パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

LOOPER/ルーパー ★★★

2013年01月14日 | アクション映画ーラ行
未来から転送されてくるターゲットを始末する殺し屋のジョーの前に、30年後の自分自身が送られてきたことから始まるスリリングなSFアクション。失敗の許されない殺し屋が未来の自分を前にしたときに躊躇ってしまった隙をついて、未来から来たジョーはある目的を遂げるため逃走する……。現在のジョーを「ダークナイト ライジング」「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィット、30年後の未来から来たジョーを「RED/レッド」「ダイ・ハード」のブルース・ウィリスが演じる。他、「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが出演。監督・脚本は「ブリック」でもジョセフ・ゴードン=レヴィットと組んだライアン・ジョンソン。(作品資料より)

<感想>タイムトラベルSFという使い古されたジャンルを、ハードボイルドと掛け合わせた、これまたオリジナリティ溢れる作品である。未来の自分を殺さねば今の自分が殺される。さて主人公はどうする?・・・未来の彼はどう決着をつける?・・・っていう発想は面白いよね。ルーパーが指定された時間に、いつもの場所でライフルを構える。

すると頭に布袋を被されたターゲットが突然現れて、ドーンと撃ち殺す。ここまでは「ブレードランナー」の如き“人間狩り”のSFノワールを意識したチェイサーの爽快さ。尚且つ、自分に殺されるまでは死なないはずの若き主人公と、過去の自分がどうするか判ってて目的遂行を目指す老主人公との、知的な興味をくすぐる丁々発止の展開。これに自分を追う組織からの逃走戦を交え、まずはこの頭脳戦めまぐるしい追跡戦を、すこぶるドライな映像でハイテンポに進んでいくのだが。

そうなんです、この作品はタイムトラベルの“知の感性”で観客を引き込み、未来スリラーの映像やカッティングを楽しませる“体感“の映画だったのですね。タイムマシンの造形なんて見たことないくらい地味なのである。本当は時間軸のことなんて判ってないのかも。今の自分と未来の自分がカフェで会話するシーンがあるんですけど、「タイムトラベルのこと聞かせてくれ」とジョゼフが聞く、するとウィリスが「タイムトラベルの話は断る。複雑すぎる。どうでもいい」という台詞に腹が立つ。

もしも私だったら、未来の自分が現れたら殺さないと思う。この主人公も一瞬ためらった時に、30年後の自分に逃げられてしまうわけ。そうして徐々に、この自分VS自分の闘いをもたらした要因は何だったのか?、誰だったのか?・・・と犯人探しに移行していく。その時にはもう時間旅行など二の次になっているという。

それにラストが気にいらない。未来の自分が奥さんを殺したレインメーカーを殺しに行くのですが、それを見た今の自分(ジョー)が、老ウィリスがレインメーカーの母親を殺すと想像すると、レインメーカーは逃げて憎しみを秘めながら大人になる。そして、ルーパーの組織を壊滅させて、最後はウィリスの奥さんを殺すわけ。そう、想像した瞬間、若いジョーは自殺という自己犠牲なんですね。

「憎しみの連鎖を断ち切る」なんてカッコいいこと言って、レインメーカーを殺さないと、未来の自分も殺さないと、今の自分は生きていたいだろうに。気持ち悪いよこんな終わり方って。確かにウィリスは自分の愛する妻を殺された復讐で、過去に戻ってレインメーカーを殺すためにきたのだから。人違いで、関係ない母親と子供をバンバン殺すし。例え今は子供でも、いくらまともに育てるとサラが言っても、エスパーの子供なんだから将来は分からないよ。
それがこの映画の身上だと納得したならば、もう実のところ時間テーマに沿って描く事件の結末に感嘆するしかあるまい。「ターミネーター」のごとくアクション・スリラーと見せかけた映画を、もう一度ひっくり返して、やっぱり時間テーマのSFだったと思い知らせてくれた。
2013年劇場鑑賞作品・・・4  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ


トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« STRIKE BACK 反撃のレスキュ... | トップ | ふたりのパラダイス  ★★ »

アクション映画ーラ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

29 トラックバック

LOOPER/ルーパー (Akira's VOICE)
未来は明るくあるべき!  
LOOPER ルーパー / LOOPER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今年のトロント映画祭でオープニング上映! ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが同一人物ということでも話題 未来からタイムマシンで送られて来るターゲットとなる未来の犯罪者を抹殺....
映画:ルーパー LOOPER 未来を書き換えるのにも、方法論はいろいろある。なんたって未来なんだから(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
って、観た人には完全ネタバレ!? なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑) 主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O. そうしてタイ....
劇場鑑賞「LOOPER/ルーパー」 (日々“是”精進! ver.F)
負の連鎖を断ち切るために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301140001/ Looper -Ltd-Original Soundtrack La La Land 2012-10-03売り上げランキング :...
LOOPER/ルーパー/LOOPER (いい加減社長の映画日記)
ブルース・ウィリスって、ここんとこ作品が続くなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 タイトラベルが可能となった未来、犯罪組織は法によって禁じられたタイムマシンで消したい人間を30年前の2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる処刑人のもとに送っ...
LOOPER/ルーパー (Memoirs_of_dai)
髪の毛が徐々に減っていく 【Story】 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきた...
『LOOPER/ルーパー』 (ラムの大通り)
(原題:Looper) ---- 2013年最初の映画は『LOOPER/ルーパー』。 これってスゴい話題作。 ずいぶん前に観たのに、 なぜいまごろ? 「うん。 正直言うと、 途中でどうなっているのか 頭が混乱するシーンが出てくるんだ。 そこを深く考えずにすませば、 かつてないほど画期...
LOOPER/ルーパー (新・映画鑑賞★日記・・・)
←海外版のほうがカッコいい 【LOOPER】 2013/01/12公開 アメリカ PG12 118分監督:ライアン・ジョンソン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン、パイパー・ペラーボ、ジェフ・ダニエルズ ...
LOOPER/ルーパー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット (カノンな日々)
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが年をとって老けるとブルース・ウィリスになってしまうというのはどうにも納得し難いんですけど、それもネタにしてしまうようなこの映画の宣伝は ...
「LOOPER/ルーパー」☆眉毛に見とれるな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブルース・ウィリスの演技を繰り返し見て観察したに違いない。 彼の仕草をまんまコピーしたジョセフ・ゴードン=レヴィットの仕事は賞賛に値する。 無理やり黒く描いてしまった眉毛以外は・・・・・
LOOPER/ルーパー (試写会) (風に吹かれて)
愛は未来を救う公式サイト http://looper.gaga.ne.jp1月12日公開監督・脚本: ライアン・ジョンソン  「BRICK ブリック」タイムマシンが開発されたが、その使用が禁じられた近
LOOPER/ルーパー (心のままに映画の風景)
事実上、殺人が不可能になっていた2074年の世界では、犯罪組織が違法なタイムマシンで2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋に処刑させていた。 経済破綻し社会も腐敗した2044年のアメリカでは、...
LOOPER/ルーパー (本と映画、ときどき日常)
監督 ライアン・ジョンソン 出演 ブルース・ウィルス     ジョセフ・ゴートン=レヴィット     エミリー・ブランド タイムマシンで未来から送られてきた”マフィアからの標的”を現代で殺す”ルーパー”という殺し屋のお仕事。 毎日バンバンと標的を撃ち殺し...
予想外の展開!『LOOPER/ルーパー』 (水曜日のシネマ日記)
タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とする殺し屋が殺しのターゲットとして転送された未来の自分との追跡劇を繰り広げる物語です。
「LOOPER/ルーパー」 (或る日の出来事)
まあまあでしたかね。
「LOOPER/ルーパー」 なんとかバランスをとったかな (はらやんの映画徒然草)
タイムトラベルものというのは、今までも幾多の作品が作られて、いくつものアイデアが
LOOPER/ルーパー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
哀しみの無限ループ。 タイムトラベルが実用化された未来。 犯罪組織によって転送されてくるターゲットを始末する殺し屋・ジョーの元に、30年後の自分が送られてくる。 未来からやって来たオールド・ジョ...
LOOPER/ルーパー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 若きカメレオン俳優といえばジョセフ・ゴードン=レヴィット。
LOOPER/ルーパー (だらだら無気力ブログ!)
面白かったものの、ちょっとイマイチ。
「LOOPER/ルーパー」 (Con Gas, Sin Hielo)
30年後の自分を通して絶望を知る。 意外だったのは、観た後にすっきりしないこと。結構好き嫌いがはっきり分かれるのではないかと思った。 予告等で予想していたのは、始末するはずの未来の自分と共闘して巨大な悪を倒す展開だった。結構同じように観ていた人は多いと....
未来からの刺客~『LOOPER/ルーパー』 (真紅のthinkingdays)
 LOOPER  2044年、アメリカ。そこから30年後の未来ではタイムマシンが開発され、消 したい人物を過去へ 「転送」 する犯罪に悪用されていた。殺人を請け負うの は、「ルーパー」 と呼...
LOOPER/ルーパー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「LOOPER/ルーパー」監督:ライアン・ジョンソン出演:ブルース・ウィリス(『エクスペンダブルズ2』『RED/レッド』『50/50 フィフティ・フィフティ』)ジョセフ・ゴードン=レヴィット( ...
ルーパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...
LOOPER/ルーパー(試写会) LOOPER (まてぃの徒然映画+雑記)
タイムマシンが実用化されたものの、その使用が禁じられていた近未来、犯罪組織は違法にタイムマシンを使用してターゲットを30年前の過去に送り、ルーパーと呼ばれる者たちがその処理をしていた。 主人公ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)もルーパーの仕事で銀....
『LOOPER』 2013年10本目 ワーナー・マイカルシネマズ名取 (映画とJ-POPの日々)
『LOOPER』 久しぶりのタイムスリップもののSF。 「タイムスリップものにハズレ無し」なので、とても楽しみでしたが、期待を裏切らない出来でした。 舞台は2040年のアメリカ。 更 ...
LOOPER/ルーパー (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター4 鑑賞日時:1月24日 評価:B- 原題:Looper 製作:2012年 アメリカ 監督:ライアン・ジョンソン 出演: ブルース・ウィリス ジョゼフ・ゴードン=レヴィット エミリー・ブラント ポール・ダノ シュイ・チン ノア・セガ...
LOOPER/ルーパー (いやいやえん)
ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。 ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違った…。 タイムマシンが開発されていた近未来、その...
LOOPER/ルーパー (銀幕大帝α)
LOOPER 2012年 アメリカ 118分 アクション/SF PG12 劇場公開(2013/01/12) 監督:ライアン・ジョンソン 製作総指揮:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 脚本:ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』:ヤン....
映画評「ルーパー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ライアン・ジョンスン ネタバレあり