ぽっかぽか

お出かけして写した写真とおしゃべりを

3/14_山野草園

2017年03月18日 | 直方(福智山ろく花公園・他)
↓キクザキリュウキンカ…キンポウゲ科の多年草。
3~5月ごろ、直径3~4cmの光沢のある黄色の小さな花を咲かせます。
花びらは6~8枚、ただし花びらに見えるのは 萼片です。



葉はハート形。梅雨のころには葉は消失し、9~10月ころ再び葉が出ます。
日本のリュウキンカは湿地や川べりなどを好みますが、
キクザキリュウキンカは山地など普通の土壌でも育ちます。
別名、ヒメリュウキンカ(姫立金花)



↓クリスマスローズ…ハナズオウ科の多年草、
原産地はヨーロッパからアジアにかけて。
寒さに強く、クリスマスのころから2,3月まで、
バラのような花をつけることから 、その名がついたといわれます。



ただし原産地のヨーロッパでは、
クリスマスのころから咲くニゲル種のみをクリスマスローズと呼び、
3月ころ咲く遅咲き種はレンテンローズと区別して いるそうです。



日本には明治初期に渡来したそうですが、
厳寒の大地に雪の重さをはねのけるように咲くことから、
「雪起こし」の別名があるそうです。
花びらに見えるのは実は「がく片」で、
本来の花びらは退化して蜜の出る蜜管になっています。



↓バイモユリ
バイモユリは、フリチラリアの仲間で、中国原産です。
花がうつむき加減に咲きます。
日本へは300年ほど前に薬用植物として渡来しました。
乾燥させた鱗茎は「貝母(バイモ)」と呼ばれ、
咳止めや痰切り、止血、催乳などに効果がある生薬として利用されます。



褐色の網目が花弁に入るところから
アミガサユリ(網笠百合)の別名がついています。


福智山ろく花公園のHPの説明文を転載させていただきました。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ユキワリイチゲ | トップ | 花公園のアプローチ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (のびた)
2017-03-18 14:52:32
リュウキンカの黄色 何か良いことがありそうな 幸せの色ですね
開花期も長そうですね
こんにちは (ひととき)
2017-03-18 16:45:41
リュウキンカは印象的な黄色で素敵ですよね♪
初めて見たときのことを思い出しました。
お日さまを浴びようとしているのか横からの姿もいいですね。

クリスマスローズもシベまで綺麗に撮れて素敵です♪
蕾が沢山ついて、まだまだ楽しめますね。
のびたさんこんばんわ (らんたな)
2017-03-18 23:53:49
黄色い幸せのハンカチじゃないけど、黄色は幸せを運ぶ色かなって感じます
明るい日差しを連想するせいかも~
リュウキンカ、、、久しぶりに沢山のお花に会えてうれしかったです
ひとときさんこんばんわ (らんたな)
2017-03-19 00:08:13
ここは、お花たちが木の間から差し込む優しい光に包まれている場所でしょうか
お花の表情も優しくみえます
クリスマスローズは大好きなお花、、、いつも下を向いているので
なるべく明るく写したいなと思って(^^;
まだまだ楽しめそう、、、だけど遠いのが玉に瑕!

コメントを投稿

直方(福智山ろく花公園・他)」カテゴリの最新記事