パソコン楽習館スタッフブログ

初心者・ミセス・シニアのためのパソコン・iPad・スマートフォン教室
埼玉県本庄市 パソコン楽習館

熱中症と「設定温度」と「室温」

2018年08月09日 | スタッフのひとりごと

 台風一過でまた暑くなりましたね。昨日までの気温がうそのようです。
台風の影響で、お休みになったクラスがあります。後日振替となりますので、担当の先生にご確認ください。


 今年は猛暑日が続いているため、熱中症になる方が多いと聞いています。いつでもどこでもだれでも条件次第で熱中症にかかる危険性があります。
そこで、予防と対策を知ることが重要だと思います。

●まずは、ニュースでもよく聞きます「水分をこまめにとる」。喉が渇いていなくともこまめに水分補給することです。
とはいえ、水分だけではなく、適度に塩分もとりましょう。大量の汗をかく時は、特に塩分補給が必要です。スポーツドリンクや、熱中症対策飲料水などが効果的です。ただし、高血圧など、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、相談の上指示に従ってくださいね。

●睡眠も重要です。暑くて寝苦しい時は、エアコンや扇風機を適度に使用し、睡眠環境を整えましょう。
●バランスの良い食事をとることも大切です。
●冷却グッズを身に付ける。 冷却シートやスカーフ、氷枕など。首元などの太い血管が通っている所を冷やすと効果的です。

環境省の熱中症注意情報「暑さ指数」など参考にしてくださいね。

●クールビズ
という言葉を聞いたことがあると思いますが、環境省が推奨するエアコン冷房時の室温の目安は28℃だそうです。
28℃。実はこれがクセモノで、7割以上の人が室温ではなく「空調の設定温度を28度にする」と思っていた、という記事がありました。

どういうことかと言いますと、エアコンの設定温度を「28℃」にするのが正しいと思っている人が多いという事です。
「設定」温度と「室内」温度は違います。
室内の温度を28℃にすることが望ましいそうです。

家庭や職場によっては、西日が当たるとか、午後は壁が暑くなるなど、エアコンの設定温度を28℃にしていても、室内はそれ以上の気温だったりするのです。
ご家庭や職場で、今一度室内温度を確認してみてくださいね。

 

スタッフの郡司でした

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 画面を見やすく | トップ | はにぽん玄米リゾットカレー味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スタッフのひとりごと」カテゴリの最新記事