・「採寸寸法-2」(伸びを考慮してのことです)
「いせ」・・・「0」(ニットではいせは不要です)
「微調節AH」・・・「1」(この数値は体型やフィット具合の好みで増減しても構いません)
「ダーツ削除」・・・「1」(「1」入力でバストダーツは自動消滅します。バストの大きな体型では、バストダーツを入れた方が良いでしょう。つっばりじわなどが出ず、きれいに仕上がります。)



数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。


きもの合わせにします。ウエストから下のラインを反転して写しましょう。CADユーザーは「ミラー複写」機能を使用します。
先の入力で前ネックの開き寸法を指示しましたので、その点を通る様にカーブ線を描くのが良いでしょう。




 「前ネックポイント移動」の決定は、鏡の前で前ネックポイント(首の付け根)から何センチ下まで胸が開いても構わないか、ものさしを当てて考えます。





もし、「あまり胸を開けたくないな」と思う場合は、脇のウエスト位置にカーブラインをつなげるのは無理があります。その場合は、脇の点を適度に上げて程よいカーブを描くようにしましょう。(下左製図)



逆に、「もっと胸を開けたい」場合は、カーブを深く描くと良いでしょう。


 


前身頃のウエストダーツは、削除しましょう。後ろ身頃のウエストダーツは、そのまま利用しましょう。ウエストをシャープに表現することができます。余分な線を消して仕上げます。(下図)




上身頃の前後アームホールを計測し袖ソフトを呼び出して入力します。
アームホールの計測は、アームホールの線上をクリックすると画面に計測数値が表示されます。簡単です!






三種類の袖が同時に画面に現れますが、このデザインでは、布帛を使用する場合は「ダーツ付き普通袖」(上左製図)「細袖用普通袖」(上右製図)を使用しましょう。
ニット素材を使用する場合はを使用し、
「袖口寸法」は2~3cm細くしましょう。


 ここでは七分袖を例に解説しますが、「長袖」「半袖」「五分袖」などデザインは自由です。


画面に現れた製図はそのまま印刷して使用します。


以上で製図はでき上がりです!




パタピッ 製図で ステキなファッションの創造を楽しみましょう。


詳細は


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )