パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★★★

2013年01月31日 | ら行の映画
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。主演は、オーディションで選ばれた無名のインド人少年スラージ・シャルマ、共演にはフランスの名優ジェラール・ドパルデューが名を連ねる。227日間という長い漂流の中で、主人公がどのように危機的状況を乗り越えたのかに注目。

あらすじ:1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。(作品資料より)

<感想>タイトルの「パイ」とは主人公のインド人少年の愛称で、本作は大人になったパイが、原作者をモデルにしたと思しき作家に自分の数奇な半生を話して聞かせる、というスタイルで進んでいく。奇想天外な設定、スリルと興奮が切れ間なく押し寄せる展開、そう文字通り「パイ少年の人生についての物語」なのだ。
大嵐と荒波にさらされて、動物たちや船員を引きずり込むように海中へと沈んでいく貨物船。沈没事故で家族を失い、大海原に漂う1艇の救命ボートが。そこには、突然の海難事故に見舞われたった一人生き残った16歳のインド人少年パイが乗っていた。家族にも失った悲しみに暮れる間もなく、さらなる苦難が彼の前に立ちはだかる。なんと、そこには一頭の獰猛なベンガルトラがボートの中に潜んでいたのです。その他にもシマウマ、オランウータン、ハイエナが乗り込んでいた。

少年とトラが織りなす227日間の漂流生活という、およそ信じがたい物語を台湾出身の名称アン・リーが3D作品として映像化した。これが見事に面白いサバイバル・ファンタジーに仕上がっているのだ。
物語の大半は、大海原を漂流する救命ボートで展開し、登場人物はインド人の少年と動物たちしかいない。3Dの奥行を存分に生かしながら自由に天地を逆転していく大胆なカメラワークといい、逆に3Dの分かりやすい迫力に頼らないモダン・アートのごとき大胆な構図の面白さが発揮された映像美だと思う。

特に感嘆したのは、パイとトラが彷徨う群青色の夜の海は、天空の月や星を反射させ、写し鏡の向こうのもう一つの宇宙を想像させる。それと、ブルーの海に発行するクラゲとクジラが幻想的に舞う夜の海の水中バレエ、そしてまるで銃撃戦のごとき勢いで襲い掛かるトビウオの大群など、思わず息をのむイメージが次々に登場する。

そしてこのもう一つの宇宙とは、パイ少年の運命を司る「神」なんです。227日間の漂流生活は、少年と神との対話の時間でもあったのですね。ちなみに物語の冒頭でパイは、幼き日にヒンズー、カトリック、イスラムと3つの宗教の神に、同時に魅了されてしまった不思議な少年であることが描かれている。
まず驚かされるのは、小さなボートの上で少年とベンガルトラ、名前がリチャード・パーカーと名付けられた主役のトラは、CGクリーチャー。獰猛そうな動きはもちろんのこと、飢餓で骨と皮のように痩せ、ヨロヨロと弱っていく演技まで披露するのだから。確かに本物を使うわけにはいかないような、危なっかしい場面のオンパレード。それにしても、動きといい表情も毛並といい、とんでもなくリアルである。
少年とトラが互いに牽制し合いながら距離を縮めていく過程も、足場も少ない空間性と「ちょっとでも気を抜くと喰われる」というスリルを巧みにいかし、手に汗を握るアクションドラマとしても見事ですね。
後半では、大量のミーアキャットが生息する謎の浮島に辿り着くというファンタジックな展開にも度肝を抜かれ、その島がとんでもない島だったという物語も愉快。

その後ブラジルに流れ着くのだが、トラはジャングルに消え、中年になったパイが、カナダ人ライターに語り聞かせるという展開は、いつしか観客自身にこれは本当の話なのか、もう一つの話を語り始めるのは、悲しくて殺伐として、何より面白みに欠ける。どちらを真実と捉えればいいのか選択を迫られる。
しかし、もしパイにベンガルトラという相棒がいなかったら、実際に極限状況の中で彼を生かし、希望の糧となったのは、彼の豊かないイマジネーションだったのでは。CGで描かれた見事なトラは、その象徴であり、現実には存在しない、想像力が生み出した夢こそ、少年を生かし続け希望を与えたのではなかろうか。
2013年劇場鑑賞作品・・・13 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキングへ

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« みなさん、さようなら ★★★★ | トップ | つやのよる ある愛に関わった... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (風子)
2013-01-31 16:24:36
幻想的な海の構図がすごかったですよね。
トラも本物と区別がつかない驚きのCGでした。
Unknown (えい)
2013-01-31 21:41:40
こんばんは。

>もしパイにベンガルトラという相棒がいなかったら、実際に極限状況の中で彼を生かし、希望の糧となったのは、彼の豊かないイマジネーションだったのでは。CGで描かれた見事なトラは、その象徴であり、現実には存在しない、想像力が生み出した夢こそ、少年を生かし続け希望を与えたのではなかろうか。

このくだり。
なるほどと思いました。
映画って、どんな解釈もありだと思います。
とても参考になりました。

ら行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

ライフ・オブ・パイ (Akira's VOICE)
人生って冒険なのよね。  
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日 ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
二つの物語あなたが選ぶのは?公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi1月25日公開原作: パイの物語 (ヤン・マーテル著/竹書房)監督: アン・リー小説のネタを探し
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (日々“是”精進! ver.F)
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳...
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (こねたみっくす)
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (ラムの大通り)
(原題:Life of Pi) 「この映画。 実は次の言葉ですべてを言い表せられる。 『Miracle&Beautiful』。 ほんとうは、もうそれだけで語らなくてもいいほど。 導入部、 少年パイが船に乗るまでのエピソードこそ、 少しもたつくものの、 あとは、もう 眼前に展開する大海...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (心のままに映画の風景)
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D (そーれりぽーと)
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (本と映画、ときどき日常)
監督 アン・リー 出演 スラージ・シャルマ     イルファン・カーン     タブー 船は沈没し、一隻にボートでトラと漂流し続ける少年の物語。 宣伝でトラと少年の二人っきりに漂流のシーンばかり流れていたので、てっきり全編に渡りそんな感じかと思っていた....
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (或る日の出来事)
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
少年と海、リチャード・パーカー ~『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。第85回アカデミー賞に11部門...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。 1960年代、パイはインドで動物園を営む一家のもとに生...
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
ライフ・オブ・パイ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ライフ・オブ・パイ」監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマイルファン・カーンジェラール・ドパルデュー配給:20世紀フォックス映画概要:1976年、インドで動物園を経営する ...
ライフ・オブ・パイ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ライフ・オブ・パイ」監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマイルファン・カーンジェラール・ドパルデュー配給:20世紀フォックス映画概要:1976年、インドで動物園を経営する ...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る (はらやんの映画徒然草)
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かったにも関わらず、今朝頑張って早起きしたが、あいにく波無かった、しばらく塩分不足にな....
映画「ライフオブパイ」 (今宵も劇場でお会いしましょう!)
※この記事は私の極めて個人的な感想であり、しかも重大なネタバレを含んでいますのでご注意ください。また、下記に書く登場人物の台詞はみな私のうろ覚えなので、正確さに欠けることを予めおことわりしておきます。と、改めて書くのも、なんだかなぁ…&hel...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (いやいやえん)
普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をすかせないよう工夫しているのです。てっきり漂流という厳しい現実から動物たち(おもに...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (銀幕大帝α)
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャルマ:パイ・パテル(少年) イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマ...
「ライフ・オブ・パイ~虎と漂流した227日間~」 (ここなつ映画レビュー)
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。 敬愛するアン・リー監...