(前)神戸市会議員♪伊藤めぐみのチャレンジライフ

神戸の政治を前進させるために全力投球しています!
いつでも、あなたの目線で考える、めぐみ豊かな街づくり!

若者交流会in尼崎~子育て世代の気持ち~

2013-04-20 22:23:22 | 活動記録

民主党兵庫県連の青年委員会では、今年度栗山委員長の下、精力的に活動を展開する予定です。

今日は若者交流局の1回目の交流会という企画で、尼崎市塚口で意見交換をさせていただきました。

私は15年間尼崎市に住み、この塚口で子育てをしておりましたので

当時幼稚園のPTA役員でご一緒した方々にお集まりいただきました。

和やかな雰囲気の中、兵庫県で現在の中2の学年から適用となる学区再編の話から、

小学校高学年になると40人学級となり、学力に差がありながらも一斉授業となっていることの弊害や、

発達障がいについて保護者や地域の理解を進めるための行政からの啓発活動の必要性、

学力としつけの話、公立と私立の指導の違いなど、日頃から思っていることや

子育てを通して地域の子どもたちを見ていて思うことなど、たくさんの課題、

ご意見を聴かせていただきました。

ご参加くださいましたみなさまありがとうございました。

設定した時間ではとても足りないほどでしたが、日頃私たち議員も必要性を実感していることとも重なっていて

今後も子育て世代からの要望としてそれぞれの議会でも取りあげていきたいと思います。

本日は神戸市会2人、尼崎、伊丹、加古川の各市議会、兵庫県議会の議員が参加しました。

高校の学区再編では、地域ごとに各学校が特徴を持った教育で生徒を獲得しながら、

生徒の偏りが激しくならず、競争が激化しないようにし、

また希望する生徒が公立高校へ進学できるように、県の高等教育の大転換期に

不公平のないよう、進路保障がされるように注視していかなければなりません。

すべての子どもたちが、自分に合った教育を受け、社会性を身に付け、

保護者の協力のもと社会で働く大人になっていくようにとの思いで、本日の交流会を終えました。

今後も交流会を通して、民主党兵庫県連青年委員会として

みなさんのご意見を積極的に聴かせていただきたいと思います。

 

 阪急塚口周辺でのバルが催されていました。またゆっくり訪れたいと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
伊藤めぐみ Official☆Homepage
はこちらです → www.itomegu.com/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックで応援してください。
こちらを ↓ ポチッとクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 神戸ハーバーランドの復活を... | トップ | 民主党の青年委員会から朝の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動記録」カテゴリの最新記事