PARS 松戸東口店

http://www.parshair.co.jp

最近想うこと

2016年01月15日 20時28分40秒 | 白石 智央
相性の良い美容師さんに 巡り会えないわぁ~!

いつ美容院に行っても 満足したことがない(涙)

美容師なんて 私の希望通りにしてくれた経験すらない。



こんな感じで どんどん美容室嫌いの人が増えていってる気がするんです・・・



美容師と お客様との 相性

これは 難しい問題ですね。。。



人としての フィーリングが合う




ただ 美容師とお客様という関係性になると
美容師の本来の仕事である

お客様の 髪を綺麗にする

ここの部分も必ず 必須項目になると思ってます。。。



もし

話も合うし とても仲良くなれた美容師さんでも
あまりにも その美容師さんに 作られる髪型が
お客様の好みと かけ離れていたり

一回の施術で 髪の毛がボロボロになったら どうですか?



これも 相性が良いとは言えないですよね。。。





相性の良い美容師と巡り会えるために!美容室での 失敗を防ぐために

皆さんに 知ってほしい事





最初にしっかりと理解してほしいんですが、たぶんほんの少数の方向けになってしまうと思うんです。



この記事の冒頭に書いたような



相性の良い美容師さんに 巡り会えないわぁ~!

いつ美容院に行っても 満足したことがない(涙)

美容師なんて 私の希望通りにしてくれた経験すらない。




そう思ってる人だけの お話です。。。





美容室恐怖症 美容室嫌い 美容師不信 の
一部のお客様だけに向けて書く内容なので
誤解を生んだり するかもしれませんが。。。





そんな美容師嫌いのお客様が 結果的に一人でも
相性の良い美容師さんに 巡り会えて良かったわ~!
って 思ってもらえば いいと思ってます。

相性ってのは 一方通行じゃ ダメ!


相性(あいしょう)とは、
二人ないし複数の人間が各々持つ性質や性格が
合うかどうかのことである。

転じて、機械部品などの物に対しても、
組み合わせが良い・悪いという場合に
相性という言い方をする場合がある。

(ウィキペディアより)





お客様と美容師の 相性とは

お互いの 美容の技術や 人間性が

合うかどうかだと思います。






しかも これは 一方通行ではいけない。

絶対に お互いの というお話なんです。。。





相性の良い美容師が見つからないわぁ~!
っていう人は ここが
一方通行になってる場合が多いですよ。



一方通行じゃ 相性とは言えないですよね~。



この一方通行っていうのは
美容室で考えると
お客様と美容師の
意識や認識の違いから起こることなんですよ~。



今日は そこを説明していきますね。







美容室は 物を売るような 販売店 ではないんです!




それでは ここからは たとえ話をまじえて進行してみますね



たとえば 洋服屋さん

皆さん 好きな服のブランドがあるとしますね

そのブランドのショップに出かけ
自分の好きな 服を購入する。





当然 そのブランドが好きなので
そこの店員さんとも センスや
フィーリングも合いやすいし 話も合うから
仲良くなるのも さほど難しくないはずです



お気に入りのサロンや美容師さんを見つけてる人は
だいたい これと同じような感じですね。。。



ヘアサロンの雰囲気やその美容師さんのテイストと
お客様の好みの髪型が ぴったりしてたら
当然ながら そのサロンの美容師さんとも相性は良く
フィーリングや センスも似てたりしますしね。





ここで 洋服と 髪型の違い



普通の洋服(既製品ね)っていうのは

すでに 商品が完成されていて
 それが 気にいるかどうかってことですよね?

洋服なら 試着してみて 似合っていたり
気に入れば 購入するって感じですよね?





でも 美容院では ここが違います



髪型 という商品は 既製品ではないんです!

オーダーメイドの洋服に近いんです。。。




そもそも 美容室には 既製品というもんが存在しません。
お客様の素材(髪の毛)を 切ったり 形状変えたりして
その場で 作っていかなければ いけないのです。

美容師の仕事っていうのは
既製品を販売することはできません。

洋服でいうと 仕立て屋さんのように
お客様の髪という 布(素材)で
オーダーメイドで 作っていくようなもんなんですよ。



すでに できあがってる商品なら
それが気に入れば いいだけ



たとえ すごく気に入ってるブランドの服でも
これは 私にはちょっと違うなぁ~~
ってのも ありますよね!?

出来上がってる 商品を見て、試着して購入できますからね。



美容室で購入する 髪型という商品 はここが大きく違います。





たとえば ヘアカタログを見て
このヘアスタイルにしたいな~~!
そう思ったとしても
すべての人が 同じ髪型にするのは難しいんですよね~。

頭の形から髪質、ヘアダメージなど
みんな それぞれ違いますから。



美容室で購入する 髪型という商品は

洋服や 他の一般商品のように

すでに出来上がっている 完成品 ではないんです。






まず お客様に 知って欲しいこと




ヘアサロンでも たとえばヘアカタログを見て
気に入った髪型をみつけ オーダーする

すると 確実にその髪型になるのなら問題は無ですよね。



カタログショッピングのように

同じモノが手に入ればね♩






だが 美容室で髪型を購入する場合はこうはいかないんです。

なぜなら そこには
 髪質やダメージがあるから。

ここまでは 理解していただけましたでしょうか~!?





そして ここで 知らないといけないのは



髪質やダメージ具合など

そのお客様の 素材

がとても重要だということ






また 洋服屋さんで たとえると

美容室っていうのは
服屋さんでいうと

オーダーメイドで
服を作ってくれるようなトコ。



ここでいう 素材というのは

生地 ってことですね。。



服の生地なんかは 綿や羊毛などから
ポリエステルやレーヨンなど 化学繊維まであります。





では もし仮に

あなたが ニットに使うような
柔らかいウールの生地を指定して

こいつで パリっとした
スーツを作ってください!





って オーダーしたとする・・・



こんな 生地で




こんな スーツ






まともに



作れませんよね(汗)







多分 皆さん理解できたとおもいます!?

でも 現実に ヘアサロンでは
このようなリクエストが非常に多いんです!



たとえば 髪の毛が細くて柔らかい人は
もっと ボリュームが欲しいから
そんな感じのヘアスタイルを希望しますし

髪の毛が多くて広がりやすい方は
タイトですっきりした髪型が好きだったり





たまに 私も夢みるんですが

髪質を変化させれる
魔法使いになれればな~ ってね。



ただ これは 夢物語











服をオーダーするのなら
生地を選ぶときにも
アドバイスはいくらでも出来ます。

この生地では こんなスーツは出来ません!
なんて場合でも 違う生地を選んでもらう事も出来ます。



ただ ヘアサロンの場合はここも違います。



生地は すべてお客様の

持ち込み(笑)







今 目の前にしている 素材(髪)で

その お客様の 希望する

髪の長さ フッション(髪型)の好み

自身の普段のお手入れ方法などを考えると

ベストな髪型は かなり限定されてしまうんです!






つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

白石 智央」カテゴリの最新記事