(前)神戸市会議員♪伊藤めぐみのチャレンジライフ

神戸の政治を前進させるために全力投球しています!
いつでも、あなたの目線で考える、めぐみ豊かな街づくり!

特別支援学校の生徒の就労支援

2013-02-20 20:50:32 | 活動記録

今まで、特別支援学校を修了した生徒たちの進路は限定されたものでした。

神戸市では今後「就労支援」に特化した=力を入れた特別支援学校高等部を

めざしていきたいとの教育長の想いがあり、今日は障害者就労では

第一人者でいらっしゃる社会福祉法人プロップステーションの竹中ナミさんの

講演を聴かせていただきました。

プロップステーション公式サイト  http://www.prop.or.jp

「生きる力を育み、働く喜びを学ぶ」~一人一人の輝く進路を目指して~

と題したお話の中で、印象に残ったことを記しておきます。

☆障がい児の周囲をみると、お世話をするプロに囲まれていることがあっても

自立を支えるプロには囲まれていなかった現状

☆支える人、支えられる人の二つに分かれてしまうが、支えられている人=

障害者が、支え手にもなれる社会をめざしている

☆製菓の作業所では、障害者や現場のレベルに合わせることが求められているが

プロップステーションでは超一流のパティシエや料理人に教えてもらうという

「神戸スウィーツ・コンソーシアム」に取り組んでいる

☆大学で学べるように、資格取得できるように、企業の障害者雇用率の達成だけではない

多様な働き方ができるように、チャレンジド(障害者)がTAXPAYERS(納税者)に

なれる日本へ。

アメリカに比べてまだまだ法整備がされていない。

日本人は情の深さがあるので、障害者に対して「かわいそう」と同情してしまいがち。

でも「かわいそう」と思った瞬間に、差別が始まる。ではかわいそうをなくす

仕組みをつくっていけば、障害者だけでなく、個別事情で多様な働き方を選べる

社会になっていける。

などなど、、あっというまに時間がすぎて、今までの自分の考え方がいかに浅かったか

気づかされました。

一口に就労支援といっても、もっともっと多角的な提案が出来ていけばいいなと

思いました。今後の神戸市の取り組みへとつないでいけるように努めていきます。 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage はこちらです
 → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 神戸市は委員会質疑でパソコ... | トップ | 本年度で定年退職を迎える教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動記録」カテゴリの最新記事