1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

9月19日・ツイッギーの不思議

2017-09-19 | ビジネス
9月19日は、トランペッターのニニ・ロッソが生まれた日(1926年)だが、ファッションモデル、ツイッギー(1949年)の誕生日でもある。「ミニスカートの女王」である。

ツイッギーは、1949年、英国ロンドン郊外のニースデンで生まれた。本名は、レズリー・ホーンビー。父親は大工で、母親は印刷工場で働いていた。レズリーの上に年の離れた姉が二人いて、上の姉はレズリーと15歳、下の姉は7歳ちがいだった。
小さいころから母親に裁縫を習い、自分で服を作っていたというレズリーは、子どものころ「ツイッグ(小枝)」というあだ名で呼ばれていた。
高校に通っていた1966年、彼女は17歳になるすこし前に、雑誌「ウーマンズ・ミラー」のカバーモデルとなった。きわめて細く芸術的で、子どものように華奢(きゃしゃ)で、無性別的なその容姿は、当時の若者文化が花開いたおしゃれなスウィンギング・ロンドンのムードにぴったりと合い、また当時発表されたミニスカートのブームとも重なり、彼女はたちまち注目され、トップモデルとなり、時代の象徴的存在となった。
美容師をしていた恋人は彼女のマネージャーとなり、彼女に「ツイッギー」と名乗るよう説得し、「ツイッギー」の名は、その小枝のような細いスタイル、ボーイッシュに短くカットした髪、そして黒い長いまつげのイメージとともに、たちまち世界へ響き渡った。
1967年に来日し、日本中に「ミニスカートの女王」フィーバーを巻き起こした。日本女性のあこがれの的となった彼女のサイズは、身長165センチメートル、体重は41キログラムで、まだ18歳だった彼女の年収は1000万ドル(当時のレートで36億円)と言われた。
ツイッギー自身は、自分の外見についてこう言っていた。
「わたしは自分の見てくれを嫌っていた。だから、みんな、頭がおかしくなってしまったと思ったわ(I hated what I looked like, so I thought everyone had gone stark raving mad.)」
22歳のとき、映画「ボーイ・フレンド」に出演し、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。その後も、モデル、映画女優、歌手として活躍を続けて現在にいたっている。

ツイッギーはその昔、森永のチョコフレークというお菓子のテレビCMに出ていた。とてもやせっぽちの人たちだった。

1990年代になると、クラウディア・シファー、シンディ・クロフォード、ケイト・モスなど「スーパーモデル」がもてはやされる時代になったが、ツイッギーは彼女らの先駆で、「世界最初のスーパーモデル」と言われる。
でも、ツイッギーの存在感は、スーパーモデルの後輩たちとはだいぶちがう。1990年代のモデルたちは、みんな女性的でセクシーさがウリだけれど、ツイッギーはセクシーかセクシーでないかという次元の問題ではなく、人間離れした感じ、異星人的な印象をもっていて、それが彼女をして、ほかのモデルたちとはちがう、ある一時代の象徴たらしめている。あの異常な感じはすばらしい。デヴィッド・ボウイが歌った通り、まさに「ツイッグ・ザ・ワンダーキッド(不思議な少年、すばらしい子ども)」だった。
(2017年9月19日)



●おすすめの電子書籍!

『デヴィッド・ボウイの生涯』(金原義明)
緊急出版。デヴィッド・ボウイ総論。至上のロックスター、デヴィッド・ボウイの人生、音楽、詞、方法論など、その全貌を明らかにする人物評論。遺作に込められたボウイのラストメッセージとは何か?


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月18日・グレタ・ガルボの夢 | トップ | 9月20日・アプトン・シンク... »

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事