パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

マイ・ブックショップ★★★

2019年05月30日 | アクション映画ーマ行

ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの『ブックショップ』を「死ぬまでにしたい10のこと」「しあわせへのまわり道」のイザベル・コイシェ監督が映画化。保守的な時代のイギリスの田舎町で、激しい妨害に遭いながらも、町で初めての本屋を開こうとした女性の奮闘の物語を丁寧な筆致で綴る。スペインのゴヤ賞では、みごと作品賞・監督賞・脚色賞の3冠に輝いた。主演は「メリー・ポピンズ リターンズ」のエミリー・モーティマー、共演にビル・ナイ、パトリシア・クラークソン。

あらすじ:1959年、イギリスの海辺の小さな町。戦争未亡人のフローレンスは、夫との夢を実現するために動き出す。それは、これまで町に一軒もなかった本屋をオープンさせるというもの。精力的に準備を進めるフローレンスだったが、保守的な町ではそれを快く思わない人も少なくなかった。そして地元の有力者ガマート夫人の執拗な嫌がらせを受けるフローレンス。それでもどうにか開店にはこぎ着けたものの、なおも続くガマート夫人の妨害工作で、次第に経営が立ち行かなくなっていく。そんな中、町外れの邸宅に40年も引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏が、フローレンスの本屋経営を支援し始めるのだったが…。

<感想>1959年イギリス。まだまだ女性が一人で店を持つなんてことは無理な時代であり、お金があってもどうにもならない地域での嫌がらせや、男女平等の時代ではないので、女性が一人で店を持つことに偏見を持っている時代でもある。だから、主人公のフローレンスが自分の力で、それも知らない土地で店を開くことは並大抵の努力では上手くいかないと思った。

長い間、放置されていた「オールドハウス」を買い取り、夫との夢だった書店を開く。店の看板には、「THE OLD HOUSE BOOKSHOP」と描かれていた。店は小さくても古い家を内装して、地下室もあるのでそこで寝ているようだ。本には湿気が一番の悩みなのだが、それもなんとかクリアしているみたい。始めたばかりの店は、レイ・ブラッドベリの「華氏451度」など、先進的な作品を精力的に紹介し、書店はもの珍しさもあり多くの村人が詰めかける。

予想以上に賑わいをみせ、それに店の手伝いをしてくれるのが、10歳くらいの村の少女クリスティーン(オナー・ニーフシー)が、安い給料で店の手伝いをしてくれる。

観ていて、やっぱりね、意地悪をしてくる土地の有力者であるガマート夫人(パトリシア・クラークソン)が、書店を廃業させるべく、さまざまな策謀をめぐらせ、彼女を窮地に追いやっていくのです。どうやら、彼女が店を始めた場所に、芸術センターを構想するのですが、それにしても、どうしてそんな小さな土地を芸術センターにしようとするのか理解できない。本当に嫌がらせとしか思えないのですね。

そして、フローレンスには嬉しい知らせが舞い込んで来る。40年も邸宅に引きこもっている読書家の老紳士ブランディッシュ(ビル・ナイ)が、小さな本屋に目を付けてやってくるのです。それからは、その老紳士とフローレンスとの麗しいまでの書物愛の交友が深まってゆくわけなんですね。

このふたりを、親密に結びつけるきっかけとなるのがレイ・ブラッドベリの「華氏451度」であることは興味深い。それ以外にも、重要な役割を演じているナボコフの問題作「ロリータ」である。彼女が場違いな本を選び、たくさん仕入れてしまい経済的に困難に陥るのです。

老紳士に相談を持ちかけて、彼の屋敷にお菓子を持って通う彼女の嬉しそうなことといったらない。そのことも村の評判になり、妬みや嫉妬から土地の有力者であるガマート夫人の耳にも入ることになる。そしてガマート婦人が、村のプレイボーイを彼女の本屋へと向かわせて、店の様子や営業内容をチクイチ報告させるのですね。

それからほどなくして、ガマート婦人が嫌がらせを始めるのです。自分の屋敷で行われるパーティにフローレンスを招き入れ、客人たちに紹介でするのですが、こういう派手なパーティは苦手の彼女、屋敷の中でうろうろと自分の居場所がないことを知らされます。それに、パーティへ行くために新しくドレスを新調するのに、ガマート婦人に相談をして真っ赤な生地のドレスを仕立てて、いそいそと出かけます。しかし、真っ赤なドレスは、余りにも目立ちすぎて派手であり、場違いの色でありました。

たくさん新書を仕入れた、「ロリータ」という本は少女愛の内容なので、村人たちの反撥を受けて、書店は経営難に陥ります。そして、老紳士のブランディッシュは彼女を救おうとして、心臓が悪いのにガマート夫人の屋敷に行き、抗議を申し込みに行き、その帰り道に心臓発作で亡くなってしまうのです。

結局は、ガマート婦人の策略により、書店は村のためにならない、本屋にするには、湿気が多いなど難癖をつけて、村の役場から立ち退きを命じられ、フローレンスは泣く泣くその土地をカバン一つで立ち去ることになるのです。

ヒロインのフローレンスを演じたのは、最新作「メリーポピンズ リターンズ」(19)のエミリー・モーティマー。意志の強さと柔らかな雰囲気、はにかんだ笑顔をバランスよく配合し、誰もが共感し応援せずにいられないヒロイン像を見事に演じていました。

世の中に、こんなにも理不尽で、悔しくて悲しいことってあるのか、・・・店で働いていた女の子、クリスティーンがフローレンスの仇を見事に果たしてくれる、意表を突く最後でありました。

2019年劇場鑑賞作品・・・81  アクション・アドベンチャーランキング

 

 映画に夢中

 

  トラックバック専用ブログとして、エキサイトブログ版へ

 トラックバックURL : https://koronnmama.exblog.jp/tb/30620791


この記事についてブログを書く
« ベン・イズ・バック★★★・5 | トップ | 空母いぶき★★★★・5 »

アクション映画ーマ行」カテゴリの最新記事