パリDEアパート~パリ通信~

パリDEアパートのパリ現地スタッフが送る、パリの日常を書き連ねた日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パリ建物外壁工事中を覆う壁の巨大広告や絵画が面白い!

2012年11月18日 | パリ・イベント
パリ建物外壁工事中を覆う壁の巨大広告や絵画が面白い!

J’adore Dior、、、直訳すると「私はDiorが好き」、パリの中心セーヌ川をシテ島に渡った先にドカ~ンと見えるのは、Diorの広告。



確か、お役所関係の建物だったと思うが、そこの外壁改装工事を覆った壁の側面にドンとDior。
パリでは、大きな建物の外壁を工事する時、外壁自体を簡単な壁で覆う事が多い。パリの古い建物は石造りが多く外壁工事時の粉塵が半端じゃない!
その壁に絵を描いてしまうのが、パリの面白いところですね。
元の建物と同じ絵柄(警察署や美術館はこのタイプが多い)、職人が壁を工事してる絵柄(これが、結構リアルに描かれてたりする)、元の建物と全然関係の無い絵柄(やたらホンワカした物が多い)、などなど実に様々、そして広告看板。



パリ中心のこの巨大広告は、絶対に目立ちますね!
一体ここに広告を載せるにはいくらかかるのか興味ありますね。
多分審査もあるでしょう、ここに吉野家の広告として牛丼がドンと載ったら、明らかに周りの外観とバランスを破壊するし、エロサイトの広告がドンと載ったら、より破壊力が上がるし、、、まあ、それはそれで面白いかもしれませんが、、、。



先日、アンバリッドに行きましたが、吹き抜けの大きな中庭の壁の一部が工事中でしたが、反対側から見た時は全然分からないほど、繊細に元の壁の絵が描かれていました、これは驚きました、、、こういう所に労力を使うのは、実にパリらしい。
パリの工事は、実に時間がかかる、、、そういう意味でも旅行者の目に付く壁の工事中の絵はとても重要なのでしょう。

夏には工事が多いので、旅行に来られた際は軽く注意してみると、案外面白い外壁に出会えますよ。


コメント   この記事についてブログを書く
« パリ1区Pont des ... | トップ | パリの寒い日、ふと心奪われ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パリ・イベント」カテゴリの最新記事