ハイウエスト切替ワンピー(応用)キャミソール風





7月13日の<ノースリーブ ワンピーのデザインを一部替えて


キャミソール風ワンピーの引き方を覚えましょう。


肩ひもを付けたデザインは、基本的にはノースリーブを応用するとでき上がります。


イラストはハート型のVゾーンですが、Vカットを浅くしたり、あるいはもっと深くしたり・・・、または、胸を隠す為に水平ラインにしたりと、胸のカットの表現は自由です。


下表より、バストやウエストのゆとりを更に数センチカットして入力すると、ウエディングドレスの身頃製図になります。丈は床までの長さを入力しましょう。裾の開き分量も増やします。裾の分量については、「Aライン」ソフトでは限界があります。ボリュームを控えたシンプルなドレスでしたら構いませんが、フレアをたっぷり入れるのなら、を使用しましょう。裾開き数値を20~30に入力すると、フレアがたっぷりのドレスができ上がります。


 身頃は前項と同じソフトを使用します。


印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)


セット以外のスーパーパタピッ ソフトの中で最も適合するソフトは、です。組み合わせの面倒なくでき上がりますので、単品でご購入のユーザーは、最も適合するこのソフトをご使用ください。






このデザインは、身体にぴたっとフィットしたシルエットです。「スリム」を使用しましょう。
ご年配の方は、着易い「ノーマル」をお勧めします。


下表を参考にパタピッ に数値を打ち込むと身頃製図ができ上がります。
下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。


体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。



下表はノースリーブ製図で紹介した表です。自動製図後に肩の辺りをカットしますので、「背肩幅」や「AH移動」の数値は無関係となりますが、適度な数値を打ち込まないとパタピッは正常に動きませんので、ひとまずノースリーブの製図を引いてから、展開して仕上げましょう。




上の入力ででき上がった製図に切り替えラインを引いて、製図を分離する方法は前項(7月13日掲載)と同じです。
前項の解説をご覧ください。


切り替えが済んだ製図に、下図の様にラインを追加します。



不要な線を消して仕上げます。(下図)



以上で製図はでき上がりです!




パタピッ 製図で ステキなファッションの創造を楽しみましょう。


詳細は


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )