パソコン楽習館スタッフブログ

初心者・ミセス・シニアのためのパソコン・iPad・スマートフォン教室
埼玉県本庄市 パソコン楽習館

上書きモードと挿入モード

2019年10月03日 | スタッフのひとりごと

 この間の授業にて。
突然、、、
「先生!文字入力すると消えます!」
「え???」
よくよく聞くと、「文字と文字の間に入力すると、これまであった文字が消える」という事でした。
生徒さんにとっては不思議な現象だったと思います。

こういうことです。

通常文字を入力するとこうですよね。

 

間にカーソルを移動して・・・

追加文字を入力するとします。(ここでは「かきく」)

普通はこのようにカーソルのあるところから文字を追加することができます。

 

ところが・・・カーソルを移動して文字を入力する、までは同じ。

【Enter】キーを押すと・・・さっきまであった文字「うえお」が消えた!

という訳でした。

 

「それは上書きモードに切り替わったからですね」と説明。
消える=上書きでした。

これはキーボードの「Insert」キーを偶然に押してしまったからなのです。ノートパソコンでは「Ins」となっている場合もあります。

 

解除するには、「Insert」キーを押せば戻ります。

またはステータスバーに入力モードを表示してクリックします。
(初期設定では入力モードが表示されていません。Word2016の場合)
ステータスバーに表示する方法
ステータスバーの上で右クリックし、【上書き入力】をクリックします。

【上書きモード】がステータスバーに表示されているなら

クリックすれば【挿入モード】に戻ります。

 


常に「挿入モード」にすることもできます。
【ファイル】タブの【オプション】をクリックします。

【詳細設定】をクリックし、【上書き入力モードの切り替えにInsキーを使用する】のチェックをはずして【OK】をクリックします。

これで偶然に【Insert】キーを押しても上書きモードになりません。

 

・・・実は、私、よくやっちゃうんです。上書きモード。ウフフ(笑)

 


スタッフの郡司でした

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 計算機 | トップ | 動物が目の前に現れます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スタッフのひとりごと」カテゴリの最新記事