ハイウエスト切替ワンピー(応用)キャップスリーブ/キッズ





前項の<半袖 基本 ワンピー>のデザインを一部替えて


キャップスリーブの引き方を覚えましょう。


半袖の山の部分を残した袖を「キャップスリーブ」と言います。
「袖下をカットすればいいんだ!」・・・と思っている人がいますか?
それは、あまりに安易な方法です。


パタピッ マガジンでは、満足度の高い最高のおしゃれを楽しんでいただくために、少し繊細に製図を取り上げていこうと思います。決して難しくありません。パタピッ が自動でベースを引きますから、少し数値を変えたり、ラインを修正したりするだけです。その「少し・・・」が、最高のシルエットを作り上げます。



 服のシルエットを決めるのも、着心地の良し悪しも、服の設計図である「製図」が一番大切です。服地の選択や体型的な側面もありますが、「製図」が占める役割がとても大きなことを、
パタピッ で製作する服を通して是非学んでいただきたいと思います。



 前項と同じソフトを使用します。



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)


セット以外のスーパーパタピッ ソフトの中で最も適合するソフトは、です。組み合わせの面倒なくでき上がりますので、単品でご購入のユーザーは、最も適合するこのソフトをご使用ください。






このデザインは、身体にぴたっとフィットしたシルエットです。「スリム」が適当ですが、子供は活発ですから細身のシルエットは動きづらいでしょう。
普段着としての作成は避け、パーティーや発表会などの特別な日のおしゃれ着として作りましょう。
(ストレッチの効いた素材で作ると、細身シルエットでも動きやすく仕上がります。素材選びでも工夫しましょう。)


下表を参考にパタピッに数値を打ち込むと身頃製図ができ上がります。
子供製図は、標準体型であれば下表の身長サイズを活用してください。
細い子、太い子は本人の採寸寸法を入力しましょう。



前項の半袖デザインと異なる入力項目をピンク文字で区別しました。
● バスト入力の「-3」の意味・・・キャップスリーブは、袖付けは途中までで、脇には袖がありません。脇が浮かない様にゆとりを減らします。ノースリーブの製図方法と似ています。
● 微調節AH・・・これも上と同じ理由ですが、アームホールの脇位置を上に上げることで、アームホールから胸が覗けず安心です。(この微調節AHの増減操作は、基本マニュアルが詳しく説明しています。)
 ※ 腕が太い人は、AHの微調節は下記数値と異なる場合があります。
    仮縫いを通して数値の増減を行ってください。

● AH移動・・・これも上と同じ理由で、アームホールのくり(カーブ)を浅くすることで、胸が覗けないようにします。(AH移動の操作についても、基本マニュアルをご覧ください。)


幼児服では、細身シルエットより動きやすさを優先して服を作ってあげましょう。
下表の入力は、シルエットを優先して細身の服を想定しています。
バストやウエスト、ヒップなどを数センチ多目に打ち込むだけでも動きやすい服になります。
年齢や子供の好みに合わせて、加減してあげてください。




上の入力ででき上がった製図に切り替えラインを引いて、製図を分離する方法は前項(7月14日掲載)と同じです。
前項の解説をご覧ください。



身頃の前後アームホールを計測し袖ソフトを呼び出して入力します。



前項の半袖デザインと異なる入力項目をピンク文字で区別しました。
● 袖丈「架空の丈」の意味・・・袖下を後でカットしますので、任意の数値をひとまず打ち込んでソフトを操作します。
● 袖口寸法「架空の数値」の意味・・・これも同じ理由です。




自動で引くとこんな製図ができ上がります。


キャップスリーブの袖口線を下図の様に記入します。(追加ラインを分かり易くする為に青色線で記入しました。)袖山のカーブライン上の3~5cmの位置に点を作り、(CAD操作では「線上点」機能を使用します) 適度な袖丈を決めてカーブで袖口を描きます。袖丈は袖山の高さ程が適当かと思いますので、製図内の案内線(破線)の交点で決めてみました。


余分な線をカットして仕上げます。(下右図)



以上で製図はでき上がりです!




パタピッ 製図で ステキなファッションの創造を楽しみましょう。


詳細は


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )