Niwa niha Hana (庭には花)

Myガーデン(ベランダ)や花壇の花たちの写真です。

3日目 サロベツ原野

2006年06月18日 | 地方へ旅行
 湿原で風に揺れる センダイハギ 


天売島から フェリーで羽幌港に戻り、バスで一路 北へ向かいます。
目的地は サロベツ原野 (サロベツ湿原)

広大なサロベツ原野で 最も大きな パンケ沼 
湿原には、探索路が用意されており、野鳥と植物を観察できる原生花園です。
さっそく 野鳥観察です。 お目当ては 珍しい ツメナガセキレイ


なんと 雄大なながめ! いろいろな 野鳥  が囀っているよ。
あたり一面の緑と花、さわやかな風~ とっても すばらしいところです!
 1日中のんびり  していたいなぁ・・・


凛と咲く ノハナショウブ  (クリックで拡大します)


サロベツ原野(湿地)について

幌延の西に広がるサロベツ原野 は、 枯れた植物が分解されず堆積してできた「泥炭」が広がる湿地で、そのほとんどが湿原です。
面積は7000haと日本では4番目に大きく、利尻礼文サロベツ国立公園 に指定されています。
蛇行する川、大小の沼、野鳥やエゾカンゾウをはじめとする50種類もの花々など豊かな自然に恵まれています。 
平成17年11月にラムサール条約 (特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約) 湿地に新規登録されました。

 ● 幌延町ホームページへ

  こちらも見てね。 ベルルの 北海道探鳥会

ノハナショウブ(野花菖蒲 Iris ensata var. spontanea)は、アヤメ科アヤメ属の多年草。
北海道から九州に分布し、各地の湿原あるいは湿性の草原に生育する多年草。
Myワード : 菖蒲(アヤメ)
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 3日目 天売島の朝 | トップ | 3~4日目 朱鞠内湖 (しゅ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地方へ旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

サロベツ原野から朱鞠内湖、ウトナイ湖へ 探鳥 (パそぼとベルルのあれこれフリーク)
☆ 初夏の鳥に会いに 北海道 へGO  続き       旅行中の 花の写真 はこちらを見てね (すべて クリックで拡大します)    日本野鳥の会東京支部 北海道探鳥会 の行程 3日目は、サロベツ原野(湿原)へ ☆ 今回会えた主な野鳥は、 ...