集まれ スピーカー好き!

スピーカーやオーディオに興味がある方に、いろいろな情報を発信していきたいと思っています。

PARC Audio アルミドームトゥイーターについて 2

2008年06月04日 23時03分53秒 | オーディオ

 

こんばんは。今日はアルミドームトゥイーター(DCU-T112A)の続編です。前回のエントリーで私が今までこの極薄アルミ系の振動板をどのように設計していたかをお知らせしましたが、皆さんの最大の関心事はこのDCU-T112Aはどんなトゥイーターに仕上がっているのかという事ではないでしょうか。

先ずその音質ですが、一言で言えば聴きやすいさわやかな音色でありながら、分解能が非常に高い音で、今までのハードドーム系の音とは少し傾向が違っています。一般にハードドームはソフトドームに比べ振動板の剛性が高く、高域再生限界周波数Fh(どこまで高域を再生できるか)は高くなり、歪特性も優れています。また分解能でもソフトドームより有利となっています。反面、通常のドーム形状では高域のピークが大きく出るため、少し荒いもしくはうるさい音になる場合もありました。この傾向はエッジとドーム振動板が一体構造になっているフィクスド エッジ(fixed edge)と言われているタイプでは顕著に現れることがあります。

つまりソフトドームをハードドームにすることで、得る面と失う面の2面性があるトレードオフの関係にあるのです。これに対し、極薄アルミドームの挙動は前にも書いたようにこの両者の中間的なもので私自身はこれをセミハードドームと考えています。具体的には、ソフトドームよりもいくら薄いと言っても振動板の剛性は高いので高域再生限界周波数Fhや歪特性は優れており、同時に振動板が薄いためハードドームにありがちな荒い音になりにくいのです。

話が前後しますが、実験でアルミの板厚を通常の40μくらいから最薄で15μくらいまで変化させて音の確認をしたところ、薄くなるにしたがって良い意味で振動板のキャラクター(クセ)が無くなり、音離れも加速度的に改善されていったのです。さすがに20μ以下になると費用対効果を考えるとちょっと効率が良くないので量産仕様は20μに決定しました。周波数特性だけを見ると、音質の差ほど大きな差は見られず、ちょっと意外な感じもしますが、まぁスピーカで特性と音質の差が一致しないのは珍しいことではないので、これにあまり目くじらをたてるつもりはありません。

ちなみに15μとは皆さんが家庭でよくお使いのアルミホイールと同じですから、金属というよりはフィルムに近い感じになります。まぁ15μのドームトゥイーターを作るなんてバカなことをやるのは私ぐらいの変わり者しかいないので、さすがにこのクラスの音を実際に確認しているユニット設計者は数少ないのではと思います。もちろんソニー社内でも私くらいでした。(笑)

それと重要なことが、20μくらいになると一般に流通している安価なロール材のアルミ材ではうまく成形ができません。そのためアルミ材も使用するサイズに1枚1枚丁寧に圧延して製造している特殊なものを使用しています。これがまた音質にも効いてくるんですね。でもその分材料もアルミと言えども非常に高価なものになります。
さらにこれを世界でもトップクラスの国内成形メーカーで、職人技とも言える精密加工でドーム状に成形しているのです。この成形法は社外秘ですが、1枚1枚材料のバラツキに合わせて微妙に成形条件を変えながら丁寧に成形をしています。このような事は中国ではとても出来ません。そのため、この振動板は全て日本で製造し、中国に送っています。


最近このトゥイーターとPARC Audioの各ユニットの相性についてよく質問を受けます。私の印象としては、特にこのウーファーにはこのトゥイーターといった感じで設計をしているわけではないので、これ以外の組み合わせはNGなんて言うつもりは毛頭ないのですが、それでは皆さんもまよってしまうかと思いますので、一応のガイドラインを書いてみます。ただし、これはあくまで参考程度であって、これ以外の組合せでももちろん問題なく使えますので安心してください。


先ずトゥイーター2モデルの選択についてです。

1)トゥイーターが付いてるぞ!といった感じの音が好き。
  JBLに代表されるエネルギッシュな音が大好き。

  すみません。このタイプの方にはおそらくPARC Audioの
  トゥイーターは向いていないと思います。
  他社製のチタンドーム等の購入をお勧めします。

2)とにかく柔らかくて聴きやすく気持ちいい音が好き。
  音楽を聴いてリラックスしたい。
  細かい分解能はそれほど気にしない。
  トゥイーターのクロス周波数を比較的低いところで楽しみたい。

  このタイプの方には、ソフトドームトゥイーター(DCU-T111S)を
  お勧めします。

3)柔らかい音も好きだけど、高い分解能も欲しい。
  とにかく音離れの良いハイスピードな音が好きだ。
  他社のハードドームだとちょっと聴いていて疲れるので、
  もう少し自然な感じのトゥイーターが欲しい。

  このタイプの方には、ハードドームトゥイーター(DCU-T112A)を
  お勧めします。


次はウーファーとの相性です。

1)ソフトドームトゥイーター(DCU-T111S)
 非常に素直なトゥイーターなのでどのモデルとも問題なくつながりますが、中でも相性が良いのはウッドコーン系(DCU-151WDCU-171W)です。またケブラー系(DCU-131K2、DCU-171K2)も相性は良いと思います。

2)ハードドームトゥイーター(DCU-T112A)
 これはより分解能重視派向きで、ベストな相性では同じアルミコーンを使ったDCU-131A,DCU-171Aになります。またケブラー系(DCU-131K2、DCU-171K2)もこのトゥイーターと組み合わせるとまた違った高分解能のシステムとしてまとめることが可能です。


以上ユーザーの皆様の機種選定のお役に立てれば幸いです。
では今日はこの辺で。

 

 


コメント (26)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« PARC Audio アルミドームトゥ... | トップ | PARC Audio アルミウーファー... »
最新の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ツィーターとウーファーとのネットワークを教えてください. (nhaka)
2008-06-05 23:04:45
こんばんは. いつも楽しく読ませてもらってます.

ツィーターとウーファーの相性が, とても参考になりました.

ご教授いただきたいのですが,
プアオーディオなので, JBLのJ216のエンクロージャーに
(幅254×高さ375×奥行235mm 厚さ18mm)
DCU-T111S と DCU-171W の組み合わせにしようと思っています.

このときのネットワーク(12dBカットというのでしょうか, 簡単なものにしたいと思っています)の
コンデンサ, コイルのお薦めの値はありますか?
(柔らかい音を目指しているのですが,
お薦めのメーカーももしあったら教えてください)

ではよろしくお願いします.
Unknown (PARC)
2008-06-05 23:16:37
nhaka様

ご質問ありがとうございました。
先ずNW定数ですが、誠に申し訳ありませんがまだこちらでの検証が終わってないので、現時点では公表できるデータはありません。いずれホームページで公開予定ではありますが、なかなかそこまで時間がなくご迷惑をおかけしています。

素子については、ブログでもお話したようにWF用を念頭に現在珪素鋼板コイルと電解コンデンサーの商品化に向けて鋭意努力中です。もう少しお待ちいただければと思います。どちらも今まで市場で主流だったものとは違う良さが出せるかと思います。

TW用としては、コイルは市販の空芯(あまり線径は太くなくてもOK)でよろしいかと思います。コンデンサーは、柔らかい音がお好みならEROというフィルムコンデンサーをお勧めします。たぶん秋葉原の電子パーツ屋さんのどこかで今でも売られているのではと思います。ただし、すごく高価ですが・・。
Unknown (倉田 有大)
2008-06-06 18:08:40
アルミツイーター&アルミウーハーは面白そうですね。
値段が安いのは、ソフト&ケブラーかな?
Unknown (倉田 有大)
2008-06-06 18:09:19
間違えた、ソフト&アルミですね。
今年中に一台組みたいですね~
Unknown (PARC)
2008-06-06 23:23:54
倉田 様

自分で言うのも何ですが、アルミウーファーも結構いけてますよ~。アルミウーファーの件もブログに来週くらいには少し書こうと思ってますのでお楽しみに。
Unknown (nhaka)
2008-06-07 18:17:11
早速の(というか早すぎです!)コメントありがとうございます.

初心者の質問ですいません. 珪素のコイル楽しみにしています.
たまたま, 0.5mHのコイルを大量に(10個ですが)手に入れることができまして, 直列にしていろいろ試してみようかと思っています. (磁石みたいなコアなので音質は違ってくると思いますが, 参考データとしてです).

結局, 音は個人の好み(と部屋の作り, アンプ, ソースによる)なので, 自分なりに試行錯誤していきたいともいます.

また初心者的な質問で, 申し訳ないのですが,
1) 最低限ツィーターを破損しないネットワークの値はどれくらいでしょうか?
2) JBLの箱と, SONYのSS-Aシリーズのような箱鳴りする(であっているでしょうか)傾向の箱では, ウッドコーンの2wayではどちらがマッチする設計をされているでしょうか?

こちらは急ぎませんので, お時間のあるときに教えていただければと思います.

# 材料費の高騰で, 自作SPのブームがくるのでは, と妄想しています. PARCさんのような存在は貴重です. くれぐれもご自愛して, 長くご活躍ください. 応援しています.
Unknown (PARC)
2008-06-07 23:22:23
nhaka様

コイルの直列での接続は、各コイルの配置をうまくしないとコイル間の影響も出るため、あまりやらない方がよろしいかと思います。あくまで実験で定数を探る程度と考えられた方が吉だと思います。


ご質問について回答させていただきます。

1)DCU-T111Sの破壊しない限界のクロスは、全てのTWに言えることですが、想定されている最大入力によって変化します。一般的な状況で言えば、最低でも1kHz以上でのクロス設定をお勧めします。
これは6オームの場合、-12dB/oct.で14.2uF + 1.02mHとなります。コンデンサーだけの-6dB/oct.はできるだけ避けられた方がよろしいかと思います。

2)一般に13cmクラスの小型ユニットを使う場合、ユニット自体に低域の馬力が無いことが多いので、あまりガチガチの箱に入れるよりは適度に箱鳴りをさせた方がチューニングはやりやすいかと思います。もちろん、容積をかなり大きくしたり、バックロードのような低域が余裕で出る方式の場合は、箱の補強をしっかりやられた方が良いかもしれません。

ウッドコーンF131Wの場合、同クラスでは皆さんのコメントにありますようにかなり低域は出る方ですが、やはり13cmというサイズからくる制約はありますので、どちらかと言えば少し箱鳴りを利用する方向が良いのではと思います。

応援メッセージ、本当にありがとうございます。いつまで続けられるかはやってる私も分かりませんが、とにかく最善を尽くしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
固定観念 (Opteron)
2008-06-08 08:55:19
アルミウーハーは単体でしか店頭で聞いたことが
ありません。なので私個人ではどうしても、
”金属振動板か、疲れそうだな”みたいな固定観念
があるのですね。確かにツィーターとウーハーが
アルミだと、すごく分解能が高そうで面白そうでは
ありますね。
まあ、まだF131Wで遊んでいる状態なので、すぐには
いけませんが。
将来アルミやるなら、今ひとつエンクロの容量が
悩んでしまいます。なぜかというと、現在8.7
リットルでF131Wを付けて遊んでいますが、私個人は
、まったく低域のレスポンスに不満はありません。
ですが、これより容量を大きくすると満足できるか
はわかりません。
あくまで聴感上の話です。アルミだともっと低域
レスポンスが向上すると思いますので、そうすると
現在のエンクロ容量より容量上げて、Fs下げる
という手もありますが、どのくらいがいいか
ちょっとどうなんでしょうね。
外見を大きくしたくないので、できれば今みたいに
なるべく奥行き寸法で対処したいと考えているの
ですが、奥行き寸法と周波数特性その他の特性も
含め絡んでいるような気がしまして。
奥行き寸法と特性変化をシミュレートできる
ソフトがあれば便利だなあと、最近思っています。
ちらっとWinIsdでしたっけか?
あれでできるのでしょうか。どうも英語が疎くて
使い方が今ひとつわからないのですが。
Unknown (PARC)
2008-06-08 11:35:11
Opteron様

長文のコメントありがとうございます。
アルミウーファーについては私も以前はあまり良い印象を持っていませんでした。その辺のところは次回のアルウーファーのエントリーで書きますね。

BOXの奥行き寸法についてですが、私は許される範囲でできるだけ大きめにするようにしています。理由は、ダクト長の調整幅が広がることと、経験的に奥行きの浅いBOXは音質的にあまりよくないということが結構あったためです。

ただし、これはユニットの寸法や、シングルかマルチか、また定在波防止のための各寸法比等でどうしても奥行きが浅めになってしまうこともあるので、あくまでいろいろある中の一つの指標程度として考えていただければと思います。
Unknown (nhaka)
2008-06-10 00:11:04
PARCさん.

早速の解答ありがとうございます.
珪素コイルが始まるまで, とりあえずの実験してみます.
タンノイの箱が手に入りそうなので, JBLと比べてみます.

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事