1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

12月15日・ザメンホフの語

2017-12-15 | 歴史と人生
12月15日は、仏国のエッフェルが生まれた日(1832年)だが、ポーランドの医者で言語学者のザメンホフの誕生日でもある。エスペラント語を作った人である。

ルドヴィコ・ザメンホフは、1859年、現在のポーランドのビャウィストクにあるユダヤ人家庭に生まれた。本名は、エリエゼル・レヴィ・ザメンホフ。
当時、彼の故郷はロシア領で、いろいろな民族がいて、ロシア語、ポーランド語、ドイツ語、それからヘブライ語の混じったイディッシュ語など、いろいろな言語が飛び交っていた。そうした環境で育ったザメンホフは、人々がコミュニケーションをとるための国際語を作るべきだと早くから考えだし、中学校のころから国際語の構想を練っていたという。
26歳のころにワルシャワの大学を卒業したザメンホフは、眼科医となって開業し、仕事のかたわら、国際語の構築をつづけ、28歳の年に著書『エスペラント博士、国際語、序文と完全なテキスト』を出版、ここにエスペラント語が公表された。
「エスペラント」というのは「希望する者」という意味らしい。
ザメンホフは、1917年4月、ワルシャワで没した。57歳だった。
彼には、子どもが3人いたが、みな、ナチスのホロコーストによって殺された。

最近はほとんど見かけなくなったけれど、昔は街で「エスペラント語教室」の看板をよく見かけた。エスペラント語は、世界共通語を目指して作られた人口の言語で、知り合いにもひとり、エスペラント語ができる人がいるけれど、これができると、真のコスモポリタンにちがいない。

エスペラントを話す「エスペランティスト」の人口は、世界全体で100万人くらいらしい。
コンピュータやインターネットの普及のおかげで、いまでは英語が国際言語として優勢だけれど、これがもしも、コンピュータのプログラムがみな、エスペラント語で書かれていたとしたら、どうだったろうか。

高校時代、成績の悪いクラスメイトが、こんなことを言っていた。
「まったく日本が戦争に負けたから悪いんだ。日本が世界を制服していれば、もう世界中、日本語が通じるから、オレが英語でこんなつらい思いをすることもなかったんだ」
民族主義というのは、言語に貼りついているもので、ザメンホフの意識の高さには頭が下がる。
(2017年12月15日)



●おすすめの電子書籍!

『思想家たちの生と生の解釈』(金原義明)
古今東西の思想家のとらえた「生」の実像に迫る哲学評論。ブッダ、道元、ルター、デカルト、カント、ニーチェ、ベルクソン、ウィトゲンシュタイン、フーコー、スウェーデンボルグ、シュタイナー、オーロビンド、クリシュナムルティ、マキャヴェリ、ルソー、マックス・ヴェーバー、トインビー、ブローデル、丸山眞男などなど。生、死、霊魂、世界、存在、認識などについて考えていきます。わたしたちはなぜ生きているのか。生きることに意味はあるのか。人生の根本問題をさぐる究極の思想書。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 12月14日・ティコ・ブラーエの目 | トップ | 12月16日・フィリップ・K・デ... »

コメントを投稿

歴史と人生」カテゴリの最新記事