パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

マイ・インターン ★★★

2015年10月13日 | アクション映画ーマ行
ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイというオスカー俳優が共演を果たしたヒューマンドラマ。年齢・性別・地位も違う男女が出会い、徐々に友情を育んでいく過程を描く。メガホンを取るのは『ハート・オブ・ウーマン』『恋するベーカリー』などで知られるナンシー・マイヤーズ監督。高級ブランドからカジュアルスタイルまで網羅したファッションはもとより、女性にエールを送る物語に夢中になる。
あらすじ:ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。

<感想>ニューヨークを舞台に、30代の女社長が40歳も年上の新人との出会いを通して試練を克服する姿を描いている。一人で立ち上げたファッションサイトが、200人を抱える企業へと成長したために、毎日が仕事人間となり育児も家事も夫に専業主夫として任せっぱなしだ。
アン・ハサウェイが、ファッション業界を舞台にした映画ではプラダを着た悪魔」(06)を思い出すが、この作品では当たらずとも遠からずということ。その主人公だったアンディが成長して、ニューヨークでファッションのウェブサイトを立ち上げ大成功という「続篇」としては有り得なくもないですよね。

そんな彼女の会社にシニアインターンとして、ロバート・デ・ニーロを雇うことになる。自分の直属のアシスタントとなったベンの扱いに戸惑いを隠せないジュールズ。かのロバート・デ・ニーロが、しかもここ最近はコメディに挑戦しており、もう完璧といっていいほどのハマリ役なのだ。

それも、冒頭のシーンで、まだ働けるのに70歳で定年になったベンは「人に必要とされたい」という、言ってみれば人間としての生き甲斐を淡々として語り続けるのであります。実は、ベンが以前にここで、電話帳会社の仕事場で部長をしていたというのだ。今では分厚い電話帳なんて“無用の長物“なのだが、日本では”タウンページ”とかで、情報を得るとても重宝する字引のようなもの。各家庭に必ずありますよね。

ですが、ジェールズは苦労して立ち上げた会社の社長であり、娘にも恵まれ、家庭は夫が専業主夫として引き受けてくれ、すべてを手に入れた現代的な女子なのだ。ですが、世の中そんなに上手くいくはずもなく、そこにインターンとしてベンが登場というわけ。
ベンは彼女にとっては、親世代の年齢であり、考えも古いと決めつけていて付き合いにくいと思っている。人生経験豊富な彼からの的確なアドバイスをもらうも、若いジュールズは、社長としてのプライドからベンを煙たがるようになり、自分の傍から違う部署へと移動をさせてしまうのだ。

それが、自分が追い出した癖に、まったくもって忙しいせいか覚えてない。仕事が忙しいこともあり、ベンの優しいキメ細かい年寄独特な対応が、たまにはとてもジュールズにとって頼りになる父親のような存在になっているのに気が付くわけ。
投資家たちが、仕事で忙しい社長のジュールズに、別に外からCEOを迎えるべきだという意見があり、2,3人と面接するのだが、自分で立ち上げた会社を他人には任せたくないと悩んでしまう。
そんな時に、家で主夫をしている夫のマット(アンダース・ホーム)の浮気現場を目撃するベン。ジュールズに話そうか迷っているうちに、話してしまう。だが、社長のジュールズは夫の浮気を知っていて、相手も娘のママ友だということまで。そういう意味では、ジュールズは女としていい勘しているのだ。

新しく迎え入れるCEO探しの旅、サンフランシスコへ同行して彼女と話合うベンに、ヤケ酒を呑みヘベレケになる彼女を優しく介抱してあげ、夫の浮気相手の話とかも相談にのってやるのだ。
私だったら、即、離婚ですよ、これはね。確かに娘のために別れたくないといい、夫はモテルからすぐに再婚相手が見つかると言うし、自分は意地っ張りで仕事人間で家庭を大事にしないから、再婚相手は絶対に見つからないと決めつける。だから、それでも、夫が反省してその浮気相手と別れてくれたら、許してやり直そうと思っているジュールズなのだ。
確かに最近では、日本でも女社長が多くなっているようです。ですが、仕事と家庭の両立は難しいし、母親でも同居して助けてくれればなんとか会社をやっていけるのだが。それに、夫の浮気も、相手の女性がママ友だというが、娘の誕生会にも顔を出さない母親のジュールズ、専業主婦のママ友から嫌みを言われ、これは腹いせに夫を乗っ取られたようでもある。成功した女に対しての、女のやっかみは怖いですよね。

ンにも恋の相手が現れて、マッサージ師のレネ・ルッソが妖艶なオバサンを演じて、まだまだお盛んな様子の二人が微笑ましいです。だから、コメディタッチの友情物語と言う軽やかなタッチでありながら、実はシリアスな真実に真摯に向き合った作品になっていると思う。
働く女性が現在抱えている問題、ジュールズのように夫がいて主夫をしてくれる相手がいれば最高ですが、離婚してシングルマザーとして頑張っている40~50代の女性にも元気をくれて勇気づけてくれ、希望を与えてくれるファンタジーな映画でもあります。
2015年劇場鑑賞作品・・・206映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 殺人犯 ★★★ | トップ | 図書館戦争 THE LAST MISSION... »

アクション映画ーマ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

劇場鑑賞「マイ・インターン」 (日々“是”精進! ver.F)
インターンとして、最高の友として… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【BD2枚3000円2倍】プラダを着た悪魔 【Blu-ray】 [ メリ...価格:1,500円(税込、送...
マイ・インターン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) ハリウッドお得意のライト感覚のハートフル・コメディ。
マイ・インターン / The Intern (勝手に映画評)
ファッションサイトの若きCEOジュールズの下にやってきた70歳のインターン・ベン。人生の先輩のベンの助言を得ながら、ジュールズは人生の試練に立ち向かっていくと言う話。 テーマ的に女性向きの映画かと思いますが、実際にはそうでもないです。確かに、若い女性CEOが社...
『マイ・インターン』 2015年9月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マイ・インターン』 を試写会で鑑賞しました。 今回の邦題はウマイ。原題は『THE INTERN』  日本ではアン・ハサウェイを主演のように宣伝しているが、それが正解。 主役はどうやら、ロバート・デ・ニーロであるけど。映画見れば関係ないこと分かる(笑) 【ストーリ...
映画:マイ・インターン The Intern 全米でも現在公開中の今作の評価は? (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アン・ハサウェイが、ファッションの人気サイトを立ち上げた CEOを演じるコメディ。 その役柄からして「プラダを着た悪魔」の彼女の「その後」を臭わせてしまうところが面白い! (そこは 狙い、かな?) そして コメディとくれば大事なのは、相方。 これが何と、ロ...
マイ・インターン (風に吹かれて)
亀の甲より年の功 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/myintern 製作・監督・脚本: ナンシー・マイヤーズ  「花嫁のパパ」 「ホリデイ」 「恋するベーカリー」
マイ・インターン (心のままに映画の風景)
ファッション通販サイトを起業し、急成長させたジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社に、シニア・インターン制度によって70歳のベン(ロバート・デ・ニー)が採用される。 新たなやりがいを求め再び働きだしたベンは、若者ばかりの会社で浮いた存在になると思われたが...
『マイ・インターン』 (時間の無駄と言わないで)
予告編を観て、こんな映画なんだろうなぁと想像したモノを1ミリも上回らない映画。 でも、1ミリも下回らない映画でもあるから、そういうつもりで観に行けば満足出来るはず。 ...
『マイ・インターン』 (こねたみっくす)
ハンカチは紳士の必需品。ただし己が使用するにあらず。 人生経験値に勝る才能などあらず。それをソツなく示す男はいくつになっても異性からも同性からも好かれることに異論など ...
マイ・インターン (そーれりぽーと)
毎回心に響く映画を作って楽しませてくれる、ナンシー・マイヤーズ監督最新作『マイ・インターン』を観てきました。 ★★★★★ 前作からかなり間が開いていたので、この感覚をすっかり忘れていました。 ナンシー・マイヤーズの映画の登場人物は、どちらかと言うとかなり...
マイ・インターン/ロバート・デ・ニーロ (カノンな日々)
名優ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの共演でファッション業界を舞台にヒロインが成長していく姿を描くハートフル・コメディ。予告編のお茶目なデ・ニーロに惹かれて観に ...
マイ・インターン・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人生の輝きに“老い”は無い。 時代の先端を突っ走る人気アパレルサイトの若き女性CEOの元に、ひょんなことから70歳のインターンがやってくる。 ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ、オスカー俳優同士の歳の差コンビネーションが絶妙。 年齢も性別も、社会的な...
マイ・インターン (映画好きパパの鑑賞日記)
 なんということのない話なんだけど、デ・ニーロとアン・ハサウェイの掛け合いが面白いし、仕事をすることの楽しさを思い出させる作品なので、心が温かくなります。デ・ニーロ主演なので、OLから高齢者まで幅広い層に受け入れられるでしょうね。  作品情報 2015年アメ...
『マイ・インターン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・インターン」□監督・脚本 ナンシー・マイヤーズ□キャスト ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、       アダム・ディバイン、アンダース・ホーム■鑑賞日 10月17日(土)■劇場  チネチッタ■...
マイ・インターン (こんな映画見ました~)
『マイ・インターン』---THE INTERN---2015年(アメリカ )監督: ナンシー・マイヤーズ出演:アン・ハサウェイ 、ロバート・デ・ニーロ 、レネ・ルッソアン・ハサウェイ扮するファッション・サイトの若い女社長が、ロバート・デ・ニーロ扮するカルチャーのま....
マイ・インターン (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・インターン』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)一度はパスしようかと思っていたところ、評判がかなり良さそうなので遅ればせながら映画館にいくことにしました。  本作(注1)の冒頭では、ブルックリンにある公園の樹の下で太極拳をしているグループが映し...
「マイ・インターン」 理想の会社 (はらやんの映画徒然草)
久しぶりの洋画の鑑賞になります。このところ、今まで観た邦画の続編の公開が立て続け
「マイインターン」 (Con Gas, Sin Hielo)
パーフェクト70。 映画はR.デ・ニーロ演じるベンの独白から始まる。語りが進むうちに、これがシニアインターンへの応募ビデオの撮影だということが分かる。 ネット販売で急成長したアパレル企業だけに、シニアといえども紙の履歴書ではなく動画の撮影と投稿を要求した....
<「マイ・インターン」試写会> (夢色)
試写会行って来ました!ゲストの方も来られるというのは知ってたんですが、会場に入るときに手荷物検査とボディチェックまであって、トイレ行ったらまた並んでチェック受けないといけなくて、かなり厳重でした司会の方が登場されて、ゲストの方は・・・・・・シルク姉さん...
マイ・インターン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
マイ・インターン '15:米 ◆原題:THE INTERN ◆監督:ナンシー・マイヤーズ「恋するベーカリー」「ホリデイ」 ◆主演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アダム・ディバイン、ザック・パールマン、シリア・ウェストン、メアリー・ケイ・プ...
マイ・インターン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE INTERN】 公開 アメリカ 分監督:ナンシー・マイヤーズ出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ すべてを手に入れたはずの彼女に訪れた試練。そこにやってきたのは、70歳の新人(インターン)だった――。 STORY:ファッション通販サイトを起...
マイ・インターン (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ナンシー・マイヤーズ 出演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アンダーズ・ホーム、アンドリュー・ラネルズ、アダム・ディヴァイン、セリア・ウェストン、ナット・ウルフ、リンダ・ラヴィン、ザック・パールマン、ジェイソン・オーリー、ク...
マイ・インターン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2015年 米国 上映時間:121分 監督:ナンシー・マイヤーズ  上映される前からなんとなく気になっていた作品であったが、残念ながら劇場で鑑賞する機会を失ってい......
マイ・インターン (ただの映画好き日記)
舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。
映画評「マイ・インターン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ナンシー・マイヤーズ ネタバレあり