チャイコフスキー庵 Tchaikovskian

有性生殖生物の定めなる必要死、高知能生物たるヒトのパッション(音楽・お修辞・エンタメ・苦楽・群・遺伝子)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「いのち崖の覚悟の上の恋のジゼル」

2008年07月18日 00時39分38秒 | 倒錯の世界(嗜好の微調節と微ヒョウセツ
このエントリーは「トウサク」の世界のお話です。当然に、
「変態性癖」「変態性慾」に関する内容が含まれてます。
そのてのものがお嫌いなかた、あるいは、読むべきでない、
たとえば未成年のかたや敬虔な宗教家のかたなどは、
以下はお読みにならないでください。




おなじく「宮崎」でも、M君は犯罪に、駿はその少女偏愛癖を
「世界のアニメ・ファンの夢」につなげた。
いいオヤジブリである。変態趣味も
「活かしかた次第」という好例である。いっぽう、
おなじく「宮崎」でも地方の国立大出の女優美子女史と
日テレアナウンサーの宣子女史とでは頭脳・教養・知識に
雲泥の差がある。後者はあれでも「早大出でござい」という、
きちんと早稲田に入ってちゃんと早稲田卒業した者がバカを見るほどの
無教養ぶりをウリにしてるのがステキである。ときに、
日テレの公開前カウントダウン深夜スィリーズ番組
「崖の上のポニョ……秘められた謎」で、
アズマックスや山田五郎に
「ポニョ」は「漱石」と深い関わりがある、と言わしてたそうである。
「門」の主人公「宗助」は野中の広大な敷地には住まず、
路地裏の袋路の「崖」下のささやかな家で暮らしてるのである。いっぽう、
駿の「ポニョ」では「宗介」少年が海辺の小さな町の
「崖」上の一軒家で暮らしてる、という設定なのだそうである。その少年が、
「おさかなの子」である女の子「ポニョ」と浜辺で出会う、とか。
どこが「漱石」と深い関わり、なのであろう。ただ、
「崖」と「そうすけ」だけを引いただけである。
「ポニョ」は「金魚姫」なんだそうである。
アンデルセンの「人魚姫」のモジリである。
淡水も海水も汽水もへったくれもないのである。
「くらげ」に乗ってやってきた、のだそうである。つい先日、LAで死んだ
故ジェリー藤尾だって、マジ喧嘩が強くて、ナイフを持ったチンピラに絡まれて
切りつけられながらも素手で応戦して相手をボコりはしても、
「くらげ」に乗って「遠くに行きたい」というふうには逃げ出さなかった。
城みちるだって「イルカ」に乗ってきたというのに。また、
漱石が影響を受けて「草枕」を著したという
ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフィーリア」の「背泳ぎ絵画」も
駿様は「採り入れて」るのだそうである。その絵のモデルはのちの
ロセッティ夫人だが、フシダルな亭主によってノイローゼになり、
阿片にのめり込んで悲惨な死を遂げるのである。ところで、
最近、CMなどともタイアップしてtvで流れてくることが多くなった
「主題歌」である。
*♪ソー・>ミ>ド・・ー>ソ・ソソ│<ラ<ド・<ファ<ラ・・>ソーー、ミ│
  (ポー ニョポー   ニョポニョ│さ か  な  の   こーー、が│
 <ファ>レ・●ファ・・>ミ>ド・●<ミ│>レ>ラ・<シ<ド・・<レー・●●*♪
  け  の、 う    え に、  や│ あーっ  て き   たー  )
これがサビのようである。主和音・属和音(+属7)・下属和音、という
主要三和音のみの裏打ちな単純な歌謡で大衆受けを狙ったものである。が、
この「モトネタ」はおそらく、
*♪ソ│<ドー・ー、<ミ・・<ソー・ー、>ド│
    <ファ<ラ・<ド>ラ・・>ソー・ー、<ミ│
    <ファ>レ・>ソ<ファ・・>ミ>ド・>ソ<ミ│
    >シー・>ラー・・>ソー・●*♪
であろう。脳の崩壊で他人の作や過去の自作が新たな自作と誤認してしまう、という
「マネボウ、フォー・ビューティフル・シューマン・ライフ」症状をきたして
普通の暮ラシエができなくなってしまい、
郭晶晶女史の「金盥頭に落とされ芸人のデブに負けるわけがない」発言に触発されて
ライン川にダイヴィングしたローベルト・シューマンのpf曲集
「こどものためのアルバム」の中の、
「フレーリッヒャー(楽しき)・ラントマン(農夫)」である。
シューマンにとってはまったく金魚迷惑な話である。が、この
「楽しき農夫」にもさらに「モトネタ」がある。
アダンのバレエ「ジゼル」の第1幕でのジゼルとロイス(アルブレヒト)との
「パ・ドゥ・ドゥー」である。
**♪ミー│<ファー>レ●・>ラ●<シ●│<ドー<ミ●・>ソ●<ラ●│
      >ソー<ラ●・>ソ●<レ●│<ミーーー・>ド●●**♪
女好きな遊び人の貴族アルブレヒトは「農夫のロイス」と身分を偽って
ブドウ農園の美しく気立てがいい娘ジゼルを
「ひっかけ」る目的で近づくのである。この
「Landmann(農夫)」という「鍵」がシューマンの
破壊されかかった脳の支障カブにガチャリとささり、
下垂体ホルモンの分泌を促してしまったのである。さて、
ジゼルは「真実」を知らされ、また、「ロイス」の不誠実な態度に落胆した。
もともと心臓に支障があったジゼルはショックで息絶えてしまうのである。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「ザ・ブロンクス・ズーの終... | トップ | 「チャイコフスキーの181... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久石譲は盗作家 (ノルドストーム)
2009-01-01 00:27:35
児童合唱団の指揮をしていますがポニョが上映されてから、シューマンの楽しき農夫をラーで歌わせると必ず何人かが酷似したポニョのほうを歌ってしまい練習に支障をきたしています。迷惑な作品創るな!と久石譲に言いたい!
「芸名がパクリ」 (passionbbb)
2009-01-01 18:12:03
であることは確かなようですね。
「ポニョの歌」が盗作か倒錯かは、
私の知るところではありませんが。
いずれにしても、紅白歌合戦に
嬉々として出てきて「指揮」するなんて、
神経が細いのうとは言えなそうですね。

コメントを投稿

倒錯の世界(嗜好の微調節と微ヒョウセツ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事