パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

フューリー ★★★★★

2014年11月28日 | アクション映画ーハ行
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』などのシャイア・ラブーフや、『ウォールフラワー』などのローガン・ラーマンらが共演。アメリカとドイツ双方が誇る戦車の激突はもとより、強い絆で結ばれた男たちのドラマが琴線に触れる。
あらすじ:1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。

<感想>戦場のリアルを追求した新しい戦争映画の傑作でしょう。死線をくぐり抜け度に固い絆で結ばれていく5人のチーム。ドイツ国内に侵攻したフューリーは“十字路死守”という重要任務に就くのだが、彼らの目の前に現れたのは300人の敵兵だった。わずか1台の戦車でどう戦うのか?・・・絶体絶命の状況で下したウォーダディーの決断。そして、仲間のために命を懸けるチームの絆が心を揺さぶります。

「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー監督が、お得意の骨太かつパワフルな演出で臨場感あふれる戦いと戦場の凄惨な地獄絵図をリアルに描いている。アクションも圧巻ですが、ドラマ性も高く、チームとして命がけで戦う男たちの熱い友情などドラマティックな要素が満載で、感情的な戦争巨編として昇華されています。

元米海軍兵だった監督だけに、戦車内という密室での異常なまでの緊迫感は鳥肌もんです。イギリスの戦車博物館が所蔵する、世界で唯一走行可能なドイツ軍の、本物のティーガー戦車を撮影に使用するなど、リアリティを徹底的に追求していると思います。
フューリーと4台のシャーマン戦車は前線で足止め状態の味方舞台に合流すべく戦闘地に向かう。途中、新兵のノーマンの判断ミスでヒトラー青少年団の攻撃を受けてしまい、味方の1台が撃破される。なんとか戦闘地に到着するも、森の中や塹壕に隠れていたドイツ軍から突然の猛攻撃を受け激しい戦闘に突入。

残った4台の戦車で更に前線に進み、ある廃墟と化した街に侵攻するが待ち伏せていたドイツ軍の奇襲攻撃を受けてしまう。アパートやビルなど建物が多く視界が限られる不利な状況で、フューリーらシャーマン戦車は建物ごと街を破壊する豪快な応戦で危機を脱出する。ノーマンの刹那のロマンスも描かれます。

ここで、一軒の家に入るウォーダディーとノーマンの2人が観たのは、二人の女性だった。ノーマンがそこでピアノを弾き、エマという女性がノーマンに心を寄せる下りは、ウォーダディーの配慮による心配りで、つかの間のひと時であり、女性たちと目玉焼きとベーコンで食事をとる風景も和みます。ブラピが服を脱いで上半身裸の場面もあり、見事な筋肉美を披露しますが、その背中にはケロイド状の皮膚が火傷の痕だろう。
ところが、そこへ仲間たちが現れて、俺たちにもおこぼれをとヤボなことを言い、せっかく作った目玉焼きも、兵隊が舐めまくりそれを女の前に出し食べろと言うのだ。いくら憎きドイツ人でも、民間人や女子供までナチスドイツ兵と一緒に扱う態度は許せない。そこで、ウォーダディーの出番なんですね。粋な計らいでその舐めた目玉焼きを自分が食べるという、さすがに立派でした。でも、その後に彼女たちの家が空爆に遭い、ビルごと女性2人も亡くなってしまう。

ドイツ軍の動きに合わせ新たな任務を受け、街を出るフューリーと残り3台の戦車小隊。そんな彼らを阻止すべく、当時世界最強と言われていたティーガー戦車が牙をむくのだ。圧倒的な攻撃力により連合軍の戦車は次々と破壊されるが、フューリーはウォーダディーの巧みな戦術とチームワークにより、これを撃破するのです。
クライマックスの戦いでは、ドイツ軍300人に対し、フューリーの5人が果敢に応戦と、何だかカッコイイのだが、戦車は蜂の巣状態にさらされるも、ドイツ兵たちは戦車からの銃撃を受け次々と倒れて行く。しかし、全員が生き残れる可能性は極わずかで、仲間の為に命を犠牲にする場面もあり、5人の熱い絆も一瞬で消え去るのみ。

1台になってしまっても任務をまっとうしようと、ドイツ軍の進軍ポイントの十字路に向かうフューリーだが、地雷を踏んでしまいキャタピラが破損。急いで修理を試みるも、見張り役のノーマンが300人のドイツのSS隊員が迫ってくるのを発見する。任務を放棄して逃走するか、戦うべきか、ウォーダディーは最後の決断を下す。

皆に好きなように何処へでも行けと言うブラピ、「この戦車フューリーが俺の家だと」いい、皆も、今まで彼に付いて来て命が助かった。だから、最後まで戦うと決意する5人。一番印象に残ったボイド役のシャイア・ラブーフの、聖書を一説を引用して仲間の心を癒す印象深いところが好きです。そして、マイケル・ペ-ニャ扮するゴルド。酔っぱらい運転ながらも操縦の腕はピカイチなのだ。お調子もので反抗的な装填手で、通称クーンアス、場の空気の読めない行動と発言で、チームの和を乱す問題児だが、度胸は人一倍である。

そして、副操縦手のノーマン。通称マシンと呼ばれ、生き残ったドイツ兵を射殺するように命令される、拒絶するノーマン。軍の事務担当だったゆえに戦闘経験はゼロでも、ウォーダディーに鍛えられ兵士として成長する。彼が、フューリーの最後の兵士となり、戦車の床下から逃げて道路に穴を掘り隠れるも、ドイツ軍に見つかるのだが見逃してくれ生き残った一人になる。
連合軍に攻め込まれ、兵力が足りなくなりドイツ軍は少年兵も動員して徹底抗戦。まだ幼い兵士たちの表情が戦争の現実を突きつけるだけでなく、彼らの惨い死体も容赦なく映像で描き、連合軍の死体を積んだトラックが穴に落とす遺体の山に、誰もが戦慄を覚えることでしょう。

第二次世界大戦の映画というと、上記の「プライベート・ライアン」(1998)や「シン・レッド・ライン」(1999)を思い出してしまう。敵国の兵士だと分かると、何も考えずに殺すのが戦場の常識。本作でも捕えられた敵兵を、見せしめのように射殺したり、死体の山が出てくるなど強烈な描写で、戦争に勝ったとしてもヒーローになるわけではないと訴えている。

戦争とは、歴史の中で憮然として刻まれる証でもある。何もいいことが無い、人間と人間が殺し合い、壮絶なる戦いの末に、どちらに勝敗があってもいいことなんかないのだ。残された家族も戦争に巻き込まれて死んでいくのだから。
この作品でも同じことが言える。戦争に協力しない人間はさらし首にされ、風になびく惨たらしさ。地面には、戦死した兵隊がそのまま野ざらしにされて、戦車が通るぬかるみの道にある屍も、戦車が轢きながら通過するのだ。
戦争映画は、あまりの惨たらしさに、観ていて辛くなる。
だが、特にブラッド・ピットが今までにない勇気ある、戦場のなかで勇敢に戦い、仲間を絶対に守るといい、勇敢で最高の指揮官だったと思います。
2014年劇場鑑賞作品・・・354 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« レッド・ファミリー ★★★★ | トップ | 日々ロック ★★ »

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事

40 トラックバック

劇場鑑賞「フューリー」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
『フューリー』 (2014) (相木悟の映画評)
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と絶...
フューリー ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
フューリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
フューリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【フューリー】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、3...
フューリー (Akira's VOICE)
血と涙が轍となり命になる。  
フューリー / Fury (勝手に映画評)
ネタバレあり。 第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。 この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もその...
フューリー を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
「go ahead!」(実際には台詞は出て来ない) 公開日の初日初回にて FURY を観てきました   瞬き禁止の映画であります 上映時間135分があっと言う間に過ぎてしまった 冒頭開始早々出て来た戦車が IV号戦車G型(キューポラのハッチで判断) 戦場跡のスクラップでの姿...
これが戦争。『フューリー』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
『フューリー』 (時間の無駄と言わないで)
第二次大戦モノ。 全年齢向けとは思えない描写満載だから 小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない? 戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
フューリー/ブラッド・ピット (カノンな日々)
『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5 ...
フューリー (だらだら無気力ブログ!)
ティーガー、固いなぁ。
映画「フューリー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵攻...
フューリー  (Said q winning)
監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッドストーリー ブラッド・ピットの主演、製作総指揮による戦争映画であり、第2次....
フューリー  監督/デヴィッド・エアー (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン 【ストーリー】 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、“ウォー・ダディ”というニックネームのアメリカ人兵士がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自ら...
フューリー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもので....
フューリー (心のままに映画の風景)
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリア...
『フューリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「フューリー」 □監督・脚本 デビッド・エアー□キャスト ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフボイド・スワン、      ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア、      ジョン・バーンサルグレイディ・ト...
映画:フューリー FURY  史上初の モノホン戦車が登場!の迫力 & ドラマ性は認めつつ... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその脅威を、よりリアルに感じさせるのに非常に効果的だったと思う。 ...
映画「フューリー」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
「前線は何処ですか?」 新兵のノーマンの質問に、泥にまみれた男達が笑う。すでにここは戦場なのだ。今も彼らは敵の銃火の下に身を晒して来たばかりなのだ。ここでは良識も礼節も邪魔なだけ、必要なのはたったひとつ「敵を殺す」事だけなのだ。 硬派な戦争映画...
フューリー/FURY (我想一個人映画美的女人blog)
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
フューリー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人公...
「フューリー」 (ここなつ映画レビュー)
第二次世界大戦物で、戦車戦にスポットを当てた作品。よく考えてみたら当然のことだけれど、戦車はチーム制になっていて、内部のメンバーや役割は定められている。そこには命を賭けた、友情を超えた絆が存在する。その中の一機フューリー号での戦いを描いた作品である。戦...
[映画『フューリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...
フューリー (そーれりぽーと)
ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それ...
戦地の父、その息子たち~『フューリー』 (真紅のthinkingdays)
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン...
フューリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 第二次大戦を舞台にした映画で、戦車兵を題材にしたものって最近では珍しいかな。ちょっと突っ込みたくなる描写もありましたが、最後まで迫力あるアクションシーンにやられっぱなし。アクション映画はこうでなくちゃ、という見本でもありました。  作品情報 2014年イ...
フューリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ....
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと (映画のブログ)
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人...
フューリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サ...
フューリー FURY (まてぃの徒然映画+雑記)
ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を兼任した戦争モノ。 第2次世界大戦末期、ノルマンディーから上陸した連合国軍はナチスドイツの反撃に遭いながらもベルリンへ向けて進軍していた。これまで北アフリカからノルマンディー、そしてドイツへと転戦してきたドン曹長(ブ...
フューリー (迷宮映画館)
男たちがやけにかっこいいのだけど、戦争だからか、戦争じゃなくてもそうなのか・・
フューリー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ブラッド・ピット主演でローガン・ラーマンや シャイア・ラブーフが共演、監督は『サボタージュ』 などのデヴィッド・エアーが務める戦争ドラマ 『フューリー』が公開されましたので観に行って きました。 フューリー 原題:FURY 製作:2014アメリカ 作品紹介 ブラッ...
FURY / フューリー (いやいやえん)
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍す...
フューリー (銀幕大帝α)
FURY 2014年 イギリス 135分 戦争/アクション 劇場公開(2014/11/28) 監督: デヴィッド・エアー 『サボタージュ』 製作: デヴィッド・エアー 製作総指揮: ブラッド・ピット 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ブラッド・ピット:ドン・コリアー(ウォーダ...
戦車アクションを見よ! (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「フューリー」 を鑑賞しました。 1945年4月、ナチスドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍にアメリカ人のベテラン兵士 ウォーダディーがいた 彼は 自らフューリーと名付けた中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に戦っていた そんなある日 新兵ノーマ...
『フューリー』(2014) ~鋼鉄の家族、地獄を往く~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年の...
「フューリー」(2014年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「フューリー」(原題:Fury)は、2014年公開のアメリカの戦争ドラマ映画です。第二次世界大戦時代に、たった一台の戦車で300人ものドイツ軍に戦いを挑んだ5人の男たちを描いています。...
映画評「フューリー」(2014年) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ=イギリス=中国合作映画 監督デーヴィッド・エアー ネタバレあり