パリDEアパート~パリ通信~

パリDEアパートのパリ現地スタッフが送る、パリの日常を書き連ねた日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パリお馴染みのデモ行進

2012年04月22日 | パリ・イベント
パリお馴染みのデモ行進

とても良い風が吹き始めた春先、パリの街は多くの人々が溢れ出してくる。
賑やかないい季節です。

そんな中パリ12区と20区の境の大きな駅Nationで用事を済まし、天気良いし次の目的地バスティーユに向けて歩いて行く事が決定。
Nationの広場からバスティーユへ向かう道に入るところで、まず警察の車が多数広場に入ってくる、続いて笛の音や太鼓の音が聞こえてくる、、、やがて人々の合唱が混じって、更にノリノりの音楽がバックにこだまし始める。
来ました来ました!黒人の方々の超濃い団体が!!色は濃いし、声も濃い、濃~い雰囲気の中民族衣装が実に鮮やか!
パリお馴染みのデモ行進です。



スピーカーの大声が叫ぶ、続いて回りの群集が合唱する!太鼓が打ち鳴らされる、音楽が響く、、、実に賑やかで楽しそう。
が、これはお祭りではなく、結構真剣に自分達の正当な権利を主張する行進である。
屋台的にソーセージ焼いてたり、肉焼いてたりしてますが、、、。



色の濃い黒人達が多かったので、中央アフリカ系の移民たちの行進だと思える。
となると、市民権や労働環境への訴えではないかと推測できるが、スピーカーの音にノイズが混じりすぎてよく聞き取れない、、、音楽の音量もすごいし、、、音楽下げてスピーカーでの演説を聞き取りやすいようにすれば良いのに、と思うが、そんな効率的なことは彼らには通じないだろう。

しかし、彼らのような人々は実にはっきりと意見を言う、これはよく決定的な意見を求められて濁してしまう我々日本人にはあまり無い事だと思う。
少なくとも自分にとっては、良くも悪くもはっきり自分の意思を意見にして発する事が出来る彼らが羨ましい。
「お前、それは全然違ってるよ、いやいやありえないよ!」ってなぶっ飛んだ意見も心底真面目に言ってくるやつもいたりして、これはこれで結構面白い議論になる。
例えば:
「水は上から下に流れるんだよ」自分
「いやいや、日によっては下から上に流れる事もあるんだよ」相手
「はっ!?下から上に??無いだろ、、それに日によってはって何だよ?」自分
「それは分からないけど、時々は逆になるんだよ」相手
「何だよ、理由も分からないのかよ!地球には重力があるだろ!下から上に流れるわけ無いだろう」自分
「ああ、そうか重力な、、、」相手
「だろ!考えるまでもないだろう?」自分
「いや、でも時々はあるんだよ、下から上に流れる事が!」相手
「いやいや!お前今一瞬認めたろ!だからあ、、、」自分
「いや、認めた訳じゃね~よ、、、、」
・・・・・・・・・・
と、内容は極端な例えだが、このように全く話が先に進まず繰り返される事が多々ある、これは暇な時は面白いが、急いでる時や重要な用件での話し合いだったりしたら、実に大変、、、。



フランスで、社員を解雇するのは、ものすごく大変らしい、どこからどのように見てもそいつに解雇される原因がある場合でも、ビシッと反論してくるらしい、、、労働者が強く守られてるってのもそれに輪をかけてるのだろう。

しょっちゅう止まるメトロ・故障が多いエスカレーター・私用の電話を延々とこなして延々とお客を待たせる受付・工事日程を当日に破る業者・高い確率で届かない郵便物・作業や仕事が遅れてるのにバカンスに飛ぶ人たち、、、こういうのを書き出したら本が出来るかもしれない、、、が、それでも彼らはストライキをする、、、もっときちっと働いてからストしやがれ!と思うが、まあ、これも文化なのだろう。
もちろんほんとに劣悪な労働環境に関してのデモやストライキもある。

どちらにしろ、自分の意思をはっきりと自信もって表示できる彼らを羨ましく思うし、ある程度見習わなければと思いますね。


コメント   この記事についてブログを書く
« 凍てつくパリ!ついに凍った... | トップ | パリの公園でゆる~い時間を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パリ・イベント」カテゴリの最新記事