パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

アントマン ★★★★

2015年09月28日 | アクション映画ーア行
マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む。メガホンを取るのは、『チアーズ!』などのペイトン・リード。『ウォールフラワー』などのポール・ラッド、名優マイケル・ダグラス、『ホビット』シリーズなどのエヴァンジェリン・リリーらが出演している。小さな体を生かしながら、強大な悪を倒していくアントマンの姿は痛快。
<感想>マーベルのヒーローの中でも、アントマンは最も異色で、史上最少のヒーローは意外にも無敵パワーなのだ。何てったて、身長が1.5㎝なのだから。小さいからって見くびってはいけない。人間には入り込めない隙間のミッションをこなし、弾丸のスピードで飛行する。さらにはアリたちを使った大作戦など、ありとあらゆる戦術に度肝を抜かれるのだ。さえない中年男が、アントマンのスーツを着てヒーローへ変貌するドラマは、他のマーベル作品とは比較にならないほどの共感度の高さなのであります。

スコットは、バイトもクビになり結局は、再び犯罪に手を貸すことに。やる気はあるけれど、身体がついていけない中年のヒーローの悩ましい部分。盗みに入ったきっかけで、ヒーローへの道を与えられるとは、設定は皮肉だけれども運命の急展開にワクワク感が倍増されのは確実ですから。スネに傷を持つ主人公が戦う展開こそ、共感度満点のヒーローの条件である。

それに、たまにしか会えない娘キャシーの誕生パーティにいくのですが、元妻に追い出されてしまう。仲間のルイスから犯罪に誘われた彼は、金庫を狙って豪邸に入り、冷凍技術で金庫のドアを破り中へ入ると、そこには段ボール箱の中にアントマンのスーツが入っていた。
その屋敷のオーナーは、ハンク・ビムで、40年前に身体を小さくするビム粒子を開発した科学者である。初代のアントマンであるハンク・ピムには、マイケル・ダグラスが演じており、貫録十分な博士の役を余裕で演じているのがいい。その現場であっさりと逮捕されてしまうスコット。留置所で落ち込むスコットの目の前には、ヘルメットとスーツ。それらを身に付けた彼は、全身が小さくなり留置所からの脱走に成功する。

やる気はあるけれど、身体がついていけない中年のヒーローの悩ましい部分。本作の主人公も自慢できる能力は、塀を乗り越えるのが得意ってことくらい。猛特訓でヒーローを目指す過程が涙ぐましいのだ。
ドアの鍵穴を抜けたり、ジュータンの編み目をかき分けたりと、「蟻」の目線で描かれるアクションは超奇抜であり新鮮。おもちゃの電車トーマスも、アントマンの目線では巨大化して走ってくるのだから。
しかし、アントマンの能力によって、巨大化したおもちゃや蟻が暴走するシーンには、思わず笑ってしまう。それに、スコットの犯罪仲間、3バカトリオの脱力的ムードなど、妙に笑える要素が多いのも魅力の一つですね。

アントマンをポール・ラッドが演じており、それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。
ハンクの娘のホープは、父親の研究を受け継ぎ肉体能力も優れているので、本当は自分がアントマンになりたいのだ。しかし、父親が許さない。しぶしぶスコットを特訓することに。そして、訓練の後に、正義の味方アントマンになるというものだった。
最初の任務が、アベンジャーズ基地への潜入で、簡単に潜入できるはずだったが、ファルコンに発見されてしまう。その後、無事に基地へと潜入し、ある機器を回収するという目的を果たす。

そして映画の最終ミッションは、ピム博士の弟子が開発したもう一つのスーツの悪用(兵器利用)を防ぐべく研究所へと潜入する。それには、蟻の兵隊が必要で、蟻と仲良くなり蟻軍団をコントロールする訓練を積む。
地下水道から研究所の排水溝へと蟻の兵隊によって侵入がラクチンにでき、しかし、弟子のダレン・クロスが、ピム粒子を復元し、自分も1.5センチに縮小できる特殊なイエロージャケットのスーツをまとい、スコットと対決するのである。

主人公が蟻のサイズに縮小して、超科学スーツを着用した際、巨大お風呂から水滴が大水のごとく押し寄せて弾き飛ばされ、排水溝や建具の隙間を潜り、部屋の空間を流されまくり。巨大なネズミや等身大の蟻に驚愕する映像に驚く。

特殊スーツの縮小人間ゆえのワンダーな視界の映像効果を見せてくれる。それと、アントマンが蟻軍団を電磁波装置を使って、見事に戦闘態勢に突入するのだ。その童話的な世界観をスーパーヒーローのそれに融和させようというのだから、相変わらずマーベル映画は野心的である。

蟻の背中に乗って飛ぶ姿が決めのポーズのアントマンは本当にかっこいいのだ。
痛快な要素も満点なので、新たなヒーロー映画としては興奮でき、期待できるはずですから。アントマンは「アベンジャーズ3」次回作にも登場予定で、お馴染みのあのキャラの登場や、思わぬ物語のつながりも見逃さぬように!
2015年劇場鑑賞作品・・・193映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« ソニー ★★★.5 | トップ | 人生スイッチ ★★★★ »

アクション映画ーア行」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

『アントマン』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>の12本目で、『アイアンマン3』から始まる<フェーズ2>の最後を飾る作品。前科者で仕事も妻も娘も喪ったスコット・ラング、その前に一人の男が現れやり直すチャンスを与えようと申し出る。その謎の男=ハンク・ピム博士...
アントマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 人生崖っぷちの男のサクセス・ストーリーでいいの?
劇場鑑賞「アントマン」 (日々“是”精進! ver.F)
小さき者が、ヒーローに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509200000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ANT-MAN【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) ポップ! 『アントマン』アントマン[ファンコ]《09月仮予...
『アントマン』 2015年9月20日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アントマン』 を鑑賞しました。 シルバーウィークでありながら空いているなぁ・・・なんて思ったが、 この映画の脚本はウマイなと思った。 【ストーリー】  仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッ...
アントマン/ポール・ラッド (カノンな日々)
マーベル・スタジオが放つ身長わずか1.5cmのヒーローの活躍を描いた異色のヒーロー・アクション・ムービー。主演がポール・ラッドということもあってヒーローものといってもコミカ ...
アントマン  監督/ペイトン・リード (西京極 紫の館)
【出演】  ポール・ラッド  マイケル・ダグラス  エヴァンジェリン・リリー 【ストーリー】 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立た...
アントマン (心のままに映画の風景)
窃盗の前科を持つスコット・ラング(ポール・ラッド)は、更生を誓うものの定職に着けず、娘の養育費も払えない人生の崖っぷちに立たされていた。 金を調達するため、仲間の誘いで老人宅へ侵入するが、厳重なセキュリティの金庫を開けると、そこに金はなく、風変わりな...
アントマン (心のままに映画の風景)
窃盗の前科を持つスコット・ラング(ポール・ラッド)は、更生を誓うものの定職に着けず、娘の養育費も払えない人生の崖っぷちに立たされていた。 金を調達するため、仲間の誘いで老人宅へ侵入するが、厳重なセキュリティの金庫を開けると、そこに金はなく、風変わりな...
『アントマン』 (こねたみっくす)
身長1.5cm。職業:元泥棒、現ヒーロー。それがアントマンだ! これぞヒーロー映画のお手本です。もうエイリアンとか人工知能とかを相手にする作品を見るよりも、こういう分かり易い ...
『アントマン』 (時間の無駄と言わないで)
最初に設定だけ聞いたときには何とつまらなそうな映画だと思ったけど、蓋を開ければなかなかどうして面白い。 最近のマーベル映画の安定感は凄まじい。 主人公は冴えないオッサン ...
ショートレビュー「アントマン・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
小ちゃなパパが世界を救う。 マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作は、ひょんな事からマッドサイエンティストにスカウトされて、極小ヒーロー“アントマン”になる男の物語。 身長はわずか1.5センチだが、その小ささとスピードはまさにステルス人間。 敵に...
アントマン (そーれりぽーと)
マーベル・シネマティック・ユニバースに新しく参戦する『アントマン』を観てきました。 ★★★★ 一連のマーベル・シネマティック・ユニバース作品の中で、『アベンジャーズ2』を中核としたフェイズ2のラストを飾る映画ですが、全てを観終わって全て期待以上に面白い...
アントマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ原作作品は基本的に苦手なのですが、コメディ寄りのものは好きなので、見に行くことにしました。アベンジャーがいる世界での物語ですが、アベンジャーを見ていない僕でも楽しめる程度の関わりなので助かりました。虫が苦手な人以外だったら楽しめるのではないで...
映画「アントマン(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アントマン(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 仕事も家庭も失い、何をやっても空回りしてしまうスコット(ポール・ラッ...
映画:「アントマン」。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年9月29日(火)。 映画:「アントマン」。 監  督:ペイトン・リード 脚  本:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 、 アダム・マッケイ 、 ポール・ラッド ストーリー:エドガー・ライト 、 ジョー・コーニッシュ 視覚効果監修:ジェイク・...
アントマン (だらだら無気力ブログ!)
アベンジャーズシリーズと同じ世界観だったのか!
アントマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン、デヴィ...
アントマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANT-MAN】 2015/09/19公開 アメリカ 117分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス....
「アントマン」 (或る日の出来事)
わりとユーモアのあるところがよい。
インヒアレント・ヴァイス (Inherent Vice) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・トーマス・アンダーソン 主演 ホアキン・フェニックス 2014年 アメリカ映画 148分 サスペンス 採点★★★ 時代を象徴するもの、若しくは思い起こさせるものって人それぞれですよねぇ。音楽であったり映画であったり、その当時のTV番組や文化と様々。...
アントマン (Ant-Man) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ペイトン・リード 主演 ポール・ラッド 2015年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ キャラクターの宝庫だけあって次から次へと映画化してきますねぇ、マーベルは。それでいて、娯楽作品としての一定のレベルを維持し続けてるってのも凄い。こうなると...
新たな予感!『アントマン』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション映画。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む作品です。
アントマン (風に吹かれて)
ダメおやじの最小しヒーロー 公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/antman 監督: ペイトン・リード  「恋は邪魔者」 「イエスマン “YES”は人生のパス
アントマン (ケントのたそがれ劇場)
製作:2015年 米国 上映時間:117分 監督:ペイトン・リード  アントマンを和訳すれば『蟻男』となる。そうその名の通り、主人公が特殊スーツを着用することによって、体長1.5センチに縮むことが可能になり、ヒーローとなって悪人を退治するという、アメコミ版
「アントマン」子供時代の憧れてんこ盛り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミ物もそろそろお腹いっぱい感があったし、ことさら格好良いようにも思えないし、特別イケメンでもないし・・・と、やや冷めた目で遠巻きにしていたけれど~~ 子供の頃に誰もが憧れた世界を全て実現してくれたこの映画。 評判通りの面白さだったわ!!
『アントマン』('15初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:05の回を鑑賞。2D:字幕版。
「アントマン」 (Con Gas, Sin Hielo)
娘のためなら、たとえ水の中穴の中。 3D上映が本格的に始まってからだいぶ長くなるが、本作ほど3D映像に合致した映画はそうないのではないか。 体長1.5cmのヒーローは、もちろん小さいという物珍しさやギャップが売りではあるが、実は小さいからこその強さが満載の...
「アントマン」 ミクロ世界のスケール感 (はらやんの映画徒然草)
マーベル・シネマティック・ユニバースのPhase2のラストを飾るのは、新ヒーロー
アントマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『アントマン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)風邪による体調不良で一週間近く映画館に行けませんでしたが、このほどようやく回復し、それなら気軽に見ることができるものをと思って映画館に行ってきました。  ただ、病み上がりでボーッと見ていたこともあって、今...
アントマン (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
アントマン '15:米 ◆原題:ANT-MAN ◆監督:ペイトン・リード「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「チアーズ!」 ◆出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハ...
アントマン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
近年映画化を次々に成功させている米大手コミック 会社マーベルの新作で、今度は蟻のように小さく なれるヒーロー『アントマン』を主演はコメディ作が 多いポール・ラッドに迎え映画化、日本でも公開 されましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品でしたので3D字幕...
アントマン (いやいやえん)
【概略】 仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。 アクション 普通の男、しかし最小最強のヒーロー やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりの...
アントマン (銀幕大帝α)
ANT-MAN 2015年 アメリカ 117分 アクション/SF/ヒーロー 劇場公開(2015/09/19) 監督: ペイトン・リード 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 製作総指揮: エドガー・ライト スタン・リー 原案: エドガー・ライト 脚本: エドガー・ライト 出演:...
アントマン (Akira's VOICE)
純粋に面白さにワクワクできる!
映画評「アントマン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ペイトン・リード ネタバレあり