パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

小野寺の弟・小野寺の姉 ★★★.5

2014年10月28日 | あ行の映画
テレビドラマ「実験刑事トトリ」シリーズや『アフロ田中』などに携った脚本家・西田征史が、初監督に挑んで放つコメディードラマ。一軒家に暮らす恋愛に消極的な弟とパワフルな姉が、誤って配達された手紙をめぐってそれぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく。2013年に上演された舞台版でも主演を務めた、数々の出演作を誇る片桐はいりとテレビドラマ「S -最後の警官-」などの向井理が主人公の姉弟を快演。彼らの息の合った姉弟ぶりもさることながら、涙と笑いが絶妙に配分された人情味満点の物語も見どころ。
あらすじ:両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強いより子と、クセのある姉弟だったがほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく。

<感想>実写版「怪物くん」の脚本家である西田征史が、監督に初挑戦したコメディドラマ。不器用な姉弟の暮らしを温かな視点でつづり、舞台化もされた自身の小説を映画化したもの。舞台版に続いての姉弟となる向井理と片桐はいりが、息の合った演技を見せています。
幼い頃に両親を亡くし、姉のより子が弟の面倒を見ながら、姉弟が仲良く暮らしている微笑ましいコメディふうの物語。とにかく姉の片桐はいりさんのインパクトが強すぎて、数十年オカッパ頭を貫き、風水にこだわり気の強いより子さん。四角い顔だけじゃなくて、仕草とか笑える部分が多すぎて、始終ニコニコしながら画面を見ていました。

姉も結婚を諦めたわけではないのですが、弟を自転車の後ろへ乗せていたところ、弟がふざけて姉の目をふさいだところ、自転車が激突して姉の前歯が折れてしまった。どうみてもブサイクな顔の姉、引け目を感じているのだと思っていたら、天真爛漫の陽気な性格だった。
いつでもどこからみても仲がよさそうだが、“姉と弟”という互いのポジションを意識して、気を使っている印象もそこはかとなく漂っているのだ。安定しているようで、実はちょっとタイトロープのような距離感。二人の関係は、郵便受けに入っていた1通の誤配達の手紙をキッカケにゆっくりと変化していくのです。

でも、二人は姉弟であると同時に、どこか母と息子のような関係でもあって。そんなことからも、より互いを気遣い思いやりつつ、時に不器用な行動を取ってしまうのが、この二人なのです。

どういうわけか、町内の眼鏡屋さんへ勤めているより子さんにも春が訪れたと思っていたら、ななんと、業者のイケメン浅野(及川光博)さんがより子さんに近づいてくる。ひょうきんなところが二人とも息が合っていて、とても仲が好さそうだったのにね。まさか、お向かいの洋品店の若い女性にお熱だったとは、より子さんが勘違いをしてしまって、可愛そうにまた失恋してしまった。

弟はと、以前に恋をした彼女(麻生久美子)とは、姉のことで問題になり「私を取るの、お姉さんが大事なの」なんて言われて、別れてしまった苦い経験がある。ところが、調香師をしている進くん、上司の大森南朋のむちゃぶりで、「ありがとうの香り」を依頼されて困っている。公園の生垣をくんくん匂いを嗅いでいると、美人の山本美月が犬を連れて散歩に来ていて、なんかいい感じになっていく二人。山本美月演じる女性は、あの郵便ぶつ誤配達で届けにいった人で、絵本の押し絵を描いている。弟の恋も、相手に伝えるタイミングが遅れてしまい、彼女は外国へ押し絵の勉強に行くことを決意する。

この二人の姉弟の空気とはどんなものを指すのだろう。互いに恋人の気配もない、三十路を過ぎた中年の姉弟が、生まれ育った実家を出ないまま二人で暮らしている。
端からみれば少々気の毒なようにもうつるこの関係はしかし、本人たちからすれば子供のころからの延長線上であり、互いにいて当然の存在なのだ。だが、そんな中にもそこはかと漂う“近しい間柄だこその微妙なあれこれ”。
きょうだいの空気とは、そういう言葉にしがたき繊細なものの混在を指すのであり、それを漂わせているのがこの映画だと思うのですね。

姉は姉の、弟は弟の人生を歩んではいるのですが、心の底では「相手よりも先に幸せを掴んではいけない」という負い目を感じており、優しさが空回りしてついつい事態がややこしくしてしまうのです。
その関係性と、微妙な押し引きによる距離感のドラマが、本作の魅力なんですね。そう、“ありがとうの香り“とは、有難い匂い、朝ご飯の炊きたての匂いとか、テーブルに飾ってある薔薇や百合の花の香りとか、玄関を入った時の我が家の匂いとか、人によっては違うんと思うんですね。だから、その香りを作るというのは難しいのかもしれませんね。ちなみに、私の”ありがとうの香り”は、娘がお風呂掃除をしてくれ、必ず毎日違うバスクリーンを入れてくれるので、お風呂に入ると本当に素直に”ありがとう”といいたくなる匂いです。
弟の進くんが、家のタタミの下に1000札を並べて貯金している。そのお札を姉の誕生日プレゼントにと、好きな物でも買ってと、タタミの匂いがする1000札の匂いも、姉にしてみれば“ありがとうの匂い”なのかもしれませんね。
2014年劇場鑑賞作品・・・327  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« ヘラクレス ★★★★ | トップ | キリング・フィールズ 失踪地... »

あ行の映画」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

「小野寺の弟・小野寺の姉」:じわりじんわり (大江戸時夫の東京温度)
映画『小野寺の弟・小野寺の姉』は、向井理と片桐はいりがきょうだいを演じるという、
小野寺の弟・小野寺の姉/向井理、片桐はいり (カノンな日々)
脚本家・演出家の西田征史さんが自身のオリジナル小説を原作に映画化した人情コメディ映画です。この映画化の前に舞台化されており主人公の姉弟役はその舞台版と同じ片桐はいりさ ...
小野寺の弟・小野寺の姉/向井理、片桐はいり (カノンな日々)
脚本家・演出家の西田征史さんが自身のオリジナル小説を原作に映画化した人情コメディ映画です。この映画化の前に舞台化されており主人公の姉弟役はその舞台版と同じ片桐はいりさ ...
映画・小野寺の弟・小野寺の姉 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 早くに両親を亡くしてから20年以上、古い一軒家で暮らしている姉のより子(片桐はいり)40歳と、弟の進(向井理)33歳姉弟の仲は良く、毎日一緒に食卓を囲み、休日は一緒にスーパーに買い物に出かけたりするより子の職場は商店街の眼鏡店で、週に一度や...
『小野寺の弟・小野寺の姉』 (こねたみっくす)
弟を優先する姉、姉を優先する弟。 姉・片桐はいり、弟・向井理。このキャスティングが実現した時点で成功したも同然と思える心地いい映画でした。 異性の兄弟姉妹がいる者にとっ ...
不器用で優しい姉弟愛。~「小野寺の弟・小野寺の姉」~ (ペパーミントの魔術師)
向井理をこういう使い方した段階でおよ?だったんだけど この「イケてない感」が実にいい味だった。ヾ(・∀・;)オイオイ ゆるゆるのコメディだと思ってた。 もたいまさこや小林聡美がやりそうな感じの。 ・・・ちと違った。 あっちはどこかキチンとして背筋がピンと...
小野寺の弟・小野寺の姉 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
子供の頃からわだかまりから抜け出せない姉と弟の葛藤を面白く演出している。勇気を持って一歩前に踏み出したことで二人が明るくなり、満足して劇場を出ることができた。
映画『小野寺の弟・小野寺の姉』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ちらしのふたりの笑顔が何とも魅力的!   『小野寺の弟・小野寺の姉』(公式サイト)を 観て参りました。       [E
『小野寺の弟・小野寺の姉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「小野寺の弟・小野寺の姉」□監督・脚本 西田征史□キャスト 向井 理、片桐はいり、山本美月、及川光博、ムロツヨシ、寿美菜子、        麻生久美子、大森南朋、木場勝巳、モロ師岡、梅沢昌代■鑑賞日 10月25日(土)■劇場...
『小野寺の弟・小野寺の姉』 (beatitude)
小野寺進と姉のより子は、早くに両親を亡くし、それ以来ずっと二人で一緒に一軒家に住んでいる。33歳になった進(向井理)は真面目ながら寝癖をつけたままにしておくようなズボラな面がある。恋には奥手で、より子(片桐はいり)からは過去の恋を引きずっていると指摘され...
小野寺の弟・小野寺の姉 (映画好きパパの鑑賞日記)
 脚本家・演出家の西田征史が自作の小説を自ら映画化。初メガホンを取りました。不器用な2人の天然さはほほえましくなるけど、姉弟間の愛情が切なく、じんわりと心を癒してくれます。  作品情報 2014年日本映画 監督:西田征史 出演:向井理、片桐はいり、山本美月...
小野寺の弟・小野寺の姉/予想外に噛み合う2人 (MOVIE BOYS)
脚本家の西田征史が初監督したコメディ・ドラマ。主演は『きいろいゾウ』の向井理と『R100』の片桐はいり。共演に『桐島、部活やめるってよ』の山本美月、大森南朋、及川光博らが出演している。チャキチャキの姉とイケメンだけどどこか風変わりな弟、それぞれに振りかかる...
小野寺の弟・小野寺の姉 (映画と本の『たんぽぽ館』)
“ありがとう”の香り * * * * * * * * * * 両親を早くに亡くし、二人で暮らす、33歳弟・進(向井理)、40歳姉・より子(片桐はいり)。 この2人の物語です。 「間宮兄弟」を連想しますが、 イタい男二人よりは、さすがに姉と弟のほうが花がある・...
小野寺の弟・小野寺の姉 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) シュールな笑いだけでない!片桐はいりの演技に涙。
『小野寺の弟・小野寺の姉』 (ラムの大通り)
※注:もしかして一部ネタバレになっているかも。 ----この映画、 ちょっと楽しみにしていたヤツだよね。 似たようなタイトルの“家族系”邦画が多くて、 フォーンには、どれがどれやら…。 「確かに。 そのすべてはとても押さえられそうにないけど、 これには食指が動...
ショートレビュー「小野寺の弟・小野寺の姉・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
姉ちゃんは俺のために、俺は姉ちゃんのために。 早くに親を亡くしてから、一軒家にずっと二人で暮らしている小野寺家の姉、より子と弟の進。 恋に奥手な二人が、間違って配達された一通の手紙を巡り、人生を変える新たな出会いに翻弄されるユーモラスなヒューマンドラ...
小野寺の弟・小野寺の姉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『小野寺の弟・小野寺の姉』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)本作(注1)については、片桐はいりと向井理というコンビネーションが秀逸と思え、映画館に行ってきました。  両親が早くに亡くなったことから、姉のより子(40歳:片桐はいり)が弟の進(33歳:向井...
No.463 小野寺の弟・小野寺の姉 (気ままな映画生活)
向井理と片桐はいりが姉弟役で映画初共演し、互いを大切に思いあう不器用な姉弟にそれぞれ訪れた幸せの行方を描いたハートウォーミングコメディ。早くに両親を亡くし、2人で暮らし ...
小野寺の弟・小野寺の姉 (いやいやえん)
【概略】 小野寺進と姉のより子は早くに両親を亡くして以来、ふたりで一軒家に住んでいる。そんな小野寺家にある日、誤配達の郵便が届き…。 ドラマ 両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳と33歳の小野寺姉弟。過去の...
映画評「小野寺の弟・小野寺の姉」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・西田征史 ネタバレあり