パソコン教室パソネット ~楽しいパソコン・スマホ・タブレットの世界へ~

熊本市中央区水前寺にある初心者・シニアの方向けのパソコン・スマホ・タブレット教室パソネットのブログです。

バイオコート紙のA3カレンダー(熊本水前寺教室編)

2011-11-15 | 受講生作品

本日3つ目のブログです。

先日「バイオコート紙でA3カレンダー作成」を開催しました。
講座は2回で作り方を学習しましたが、その後、印刷するカレンダーを
自分自身で家で作ってくる!という課題を出していました。

その第1弾が完成です!!

バイオコート紙と言うのは、どこのお店にも、どこの事務文具店にも、
どこの紙屋さんにも売っていない、パソコープ加盟教室だけが
取り扱っている用紙なのです!

どんな用紙か? と言うと・・・


↑キラキラしているのが、分かります?
 この写真は、「金小粒」のバイオコート紙です。
 以前ブログで紹介した横浜桜木町教室のものが「金大粒」です。

今回、横浜「金大粒」、熊本「金小粒」で印刷しています。
来年は逆にしますね!

このキラキラと質感、やっぱり豪華ですね~!!



というわけで、表紙~12月分までの完成第1号です!!!



用紙サイズが「A3」なので、やはり迫力がありますね^^
この写真のカレンダーを作られた方は、「応接間に飾ろう!」とおっしゃってました!!



ちゃんと壁に掛けるように、グルグルリング付き!!

カレンダーは毎日見るものなので、毎日自分で作ったものが目に入ると、
これまた気分も最高ですねーーー!!!


(パソコン教室パソネット 熊本水前寺教室 平林拓未)

コメント

特選①コース:封筒を作ってみました

2011-11-15 | 受講生作品

もう2~3週間前になってしまいましたが、
特選①コース、今回は「封筒」を作りました!

今回は、ただの封筒ではありません!!!

封筒の模様(図柄)を、スキャナを使って読み込んでみました。
読み込むものは、ハンカチの模様や千代紙の模様など、
原稿台(スキャナのガラス面)に載せることが出来れば何でもOK!








「まだブログに載ってないよ~!」というお声を多数いただきました。
皆さん、いつも見て頂いてるんですね^^ ありがとうございます!
って、今度は顔に何が付くかが気になるようですが・・・

ハイ!出来上がった作品紹介です^^







人それぞれ、いろいろな柄がありますよねー!
これぞ、一筆箋・メモ帳に次ぐ、完全に世界に一つだけの作品です!
(普段、派手な配色が好みの方は、今回も派手な柄ですねーー^^)

この時期なので、「お年玉」が多いですね!
その他、お礼・お見舞いなどなど・・・

お年玉は、中身が大事なんです! という意見が圧倒的多数(笑)
中には「お年玉をあげる人がいない」という方もいらっしゃいますが、
あげる人はココにいるじゃないですか! ココです!ココ!!
(教室に受付箱でも準備しようかな^^)


(パソコン教室パソネット 熊本水前寺教室 平林拓未)

コメント

【連載:パソコン選び】第3回:ハードディスク

2011-11-15 | パソコン

随分とブログを更新してなかったです。
10月下旬からちょっとバタバタしてまして・・・

さて、久々の更新は連載・パソコン選びです。
今回は第3回「ハードディスク」です。

まずハードディスクの役割についてです。
パソコンって、電源を入れたら「ウィンドウズ」が起動しますが、
なぜウィンドウズが起動するのでしょう?

それは、パソコンのハードディスクと言う装置に、
ウィンドウズのシステムファイルが記憶されているからです。

そう、ハードディスクは「記憶装置」なのです。

記憶するものは、ウィンドウズのシステムファイルのほか、
ワードやエクセル・筆ぐるめなどのアプリケーションソフトや、
さまざまなアプリケーションソフトで作って保存したファイル、
デジカメから取り込んだ写真など、ありとあらゆるものが
この「ハードディスク」に記憶されているのです。

なので、とても重要な装置の一つであるのです。

パソコンを購入する際、このハードディスクの記憶容量を見てみましょう。
表記としては、「HDD 320GB」とか「HDD 500GB」といったものがあります。

「HDD」は「ハード・ディスク・ドライブ」の略です。
その後ろの数字は、記憶できる容量を表しています(GB=ギガバイト)。

私がパソコンを始めたころは、「100MB」のハードディスクが10万円ほどでした。
(MB=メガバイト、GBになおすと、1000MB=1GB)

どのくらいの記憶容量が必要なのでしょう?
それは人それぞれです。
まず、普通に使う分には、250GB以上あれば十分だと思います。
ただ、パソコンでテレビ番組を録画するといったことをする場合は、
録画にはかなりの容量が必要ですので、1TB以上はあった方が良いでしょう。
(TB=テラバイト、GBになおすと、1TB=1000GB)

これまでたくさんのパソコンを見てきましたが、
この記憶容量がいっぱいになっているものを見たことがありません。
というより、いっぱいになる前に故障することが多いです。

そう、このハードディスクっていうのは、あらゆる情報が記憶されていますが、
故障もしやすい装置なのです。
この装置は振動に弱いので、パソコンの電源が入っている間は、
パソコンをむやみに動かしたり、たたいたり、傾けたりしないようにしましょう。
(それを注意していても、壊れるものは壊れますが・・・)
なので、定期的なバックアップが必要なのです!
「たくさん写真を保存してたけど、壊れた!」となってしまうと、
その保存していた情報は全て無くなってしまいます!!

パソコン購入を検討される際、「国内のメーカーがいい」ということを良く聞きます。

前回のCPU,メモリもでしたが、ハードディスクも、作っている会社は限られています。
国内メーカー・海外メーカー、どこのメーカーも、中身を開けてみると、
ハードディスクのメーカーはどこも同じものを使ってますね~!
なので、あまりパソコン自体のメーカーは関係ないのです。
これからパソコンを購入される方は、国内メーカー・海外メーカー、
どちらも変わらないんだな~と思って頂き、あとは見た目の好みで決めましょう!
(故障修理時のサポートも、国内・海外、どちらのメーカーも変わりません。)


次回は「キーボードとマウス」についてお伝えします。
(12月になるかも・・・)


コメント