八国山だより

ノーサイレントマジョリティ!ごまめの歯ぎしりといえど、おかしいと思うことはおかしいと自分の意思を発信しなければ

検察審査会 小沢一郎氏「起訴相当」と議決←小野寺氏の予想通り、やはりそうきたか

2010-04-27 19:36:16 | 政治

小沢一郎氏「起訴相当」と議決 陸山会事件で検察審査会
朝日新聞 2010年4月27日15時 37分

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、東京第五検察審査会は27日、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で告発された小沢氏を東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)とした処分について、「起訴相当」とする議決をし、公表した。

 特捜部は今後、再捜査して再び処分を出す。昨年5月に施行された改正検察審査会法では、再捜査の末に再び不起訴としても、それに対して審査会が2度目の「起訴すべきだ」とする議決をすれば、裁判所が指定した弁護士によって強制的に起訴されることになる。

 特捜部は2月、小沢氏の元秘書で陸山会の事務担当者だった衆院議員・石川知裕被告(36)ら3人を同法違反罪で起訴した。その一方で、小沢氏については「虚偽記載を具体的に指示、了承するなどした証拠が不十分で、共謀は認定できない」として不起訴にしていた。

 これに対して小沢氏を告発した東京都内の市民団体が「証拠の評価が国民目線とずれている」として、「起訴相当」の議決を求めて審査会に審査を申し立てていた。

 石川議員らの起訴内容は、2004年に小沢氏からの借入金4億円で東京都世田谷区の宅地を約3億5千万円で買い、07年に小沢氏に4億円を返済するなどした収支を政治資金収支報告書に記載しなかったとするもの。特捜部は4億円にはゼネコン側からの裏金が含まれるとみているが、小沢氏側は「個人資産」と否定している。

 やはり、というのは数日前に小野寺光一氏がメルマガで「検察審査会は談合によって起訴をすることに元から決まっている可能性が非常に高い」と述べていたからだ。この検察審査会は亡国の人物が背景で操作しているとも。

 亡国の人物の関与の真偽はともかく、検察審査会の委員は無作為で選ばれた市民だとか、その市民たちが新聞だけが情報源だとすれば昨年3月以来今年1月の石川議員の逮捕まで、検察リークによる「小沢はクロ」を延々聞かされ続けていればそう思っても不思議はない。

 果たして検察の対応や如何に。「起訴」となれば2回のガサ入れまでしておきながらの不起訴というこれまでの仕事はなんだったのかということになる。不起訴となると小野寺氏によれば「検察は全資料を裁判所が指定した弁護士に渡すことになる。検察はこれを嫌がる。不正がバレル恐れがあるからである」とのことだ。

 起訴したければするがいい。公判を維持できるかということもあるが、起訴という公の場で正義面した検察が実は非合法的、反社会的組織であることを曝露することができるのではないか。

 刑務所に収監されている者でさえ治療を受けさせてもらえるのに、鈴木宗男氏の女性秘書は取り調べで子宮ガンの治療を受けさせてもらえず1年後に亡くなった、いや殺された(谷川次席検事)。佐藤栄佐久前福島知事は検察がねつ造した罪で有罪とされた。石川議員の女性秘書は民野検事によって拉致監禁された。まだある。高知白バイ事件。この数々の事実を広く国民に明らかにする機会にできるのではないか。

 検察審査会の議決は検察自らがまいた種(身から出たさび)。どちらに転んでも検察の面目失墜となるが、しっかり刈り取ってもらおうじゃないか。そして検察の改革を。旧軍需物資の隠匿を取り締まる「隠退蔵事件捜査部」として発足した地検特捜部は廃止に。

 

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 普天間基地問題 グアム(ま... | トップ | 今回の検察審査会の議決に正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事