PARK'S PARK

パクのお庭にようこそ。環境問題、ロハス、バイオ、空手、映画、多言語など情報満載です。少々硬派な内容を目指します。押忍

教員早期退職は年に1万2千人!

2010年07月21日 | 世の中を良くしたい!

●7/20の朝日新聞によると《公立の小中学校で定年前に早期退職する教員が全国で毎年1万2千人を超えていることが分かった。
この数字は文部科学省では把握しておらず、実数が明らかになったのは初めて》との事。



■まず、情けないのはこの実態を、教育委員会がつかんでいなかったと言う事。
現場にいれば、教員の早期退職が多いという異常を身をもって感じるはずであり、その実態を把握し、対策を打ち出そうとするのが“仕事”だと思うのです。
どう傍から見ても、教育委員会というところは、碌でもないことはするけど、肝心なことはやっていない気がする。
仕事量が多いのなら、事務員の数を増やして対応すべきでしょう。
日教組との同化で、組織のことばかりに頭を痛めているのでしょうか?

◆次に、この不景気にあって、安定した公務員の立場を捨ててまで、退職しようとする理由について考える。
よく言われるように「先生になるのは優等生のひ弱な人物」だからでしょうか?
それとも、よほどストレスのたまる職場なのでしょうか?
民間人である私からみると、一般企業の社員のストレスは並大抵ではなく、教員の負荷だけが特別に大きいとも思えない。

★学校の乱れは一時期の“荒れた時代“は過ぎ、生徒に対するストレスは減ってきているように見える。
しかし、“モンスター・ペアレント”などの理不尽な要求に頭を痛めるのは想像できる。
また、職場の人間関係の軋轢もあるとは思う。

※教員は、親からの苦情や、様々な雑務作業を軽減し、“教育に専念”できるようにするべきだと思う。
30人学級より、クレーム対策室の設置や、営繕専業(昔で言えば“用務員”)スタッフを充実すべきなのかな~?
子供手当てなどの“バラマキ”は、どこに消えたか分からない。
それより、上記のような部分に経費をつぎ込み、教員の負担を減らすべきなのでしょう。

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素人判断 (てら)
2011-01-22 20:19:13
ほとんど中身のない提案と思えます。

≪一時期の“荒れた時代“は過ぎ、生徒に対するストレスは減ってきているように見える。≫
上記はまったく子供の内情を理解していない恥ずかしい発言ですから消されてはどうでしょうか。
 
あなたの提案をお願いします! (管理人)
2011-01-23 14:27:02
”てら”さんへ
私は教育関係の人間ではありませんから”素人判断”と言われても仕方が無い立場ではあります。
しかし、第3者から、どのように見られているかは、非常に大切なことであり、それを単に”消されてはいかがですか”と切り捨てるのは乱暴であると考えます。

まず、てらさんはどう言う立場の人間であり、教育現場の現状はこれこれであると説明してから議論を展開するのが礼儀であると考えます。

さらに、この問題に対する解決策を提案してこそ、教育問題の解決につながり、日本の未来を変えていく行動になると考えますが、いかがでしょうか?